通俗正教教話/信経の箇條の事

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(地)しんけいでうの事[編集]

問 しんけいうちいみあきらかにわかりまするやうにしまするには、いたしたならばよろしうございますか。

答 それしんけいを十二か條にべつしまして、その一か條、一か條にいてしらべてきますればいちばんわかやすく、しんけいいみあきらかにることができますのでございます。

問 ではしんけいの一か條、一か條のいみみぢかわかやすもうしまするとことになるのでございますか。

答 第一か條のいみは神様のだいいちのくらいおはしまかみちちかいそうぞうしゅることをべましたもので、
第二か條は神様のだいにのくらいいまかみことべましたものでございます。
第三か條はそのかみひとからだをおりになつてこのにおくだりになつたこと、
第四か條はそのかみなるイイスス・ハリストスくるしみけておしにになつたこと、
第五か條はイイスス・ハリストスよみがへりになつたこと、
第六か條はイイスス・ハリストスてんにおのぼりになつたこと、
第七か條はてんにおのぼりになつたイイスス・ハリストスこのをはりふたたじょうにおくだりになること、
第八か條は神様のだいさんのくらいいまかみせいしんのこと、
第九か條はけうくわいのこと、
第十か條はせんれいそのみつのこと、
第十一か條はしたるこのひとをはりよみがへること、
第十二か條はそのよみがへつたのちかぎりなきいのちことべたものでございます。