通俗正教教話/信経と信経の出来たる事

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

通俗正教教話中巻(信の巻) 加島あきら編

(天)信経しんけい信経しんけい出来できたる事[編集]

問 正教会ではふ方法をもつわたくしども信仰しんかうみちみちびきますので御座ございますか。

答 それには『信経しんけい』ともうしまするものが御座ございましてわたくしどもしんみちびくので御座ございます。

問 信経しんけいもうしまするとなんこと御座ございますか。

答 信経しんけいもうしまするのは信仰しんかうかかはる教会のおしへを十二か條にちぢめてだれにもおぼやすく、だれにでもわかやすくしたでうがき御座ございます。

問 ではそのでうがきうけたまは御座ございます。

答 それしものやうなでうがき御座ございます。
第一條 我信われしんひとつかみちち全能者ぜんのうしゃ(何事でも出来る者)・てんゆるとえざるよろづのものつくりししゅ
第二條 またしんず、ひとつの主イイスス ハリストスかみ独生ひとりよろづさきちちよりうまれ、ひかりよりのひかりまことかみよりのまことかみうまれしものにてつくられしものにあらず、ちち一体いったいにして萬物よろづのものかれつくられ。
第三條 われ人々ひとびとまたわれすくひためてんよりくだり、聖神せいしん童貞女しょぢょマリヤよりり、ひととなり、
第四條 われためポンテイ ピラトときじふ字架じかくぎうたれくるしみほうむられ。
第五條 第三日だいさんじつ聖書せいしょかなふてふくくわつし。
第六條 てんのぼ神父かみちちみぎし。
第七條 光栄さかえあらはして、けるものせしもの審判さばきをするためまたきたり、其国そのくにおはからんことを。
第八條 またしんず、聖神せいしん生命いのちあたふるのしゅちちよりで、ちちともをがまれほめめられ、げんしゃもつかつひしものを。
第九條 またしんず、ひとつせいなるおほやけなる使徒しと教會けうくわいを。
第十條 われみとむ、ひとつ洗礼せんれいもつつみゆるしることを。
第十一條 われのぞむ、しゃふくくわつを。
第十二條 ならび来世つぎのよ生命いのちを「アミン」

問 かみやう信経しんけいでうつくつたものだれ御座ございますか。

答 信経しんけいでうつくったものは第一回と第二回のぜん公会こうくわいときあつまつた教会けうくわい師父等しふら御座ございます。

問 一体いったいぜん公会こうくわいとはなんこと御座ございますか。

答 ぜん公会こうくわいもうしまするのは、信者しんじゃあひだおこりました種々さまざまな教会のをしへかかはりまするあらそひしづめて、まことをしへひかり益々ますますあきらかにするがため世界せかいあらゆる国々くにぐにからあつまつてましたけうくわいけうひらきました会議で御座ございます。

問 其様そんな会議はみないくばかりりましたので御座ございますか。

答 みんなしち御座ございました、第一回はニケヤひらかれましたし、第二回はコンスタンチノポルで、第三回はエヘス、第四回はハルキドン、第五回はコンスタンチノポル、第六回はおなじコンスタンチノポル、第七回はニケヤひらかれたので御座ございます。

問 其様そん公会こうくわいだれ時々ときどきひらけともうしたので御座ございますか。

答 べつひらけともうしたもの御座ございませんが、しゅのお弟子等でしら或事あること相談そうだんするためエルサルムに会議をおひらきになつたれいりますし〔使徒行実十五参照〕かつしゅイイスス、ハリストスも『かれかずば教会にげよ、し教会にかずば、なんぢためには邦人はうじんぜいごとくなるべし』〔馬太 福音十八の十七〕とつておほせられましてひそかいさめてもこころあらためぬひとは、人々ひとびとあつまって会議をして其人そのひといさめよとおめいじになったそのことばしたがつて、教会のけう師等しらが公会をひらいたわけ御座ございます。

問 信経しんけいこしらへたと仰有おっしゃいまする第一回と第二回のこうくわいなに相談そうだんするためひらかれたので御座ございます。

答 第一回のぜん公会こうかいは神様のだい二位にいでありまするかみことついはなはけしからぬをしへアリイ(アリウス)とものとなしましたので、そのをしへうそであるとふことをみんならせてまことをしへかたくするがためひらかれましたので、
第二回のぜんこうくわいは、神様の第三だいさんでありまするかみ聖神せいしんことついて、つまらぬことマケドニイもうものしましたので、矢張やっぱりそのをしへまがってところあきらかにして、本当ほんとうをしへみなしらせるがためひらいただい御座ございます。

問 それではそのこうくわい何時いつごろひらかれたので御座ございますか。

答 第一回のこうくわいハリストスのおうまれになってから三百二十五ねんことで第二回は三百八十一ねんのことで御座ございました。