通俗正教教話/信経と信経の出来たる事

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

通俗正教教話中巻(信の巻) 加島あきら編

(天)しんけいしんけいできたる事[編集]

問 正教会ではふ方法をもつわたくしどもしんかうみちみちびきますのでございますか。

答 それには『しんけい』ともうしまするものがございましてわたくしどもしんみちびくのでございます。

問 しんけいもうしまするとなんことございますか。

答 しんけいもうしまするのはしんかうかかはる教会のおしへを十二か條にちぢめてだれにもおぼやすく、だれにでもわかやすくしたでうがきございます。

問 ではそのでうがきうけたまはございます。

答 それしものやうなでうがきございます。
第一條 われしんひとつかみちちぜんのうしゃ(何事でも出来る者)・てんゆるとえざるよろづのものつくりししゅ
第二條 またしんず、ひとつの主イイスス ハリストスかみひとりよろづさきちちよりうまれ、ひかりよりのひかりまことかみよりのまことかみうまれしものにてつくられしものにあらず、ちちいったいにしてよろづのものかれつくられ。
第三條 われひとびとまたわれすくひためてんよりくだり、せいしんしょぢょマリヤよりり、ひととなり、
第四條 われためポンテイ ピラトときじふじかくぎうたれくるしみほうむられ。
第五條 だいさんじつせいしょかなふてふくくわつし。
第六條 てんのぼかみちちみぎし。
第七條 さかえあらはして、けるものせしものさばきをするためまたきたり、そのくにおはからんことを。
第八條 またしんず、せいしんいのちあたふるのしゅちちよりで、ちちともをがまれほめめられ、げんしゃもつかつひしものを。
第九條 またしんず、ひとつせいなるおほやけなるしとけうくわいを。
第十條 われみとむ、ひとつせんれいもつつみゆるしることを。
第十一條 われのぞむ、しゃふくくわつを。
第十二條 ならびつぎのよいのちを「アミン」

問 かみやうしんけいでうつくつたものだれございますか。

答 しんけいでうつくったものは第一回と第二回のぜんこうくわいときあつまつたけうくわいしふらございます。

問 いったいぜんこうくわいとはなんことございますか。

答 ぜんこうくわいもうしまするのは、しんじゃあひだおこりましたさまざまな教会のをしへかかはりまするあらそひしづめて、まことをしへひかりますますあきらかにするがためせかいあらゆるくにぐにからあつまつてましたけうくわいけうひらきました会議でございます。

問 そんな会議はみないくばかりりましたのでございますか。

答 みんなしちございました、第一回はニケヤひらかれましたし、第二回はコンスタンチノポルで、第三回はエヘス、第四回はハルキドン、第五回はコンスタンチノポル、第六回はおなじコンスタンチノポル、第七回はニケヤひらかれたのでございます。

問 そんこうくわいだれときどきひらけともうしたのでございますか。

答 べつひらけともうしたものございませんが、しゅのおでしらあることそうだんするためエルサルムに会議をおひらきになつたれいりますし〔使徒行実十五参照〕かつしゅイイスス、ハリストスも『かれかずば教会にげよ、し教会にかずば、なんぢためにははうじんぜいごとくなるべし』〔馬太 福音十八の十七〕とつておほせられましてひそかいさめてもこころあらためぬひとは、ひとびとあつまって会議をしてそのひといさめよとおめいじになったそのことばしたがつて、教会のけうしらが公会をひらいたわけございます。

問 しんけいこしらへたとおっしゃいまする第一回と第二回のこうくわいなにそうだんするためひらかれたのでございます。

答 第一回のぜんこうかいは神様のだいにいでありまするかみことついはなはけしからぬをしへアリイ(アリウス)とものとなしましたので、そのをしへうそであるとふことをみんならせてまことをしへかたくするがためひらかれましたので、
第二回のぜんこうくわいは、神様のだいさんでありまするかみせいしんことついて、つまらぬことマケドニイもうものしましたので、やっぱりそのをしへまがってところあきらかにして、ほんとうをしへみなしらせるがためひらいただいございます。

問 それではそのこうくわいいつごろひらかれたのでございますか。

答 第一回のこうくわいハリストスのおうまれになってから三百二十五ねんことで第二回は三百八十一ねんのことでございました。