赤き死の仮面

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


赤き死の仮面


 かの「赤き死」はながことくにじゆうむさぼり食つた。これほど決定的に死ぬ、これほどいまはしい流行病がまたとあつたらうか。血の赤さと恐怖――血こそこのえやみけしんでありその印鑑であつた。するどい苦痛がして、引続いて急激なめまいを感じ、やがてけあなからおびただしい血をき出して死んで仕舞ふのである。患者の身体、ことに顔面に真紅のポツポツがあらはれるのであるが、これがこのえやみの兆候で、かうなるともはや、人々の同情も看護も絶対にられなくなるのである。発病、こうしん、死亡、これが全部でもののはんときたない間に過ぎてしまふのである。

 しかし、プロスペロ公は幸運でほうたんしかそうめいであつた。こうの所領地の住民がいよいよ半数ほどにつてしまふと公は、宮廷のナイトしゆくじよの間から千人ほどのそうけんで陽気な連中を呼び出して彼等と共にじようさいふうの僧院の奥深くにいんとんしてしまつた。

 この僧院は広く宏大ですべて公自身の風変りなしかも壮麗な興味からつくられたものであつた。僧院をめぐるものは強くて高い城壁であつた。これには鉄の城門が付いてゐた。家臣達がすべてはいってしまふとようこうろと巨大なハンマアとを持つて来てかんぬきを焼きつけてしまつた。内部から失望の、あるいは狂気のいたたまらない衝動が起つても絶対に出入の道を封じようと彼らは決心したがためであつた。僧院には食料が豊富に用意されてあつた。このやうに周到な準備が出来たのでみやびと達はもはやかの伝染病を何らはばかるに及ばなかつた。そとの世界はなるがままになれ。それらを悲しみ、心労することは愚かしいことであつた。公は娯楽のあらゆる設備をととのへた。道化師もゐた。即興詩人もゐた。バレーの踊り子も楽人もゐた。美人もれば酒もあつた。すべてこれらの物と安全とがうちにみちてゐた。しかし外部には「赤き死」が満ちてゐた。

 ここに隠遁してから五六ケげつめの終り近く、外界ではかの流行病はいよいよしようけつを極めつゝあつた頃、プロスペロ公は彼の千人の友達を世にもふうがわりな一大仮面舞踏会に招待したのであつた。

 その舞踏会は実にきらびやかななまめかしいものであつた。づその会場のけつこうを言ふならば、いづれも善美をつくした七つの部屋からりたつてゐた。世のつねの宮殿ならば、このやうな居間はすべて長いまつすぐヴィスタをなして、部屋の両端のひらきどするすると殆んど壁際まで引かれるから全景の見通しが自由にくやうに作られてあるのである。


 ところが何事にもへんきなものを愛せらるるプロスペロ公の性向からも察せられるやうにここでは様子が全くちがつてゐた。各室がどれもこれも不規則に作られてあるので一時に一室しか見る事が出来ないのである。二十ヤードか三十ヤードごとに急な曲り角があつて、しかも曲るたびごとに人々は新奇なけつこうしゆつかいするのである。部屋の左右両側の壁の真中にはゴシックふうの窓が、曲りくねつた各部屋にうた狭い廊下に向つて開いてゐた。其窓のステンドガママラスは各部屋の装飾の基調となつてゐる色彩に応じてそれぞれ変化してゐた。たとへばひがしはずれの部屋には青いタペストリーかかつてゐた。さうするとその窓ガラスは目のめるやうな青色であつた。その次ぎの部屋はかざりつけも掛毛氈も紫色であるゆえに、窓ガラスも同様紫であつた。三番目はことごとく緑色であるから窓ガラスも同じ色であつた。四番目はオレンジいろの家具、オレンジいろあかりであつた。五番目は白色、六番目はすみれいろであつた。七番目の居間はてんじようから壁一面に黒ビロードタペストリーおおはれ、それがさらに重々しいひだを作つて同様黒ビロードじゆうたんの上にれ落ちてゐた。しかここの窓ガラスいろあいのみは部屋の色彩と一致してゐなかつた。しんこうしよくあざやかな滴るばかりの血の色であつた。七つの部屋のいずれに於いても、ここかしこちりばめられ、あるいは天井からつるされた金色のかざりつけの中にはランプやしよくだいらしいものは一つも無かつた。各部屋にはランプやろうそくから発する光は少しも見えなかつた。しかしながらそのへやべやめぐる廊下にはそれぞれの窓に向つてほのおはちを載せた重たげなさんきやくかが据ゑられてあつた。そのほのおが窓の色ガラスを透かして、部屋中をきらきらと照らした。

 このやうにして幾多の華美な夢幻的な光景を作り出した。だが、とりわけせいたんの、真黒な部屋では血色の窓ガラスを透かして暗いかけもうせんの上に落ちるほかげは極めて怪奇なるものであつた。為にそこに這入つて来る者の顔は世にも不気味に照らし出されるので思ひ切つて足を踏込む程大胆な人はほとんど無かつた。

 この部屋にはまた巨大なこくたんの時計が西側の壁に掛けられてあつた。ふりこにぶい、重々しい。単調なひびききざんで左右に揺れてゐた。長針がひとまわりして、時を打つ際には、そのしんちゆうの肺臓から、実にほがらかな、高い、深い、しかも極めて音楽的なひびききこえて来るのであつた。けれど余りにも不思議な調子と力のめられた音であるが為、オーケストラの音楽師達は一時間をごとに、だんそうさなかであつてもしばし手を休めてわれ知らずそのねいろききいる程であった。したがつてワルツを踊る人たちもむなくちよつと足を停める。かくてこの陽気な人達のぜんぐんしばらくその調子を混乱させて仕舞ふのである。時計が鳴りひびいてゐる間はどんなにうきうきした男でも顔色が蒼ざめ、年老いた沈着な人達も、幻想やちんしこころみだされたかのやうにぢつと額に手を当てゝゐるのである。

 このよいんがすつかり消えてしまふと群衆の中に急にかろやかな笑ひがみなぎるのである。楽人達はたがひに顔を見合せて自分等の神経過敏やまぬけさに思はずびしようしてしまふのである。さうしてこの次に時計の鳴る際は、決してこんな感動は起すまいとささやかわすかのやうであつた。

 かうしてまた六十分 (その間に実に三千六百秒の時が過ぎ去つてしまふ) がつと、再びほがらかに時計が鳴り渡り、またもや前と同様な混乱とせんりつと沈思とが生じて来るのであつた。


 しかしそれにもかかわらず、饗宴そのものは、まことに陽気でさかんなものであつた。プロスペロ公の趣味は独特のもので、とりわけ色彩とその効果に就いては並々ならぬ眼識を持つてゐた。公は単なる流行の装飾を軽蔑した。彼の計画はほうたんで猛烈で、その思ひ付きは野性的な光沢を発してきらめいてゐた。公を狂人だと思ひこむ者も中にはあるだらう。けれど公を知つてゐる者はさう言ふことは感じなかつた。公の狂人でない事をたしかめるには、親しく公を見たり、そのげんを聴いたり、直接手で触れてみたりする必要があつた。

 このえんがくあたつて、ななつの部屋の感動的なかざりつけほとんどプロスペロ公のさしずるものであつた。仮面者たちにそれぞれ与へられた役割も公自身の趣味を基調としたものであつた。それらはすべてグロテスクな姿であつた。閃光、ようらんききようげんすい――かの『エルナニ』の物語以来の多くのものが満ちあふれてゐた。不似合な四肢といぎようしようぞくをもつたアラビヤママ風の姿もあつた。気狂ひのみが考へ出しるやうなたわごとめいた着想もあつた。艶美なるもの、いんとうなるもの、怪異なるもの等数多くあつたが、中にはひやりとするやうなもの、時には思はずおもてをそむけたいほど嫌悪を起させるのもあつた。このやうに七つの部屋のここかしこに、数知れぬ夢が排徊してゐた。此等の人たち――夢さながらの人たち――は各部屋のそれぞれの光を身にうつしながら前後左右にもつれあつてゐた。オーケストラのほうらつがくさへも自分達のあしおとであるかのやうに思はせた。

 やがてまもなく、例のビロードの部屋にあるこくたんの時計が鳴り出すのである。すると総てが、ほんの一瞬間であるが、しんしずまへる。時計を除いてすべてがひそめ、夢の影はその位置にそのまゝ堅くこおりついてしまふ。しかし時をげる音はすぐ消えてゆく。それはほんの一瞬しか続かない。そのとたんかろやかな、なかば押殺したやうな一つの笑声が、消えて行つた時計の音を追ひかけるかのやうに、聞えて来るのである。すると音楽は忽ちいきおいもりかへして来て夢も再びよみがえる。さうして彼らは三脚架のほのおが色とりどりの窓ガラスとおしてなげこむ光りを身にひらめかせながら、今までよりも、もつと陽気に前後左右に身をくねらしもつれ合ふのである。しかし七つの部屋の一番西はずれの居間にはたれひとり今では這入らうとくわだてる者はなかつた。なぜならば、夜もようやけて来たしそれにかのちいろの窓ガラスを透してながれこむ光の赤さがいよいよえて来たからである。かけもうせんの一層深みく黒さは人のたましいびくつかせた。ここの真黒なじゆうたんに足を落した者には、遠くのほかの部屋部屋で陽気なそうえんおぼれたれんじゆうきこえてくるいかなる物音よりも、一層しんげんな、いよ調子のこもつた時計のひびきが身近に聞えて来るのであつた。

 しかし他の部屋は、どれもこれも群衆に満ちあふれてゐた。それらの部屋にはあつくるしいまでにさかんにせいの心臓が波打つてゐた。かうして宴楽は狂ほしくせんてんして行つた。が、やがて、とうとう、真夜中を知らせる時刻がやつて来た。音楽はんだ。ワルツの踊り手たちはぴつたりであしを止められた。再び不安な静止がばんぶつの上に押しひろがつた。時計のベルいよいよ十二時を打ち出した。さうしてはしやぎ抜いた人たちの間にも多少思慮ぶかい者たちは時計の響がいつもより一層長い為、それだけ深く考へ込むやうな結果になつた。さうして最後の響の最後のよいんがまだ全く沈黙のうちに消え切つてしまはないうちに、いまたれ一人としてその存在に気がつかなかつた仮面者が一人彼らの間にまじつてゐるのを発見したのである。たちまちこの新 しいちんにゆうしやいてのささやきが風のやうに伝はつた。さうして、非難やきようがくを、いやついには恐怖や嫌悪をあらはすつぶやきやたんそくが全群にき始めた。

 かうした風変りな遊宴では、考へるまでもなく、並大抵のふうていでは到底これほどのきようがいひきおこはずはないのである。実際このよの仮装はどんなにほういついぎようなものでもほとんど制限がなかつた。それにもかかわらずこの問題の人間の風体は全然頭角を抜きん出て、すつかり他の者のはなあかしてゐた。当のプロスペロ公自身の無際限な奇装すら遥かに顔負けがしてゐた。どんな不敵な者の心にも触れると必ず感動をき起すきんせんがある。生も死も同じやうに、ほんの冗談としか考へないやうな無感情の男にも、決して冗談ではすまない事があるのである。人々は、このちんにゆうしやの服装にも態度にも、何ら明るい機転もなく、また礼法にかなつた所もないのに深く胸をつかれた。

 このものがひよろ高くれてゐて全身くまなく墓場の衣裳をまとうてゐた。顔をかくした仮面は、いかに丹念に調べても容易にそのいつわりである事がわからぬ程、こわばつたしかばねかおこくじしてゐた。だがこれらは総て、その辺をはしやぎ廻つてゐる連中から、たとへられないにしても、我慢してやらうと思はれたかも知らない。ところがこれは「赤き死」の姿をまねたものだと言ふ噂が拡がるまでになつた。彼の衣裳は血でれてゐた。――さうしてひたいには点々とまつかの恐怖が一面にきちらされてゐるのだ。

 この亡霊めいた者――彼はその役割をさらに心ゆくまでやつてけようとするかのやうに、じやくぜんたるおごそかな態度でワルツを踊る者達の間をあちらこちらとうて歩くのであつた――その姿に目を止めたプロスペロ公は恐怖と嫌悪の激情にけいれんしてゐる様子であつた。だが、次の瞬問、公のひたいふんぬの為にせきしよくていして来た。

 プロスペロ公は、しわがれた声で身近に居たじしんに命じた。

「何者だ! 何者が、へてかくもぼうとくふるまいで、ぶじよくするのだ。ひつとらへて仮面をはぎとれ! 余は朝になつたら城壁からつるしくびにしてやる奴の顔を見て置きたいのだ!」

 プロスペロ公がかう叫んだのは、東側の、すなわち青色の居間に於いてであつた。これらの言葉は――公はどきようぼねの太い、がんじようづくりのかたであつたから――七つの部屋全部をつらぬいてすみずみまで、はつきりと高らかに鳴り響いた。さうして楽のも公の手のひとふりでぴたりと静粛に立ち返つた。

 公は蒼ざめた侍臣の一群にとりまかれて青色の部屋に立つてゐた。初め公が言葉を発した時、この一団は闖入者の方に思はず二三歩進みかけた。と言ふのは、その時でもかなり手近にゐたかのあやしい者が今や発言者の方へ、あくまでも落着いた堂々たるほちようで一層身近に迫つて来たからである。しかし、この仮面ぶようしやに就いての狂ほしい推測に依つて深められた何ともめいじようしがたい一種の恐怖から、たれひとり進んでこれをとらへようとする者は無かつた。したがつて怪物は何らさまたげられること無しに、すでにプロスペロ公の身辺一ヤードの処へ迫つて来た、しかし全会衆は殆んどただ一つの衝動に押されたかのやうに室の中央から壁際までちぢさがつた。彼は依然としてさまたげられずに、最初から彼の特徴であつた例のしんげんな、整然たるあしなみで、青の部屋から紫へ――紫から緑へ――緑からオレンジへ、――オレンジから白へ、――白からとうとうすみれいろまで、なんぴとも彼をとらへんとする決然たる行動をしないうちゆうぜんと通り抜けて来てしまつたのである。ちようどこのとき、プロスペロ公は、激怒と、たとへいちじにもしろあとずさりをしたみずからのおくびようかぜに対するしゆうちしんから気狂ひのやうにたけりたつて、まつしぐらにむつつの部屋を突き抜けて行つた。しかし、今や全群を支配したりつぜんたる恐怖感の為、なんぴともこれに続く者は無かつた。

 公はぬきみの短剣をかしらだかに振つて、息をもかず、性急に、あとずさりするかいえいの三四フイートそばまで押し迫つた。このいぎようの者はビロードの部屋の最端までおしつめられると突然むきを変へて公に対抗した。たちまち鋭い叫びがきこえた。すると短剣がきらめきながらくろてんの敷物に舞ひ落ちて来たかと思ふと引続いてしかばねになつたプロスペロ公の五体もうつぶせに倒れ落ちた。

 かうなるときようえんしやたちも死物狂ひの勇気をふりおこして、一気に、真黒な部屋へ駈け込まねばならなかつた。さうしてこくたんの時計のかげに、まつすぐみじろぎもせずに立つてゐたよろ長い仮面の男をひつとらへて、荒々しくそのきようかたびらや死相の仮面をはがしてみると、その男をかたちづくつてゐた物は、これと言つて手にないただからつぽである事を知つて、人々はいちごんも発し得ないせんりつおそはれた。

 これこそ「赤き死」であると言ふ事がとうとう認められるに到つた。彼はやとうのやうに忍び這入つて来たのだ。饗宴者は一人一人あいついで、ちしおに濡れた歓楽の床にたおれた。さうして断末魔のもがきをしてそのままいきたえて行つた。かのこくたんの大時計のきざみも遊宴者の最後の一人が息を引取るとともんだ。さんきやくかほのおも消えた。さうしてあんこくたいはいと「赤き死」とがほしいままに、万物の上にちようりようした。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は、1930年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。