臺南市讀本

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

はしがき[編集]

正しく鄉土を認識するといふことは正しい鄉土愛の精神からしてゐる。

臺灣での鄉土愛は特に正しいといふ立場に立たねばならな。

この正しい鄉土愛の精神を兒童の心に傳へ將來のよき市民たらしめ、又、この土地に足を運ぶ人々へも貧弱ではあれ、臺南市の今昔の姿を知つていたゞきたいと思ふ心より、多方面の援助によつて鄉土讀本刊行に手をつけたわけである。

然し、其の結果を反省する時不充分な点が少くない。いづれ年を追つて改訂增補してゆく積りではあるが、とまれ、手をこまねいて何十年待てど生れざるをこまねかで、當然生れてあるべきものにおくればせながら手をつけたまでにしか過ぎない。

しかし、貧弱なこの中がらやみがたいこの心をくんでいたゞければ幸である。

また、この臺南は臺灣文化の誕生の地であるといふことだけでなく、日に新なる躍進の臺南が如何に人々の日々の生活に幸福の光を投げこんでゐるかといふことにも抱くべき心を抱かきねはならない。

人々はよく足もとの花の美しさに目を留めることを忘れ、他のみを美しいものと眺める癖を持つてはゐないであらうか。

市民として抱くべき心を抱いて欲しい。又抱かせたい。

更に臺灣文化の種子は領臺に先だつてよい發芽をみることが出來たらうかに考へ及ぼしたい。かりにも發芽はあつたにせよ、成育のよきを見ずして枯死したのではなからうか。臺灣文化完全な發芽と、永久の成育は四十年前からのことである。暗黑の數百年から光明の永久に臺灣を展開せしめたものを考へねばならぬ。

それは、總て、皇恩に他ならない。

それは、皇國日本の精神と力に他ならない。

これが臺灣の正しいといふ立場からの愛鄉心であらう。

小公學校の皆さんへ[編集]

學校で日本の歷史や地理を教はりますが、それは日本の國がらや國の樣子を知るだけであつてはなりますまい。知ると一しよに愛國の心を湧き起さねばならない。言ひかへると愛國の心を更に強くするために日本の歷史や地理を學んでゐるのです。

國を愛する心を更に強くするためには先づ國を知らねばなりません。

この私達の臺南市を愛する心を更に強くするためには臺南市をよく知らねばなりません。臺南市を愛することは日本の國を愛することになりませう。

私は臺南市を愛してもらふため、國を愛していたゞきたいために、この本を書きました。そうした氣持でお讀みで下さい。童話のやうに面白いものでないかも知れませんが、きつと何かを得ると思ひます。一頁を讀む每に臺南市をより知つていたゞけると思ひます。卽ち一頁讀むごとに愛國の心が湧いたことになりませう。

愛國といふ言葉を口にすることは易しいことでせうが、實際行ふことになるとそんなに易しいものではありません。

かたらばかりの愛國ではなく心からの愛國であつてほしいと思ふのです。

總てを覺えることがむづかしいとしても、調べたい時、調べられるだけにでもこの本を利用して下さい。

ではよくお讀み下さることを待つて。

臺南市讀本目次[編集]

はしがき

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。