聖金口イオアン教訓下/第43講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖金口イオアン教訓下

第43講話[編集]

<<てきためいのるべし>>


ともためいのるは、てきためいのるほどのえきわれにあたへざらん。ハリストスのいひたまふをきくべし、いはく『なんぢもしたゞおのれあいするものあいせば、なん報賞むくいかあらん、ぜいしかするにあらずや』〔マトフェイ五の四十六〕。さればわれともためいのときは、われいまぜいよりまされりとせざるなり、しかれどもてきあいしててきためいのるならば、人力じんりょくによりてかみものとならん、いはく『しからばなんぢてんにいますなんぢちちとならん、かれ善人ぜんにん悪人あくにんとのうへのぼし、義者ぎしゃ不義ふぎしゃとのうへあめふらしたまふなり』〔マトフェイ五の四十五〕。