第十二「カフィズマ」

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖詠経

第八十五聖詠

ダワィドの祈祷。
主よ、爾の耳を傾けて我に聴き給え、我乏しくして貧しければなり。
我が霊を護れ、我爾の前に慎めばなり、我が神よ、爾を恃める爾の僕を救い給え。
主よ、我を憐れめ、我日々に爾に呼べばなり。
爾の僕の霊を楽しましめ給え、主よ、我が霊を爾に挙ぐればなり、
蓋主よ、爾は仁慈慈憐にして、凡そ爾を呼ぶ者に洪恩なり。
主よ、我が祷を聴き、我が願いの聲を聆き納れ給え。
我が憂いの日に爾に呼ぶ、爾我に聴かんとすればなり。
主よ、諸神の中爾に如く者なく、爾の作爲に如くはなし。
主よ、爾に造られし萬民は来たりて爾の前に伏拝し、爾の名を讃榮せん、
蓋爾は大いにして、奇蹟を行う、爾神よ、独り爾なり。
主よ、我を爾の路に導き給え、然せば我爾の真理に行かん、我が心を爾の名を畏るる畏れに固め給え。
主我が神よ、我心を尽くして爾を讃美し、永く爾の名を讃榮せん、
蓋我に於ける爾の憐れみは大いなり、爾は我が霊をいと深き地獄より援け給えり。
神よ、驕る者は起ちて我を攻め、暴虐者の党は我が霊を尋ぬ、彼等は爾を己の前に置かず。
然れども爾主、宏慈にして矜恤、寛忍にして洪恩、真実なる神よ、
我を顧み、我を憐れみ、爾の力を爾の僕に賜い、爾の婢の子を救い給え。
恵みの徴を我に顕わし給え、我を疾む者は之を見て爲に愧を得ん、爾主よ、我を助く、我を慰め給いしに因る。

第八十六聖詠

コレイの諸子の詠。歌。
彼の基は聖山に在り、主はシオンの門を愛すること、イアコフの悉くの住所に愈れり。
神の城邑よ、光榮の事は爾に於いて伝えらる。
我を知る者には、我ラアフとワワィロンとの事を示さん、視よ、フィリスティヤ人、及びエフィオピヤと此にあり、人云わん、某彼處に生まれたり。
シオンに至りては云わん、此の人彼の人其の中に生まれたり、至上者親から彼を堅固にせり。
主は諸民の記録に記さん、此の人其の中に生まれたり。
歌う者も楽を作す者も、凡そ我が泉は皆爾にあり。

第八十七聖詠

歌。コレイの諸子の詠。伶長に「マハラフ」を以て歌わしむ。エズラり裔エマンの教訓。
主我が救いの神よ、我昼夜爾の前に呼ぶ、
願わくは我が祷は爾が顔の前に至らん、爾の耳を我が願いに傾けよ、
蓋我が霊は苦難に飽き、我が生命は地獄に近づけり。
我は墓に入る者と等しくなり、力なき人の如くなれり、
死人の中に投げられて、猶殺されて柩に臥し、爾に復記憶せられず、爾の手より絶たれし者の如し。
爾我を深き坑に、闇冥に、淵に置けり。
爾の憤りは重く我に加わり、爾の波を傾けて我を撃てり。
爾我が識る所の者を遠ざけ、我を彼等の悪むべき者となせり、我閉ざされて出ずるを得ず。
我が目は愁苦に因りて痛く疲れたり、主よ、我終日爾を呼び、手を伸べて爾に向かえり。
爾豈に死せし者に奇跡を施さんや、死せし者豈に起ちて爾を讃揚せんや、
爾の憐れみは墓の中に、爾の真は腐敗の地に、豈に伝えられんや、
爾の奇跡は闇冥に、爾の義は遺忘の地に、豈に識られんや。
主よ、我爾に呼ぶ、我の祷は晨に爾の前に在り。
主よ、爾は何爲れぞ我が霊を棄て、爾の顔を我に隠し給う。
我少きより禍に遭い、幾ど消え亡せんとし、爾の恐嚇を受けて我が疲れは極まれり。
爾の憤りは我を度り、爾の恐嚇は我を砕けり、
毎日水の如くに我を環り、斉しく集まりて我を囲む。
爾は我が友と親しき者とを我より遠ざけたり、我が識る所の者は見えず。

第八十八聖詠

エズラの裔エファムの教訓。
主よ、我永く爾の慈憐を歌い、吾が口を以て世々に爾の真実を伝えん。
蓋我言う、慈憐は永く建てられたり、爾は爾の真実を天に固めたり、
曰く、我は我が選びし者と約を立て、我が僕ダワィドに誓いたり、
我永く爾の裔を固め、世々に爾の寶座を建てんと。
主よ、諸天は爾の奇異なる事と爾の真実とを聖者の會に讃榮せん。
蓋諸天に於いて孰か主に並ぶを得ん、神の子の中孰か主に較ぶるを得ん。
神は聖者の大会に於いて畏るべく、凡そ彼を環ぐる者の爲に畏るべし。
主、萬軍の神よ、孰か爾主の如く有力なる。爾の真実は爾を環る。
爾は海の激怒を治め、其の波の騰る時、爾之を鎮む。
爾はラアフをイトししこと傷つけられし者の如く、爾が有能の臂にて爾の諸敵を散らせり。
天は爾に属し、地も爾に属す、世界と其の中に満つる者とは、爾之を建てたり。
北と南とは爾之を造れり、ファワォルとエルモンとは爾の名に因りて欣ぶ。
爾の臂は有能なり、爾の手は有力なり、爾が右の手は高し。
公平と公義とは爾が寶座の基なり、慈憐と真実とは爾が顔の前に行く。
喇叭の呼び聲を識る民は福なり、主よ、彼等は爾が顔の光りの中に行き、
終日爾の名に因りて歓び、爾の義を以て挙げらる。
蓋爾は其の力の榮えなり、我等の角は爾の恵みに縁りて挙げらる。
我が盾は主よりし、我が王はイズライリの聖なる者よりす。
昔爾異象の中に於いて爾の聖者に謂えり、我勇者に助けを顕わし、民より選ばれし者を挙げたり。
我我が僕ダワィドを獲、和が聖膏を以て之に膏せり。
我が手恒に彼と偕にし、我が臂彼を固めん。
敵は彼に勝たず、不法の子は彼を害せざらん。
我其の前に於いて其の敵を破り、彼を疾む者を撃たん。
我が真実我が慈憐は彼と偕にし、其の角は我が名に縁りて挙がらん。
我其の手を海に置き、其の右の手を河に置かん。
彼我を呼びて云わん、爾は我が父、我が神、我が救いの防固なり。
我彼を長子となして、地の諸王より高くせん。
我彼の爲に永く我が憐れみを護り、我が彼と結びし約は真ならん。
我永く其の裔を存し、天の日の如く其の寶座を存せん。
若し其の子我が法を棄て、我が誡めを行わず、
我が律を犯し、我が命を守らずば、
我杖を以て彼等の不法を撃ち、鞭を以て彼等の不義を撃たん、
然れども我が慈憐を彼より離さず、我が真実を廃せざらん、
我が約に違わず、我が口より出でし者を易えざらん。
我一次我が聖を以て誓いたり、我豈にダワィドを欺かんや。
其の裔は永く存し、其の寶座は日の如く我が前に存せん、
月の如く永く堅固ならん、天には正しき証者ありと。
然れども今爾棄て且つ軽んじ、爾の膏つけられし者を怒れり。
爾の僕と結びし約を廃して、其の冠を地に擲てり、
其の悉くの藩を毀ち、其の城を廃墟となせり。
路を行く者は皆彼を掠む、彼は其の隣の笑いとなれり。
爾は其の仇の右の手を高くし、其の悉くの敵を欣ばしめたり。
爾は彼が剱の刃を転じ、彼を戦いに立たざらしめ、
其の光りを奪い、其の寶座を地に倒し、
其の少壮の日を短くし、羞を以て彼を覆えり。
主よ、爾恒に隠るること何れの時に至るか、爾の怒りの火の如く燃ゆるは何れの時に至るか。
記憶せよ、我が生くる時は如何なるか、爾如何なる空虚の爲に悉くの人の子を造りしか、
人の中誰か生きて死を見ず、己の霊を地獄の手より脱したる。
主よ、爾が往時の慈憐は安くにあるか、爾は爾の真実を以てダワィドに誓いたり。
主よ、爾が諸僕の蒙れる侮り、我が悉くの強き民より受けて我が懐に抱ける者を記憶せよ、
主よ、爾の敵が如何に謗り、如何に爾の膏つれられし者の跡を辱しむるを記憶せよ。
主は世々に崇め讃めらる。「アミン」、「アミン」。

光榮讃詞
第八十九聖詠

神の人モイセイの祈祷。
主よ、爾は世々に我等の避所たり。
山未だ生ぜず、爾未だ地と全世界とを造らざる先、且つ世より世までも爾は神なり。
爾人を塵に帰らしめて曰う、人の子よ、帰れと。
蓋爾が目の前には、千年は過ぎし昨日の如く、夜間の更の如し。
爾は大水の如く彼等を流す、彼等は夢の如く、朝に生うる草の如し、朝には花さきて且つ青し、暮れには刈られて稿る。
蓋我等は爾の怒りに因りて消え、爾の憤りに因りて惶れ惑う。
爾は我等の不法を爾の前に置き、我等の隠れたる事を爾が顔の光りの前に置けり。
我等が悉くの日は爾が怒りの中に過ぎ、我等は我が歳を失うこと音の如し。
我が歳の数は七十年、或いは健やかなれば八十年なり、其の間の壮なる時も、苦労と疾病あり、蓋其の過ぐること速やかにして、我等飛び去る。
誰か爾が怒りの力を知り、又爾を畏るる度に依りて爾の憤りを識らん。
願わくは我等に我が日を算うることを教えて、智慧の心を獲しめ給え。
主よ、面を回せ、何れの時に至るか、爾の僕を憐れみ給え。
夙に爾の憐れみを以て我等に飽かしめよ、然せば我等生涯歓び楽しまん。
爾我等を撲ちし日、我等が禍に遭いし年に代えて、我等を楽しましめ給え。
願わくは爾の工作は爾の諸僕に著われ、爾の光榮は其の諸子に著われん、
願わくは主吾が神の恵みは我等に在らん、願わくは我が手の工作を我等に助け給え、我が手の工作を助け給え。

第九十聖詠

(ダワィドの讃歌)
至上者の覆いの下に居る者は、全能者の蔭の下に安んず、
主に謂う、爾は我の避所、我の防禦、我が頼む所の我の神なりと。
彼は爾を猟者の網より、滅亡の疫より脱れしめん、
彼は其の羽にて爾を覆わん、其の翼の下にて爾危うからざるを得ん、彼の真実は楯なり、鎧なり。
爾は夜の震驚と昼の流れ矢、
闇冥に行く行疫と正午に暴す瘴疫を懼れざらん。
千人爾の側に、萬人爾の右にイトるとも、爾に近づかざらん、
爾只目を注ぎて不虔の者の報いを見ん、
蓋爾謂えり、主は我の恃みなりと、爾至上者を択びて、爾の避所と爲せり。
悪は爾に臨まず、疫癘は爾の住所に近づかざらん、
蓋爾の爲に其の天使に命じて、爾の凡その路に爾を護らしめん。
彼等其の手にて爾を抱えて、爾の足を石に躓かざらしめん。
爾蝮と毒蛇とを践み、獅子と大蛇とを蹈まん。
彼我を愛するに因りて、我之を援けん、彼我の名を識るに因りて、我之を衛らん。
我を呼ばば、我彼に聴かん、憂いの時我彼と偕にし、彼を援け、彼を榮せん、
寿命永きを以て彼に飽かしめ、我の救いを彼に顕わさん。

光榮讃詞