第十「カフィズマ」

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第七十聖詠[編集]

主よ、我爾を恃む、願わくは我世々に羞を得ざらん。

爾の義に縁りて我を援け、我を免れしめ、爾の耳を我に傾けて我を救い給え。

我が爲に堅固なる避所となりて、我に常に隠るるを得しめ給え、爾我を救わんことを命ぜり、蓋爾は我が防固、我が能力なり。

我が神よ、我を悪者の手より、不法者及び迫害者の手より救い給え、

蓋主神よ、爾は我の望みなり、我が幼きより我の恃みなり。

我娠まるる時より爾に護られ、爾我の腹より出せり、我爾を讃め揚げて息めざらん。

多くの者の爲に我奇怪の如き者となれり、然れども爾は我の堅き望みなり。

願わくは我が口は讃美に満てられて、我爾の光榮を歌い、日々に爾の威厳を歌わん。

我が老ゆる時我を棄つる毋れ、我が力衰うる時我を遺す毋れ、

一〇蓋我が敵は我を論じ、我が霊を伺う者は相謀りて

一一云う、神は彼を棄てたり、追いて彼を拘えよ、救う者なければなり。

一二神よ、我に遠ざかる毋れ、我が神よ、速やかに我を佑け給え。

一三我が霊に仇する者は。願わくは辱しめられて消えん、我を害せんと謀る者は、願わくは辱しめと侮りとを被らん。

一四唯我常に爾を恃み、益々爾を讃め揚げん。

一五我が口は爾の義を伝え、日々に爾の恩を伝えん、蓋我其の数を知らず。

一六我主神の能力を思い、爾の義、独り爾の義を記憶せん。

一七神よ、爾は我が幼きより我を晦え給えり、我今に至るまで爾の奇迹を伝う。

一八神よ、歳老い髪白きまで我を棄てずして、我が爾の能力を此の世に、爾の権能を凡そ将来の者に伝うるに及べ。 一九神よ、爾の義は極めて高し、爾大いなる事を行えり、神よ、執か爾に比ぶるを得ん。

二〇爾は多く且つ激しき苦難を我に遣わせり、然れども復我を地の淵より引き出せり。

二一爾我を挙げ、我を慰め、我を地の淵より引き出せり。

二二我が神よ、我琴を以て爾と爾の真実とを讃榮せん、イズライリの聖なる者よ、我瑟を以て爾を讃頌せん。

二三我爾に歌う時我が口は喜び、爾が救いし我が霊も喜ぶ。

二四我が舌は日々に爾の義を伝えん、蓋我を害せんと謀る者は恥を被り、辱しめを受けたり。

第七十一聖詠[編集]

ソロモンの事。(ダワィドの詠)

神よ、爾の裁判を王に賜い、爾の義を王の子に賜え、

裁判の時彼に義を以て爾の民と爾の貧しき者とを裁かしめよ。

願わくは山は民に平安を施し、邱は義を施さん、

願わくは彼は民の貧しき者を判き、乏しき者の子を救い、暴虐者を抑えん。

日月の在る間、人々爾を世々に畏れん。

彼は芟りたる草場に降る雨の如く、土を潤す雨滴の如く降らん。

彼の日には義人榮え、多くの平安ありて月の畢るに至らん。

彼は宰どること海より海に至り、河より地の極に至らん。

曠野に居る者は彼の前に俯伏し、彼の敵は塵を舐めん。

一〇ファルシスと島々との諸王は貢ぎを彼に獻げ、アラワィヤとサワとの諸王は禮物を奉らん。

一一列王彼に伏拝し、萬民彼に奉事せん、

一二蓋彼は貧しき者と呼ぶ者と苦しめられて助けなき者とを援けん。

一三彼は貧しき者と乏しき者とを憐れみ、乏しき者の霊を救わん、

一四其の霊を詭詐と暴虐より援けん、其の血は彼の目の前に寶とならん。

一五彼は生活せん、人々アラワィヤの金を以て彼に饋り、恒に彼の爲に祈祷し、日々彼を崇め讃めん。

一六地には穀物豊かならん、山の頂には其の穂の揺くことリワンの林の如く、城邑には人の殖ゆること地の草の如くならん。

一七彼の名は崇め讃められて世々に至らん、日の在る間は彼の名伝わらん、地上の萬族は彼に縁りて福を獲、萬民は彼を称讃せん。

一八主神、イズライリの神、独り奇迹を行う者は崇め讃めらる、

一九彼の光榮の名も世々に崇め讃めらる、全地は彼の光榮に満てられん。「アミン」、「アミン。」

光榮讃詞
イエセイの子ダワィドの祈祷畢れり。

第七十二聖詠[編集]

アサフの詠。

神は何ぞイズライリ人に、心の浄き者に仁慈なる。

唯我は我が足幾んど躓き、我が歩み殆ど失えり、

我悪者の安楽を見て、狂妄の者を嫉めり、

蓋彼等は死に至るまで苦しみなく、其の力も健やかなり、

彼等は人の苦労に与らず、人と偕に撃たれず。

故に驕慢は彼等を環ること首飾りの如く、強暴は彼等を纏うこと衣の如し、

其の目は其の肥えたるに因りて出で、其の思いは心の中に彷徨う、

嘲りて息めず、悪を懐きて讒言を敷き、高ぶりて言う、

其の口を天に騰げ、其の舌は地に往来す。

一〇故に主の民も彼処に向かい、満ちたる器より水を飲みて

一一云う、神は如何にして知らん、至上者に知ることあるか。

一二視よ、此の悪者は斯の世に安楽して、其の財を増す。

一三我は謂えり、我豈に徒に我が心を浄め、我が手を無罪の中に盥い、

一四毎日傷を受け、毎朝責めを被りしに非ずや。

一五然れども我若し此くの如く計らんと云はば、我爾の諸子の族の前に罪を得ん。

一六我思えり、如何にして之を悟らん、唯是れ我が目の前に難くして、

一七我が神の聖所に入りて、彼等の終わりを悟るに及べり。

一八然り、爾彼等を滑らかなる途に立てて、彼等を淵に陥し入る。

一九何ぞ彼等は俄に壞れ、消え、懼れに依りて滅びたる。

二〇夢の覚むるが如く、主よ、爾彼等を覚まして、其の想像を消さん。

二一我が心の沸き、我が中情の裂くる時、

二二我無知にして悟るなく、畜の如く爾の前に在りき。

二三然れども我は常に爾と偕にし、爾は我が右の手を執る、

二四爾の訓諭にて我を導き、後我を光榮に納れん。

二五天には我に誰かある、地にも爾と偕にせば願う所なし。

二六我が身と我が心とは弱れり、神は我が心の固めなり、世々に我の分なり。

二七蓋視よ、爾に遠ざかる者は亡び、凡そ爾に離るる者は爾之を滅ぼす。

二八我に在りては神に近づくは善し。我主神に我が恃みを負わせたり、爾悉くの行爲をシオンの女の門の内に伝へん爲なり。

第七十三聖詠[編集]

アサフの教訓。

神よ、何爲れぞ永く我等を棄て、爾の怒りは爾が草苑の羊に燃えたる。

爾が古より獲たる會、贖いて爾が嗣業の柄となしし者、即爾が居る所の此のシオン山を記憶せよ。

爾の足を歴代の廃址に動かせ、敵は聖所に於いて悉く毀てり。

爾の敵は爾の會の中に吼え、幟に代えて己の記號を樹てたり。

己を顕わすこと、高く斧を挙げて交わりたる樹の枝を伐らんとする者の如くせり。

今彼等は斧を以て鉞を以て、一時に其の悉くの彫刻を毀てり。

爾の聖所を火に付し、全く爾の名の住所を汚せり。

其の心に謂えり、全く彼等を壞らんと、遂に地上にある神の會の處を盡く焚けり。

我等は我が幟を見ず、預言者已になし、我等の中誰も此くの如きことの何れの時に至らんとするを知る者なし。

一〇神よも敵の謗ること何れの時に至らんか、豈に仇は永く爾の名を侮らんや。

一一爾何すれぞ爾の手、爾の右の手を避くる、爾が懐の中より彼等を撃ち給え。

一二神、我が古世よりの王、救いを地の中に作す者よ、

一三爾は己の力を以て海を裂き、爾は蛇の首を水の中に砕けり。

一四爾は鰐の首を砕き、之を曠野の人に予えて食となせり。

一五爾は泉と流れとを截り出し、爾は大いなる河を涸らせり。

一六昼は爾に属し、夜も爾に属す、爾は諸々の光と日とを備えたり。

一七爾は地の悉くの界を立て、夏と冬とを設けたり。

一八記憶せよ、敵は主を謗り、無知の民は爾の名を侮る。

一九爾が班鳩の霊を野獣に投ずる毋れ、永く爾が貧しき者の會を忘るる毋れ。

二〇爾の約を顧みよ、蓋凡そ地の暗き處は強暴の住所に充てられたり。

二一迫害せられし者に羞を得て帰らしむる毋れ、願わくは貧しき者と乏しき者とは爾の名を讃め揚げん。

二二神よ、起きて爾の事を衛れ、無知の者が日々に爾を謗るを記憶せよ、

二三爾が敵の聲を忘るる毋れ、爾に逆う者の騒ぎは起こりて息まず。

光榮讃詞

第七十四聖詠[編集]

伶長に歌わしむ。滅ぼす毋れ。アサフの詠。歌。

神よ、我等爾を讃榮し、爾を讃榮す、蓋爾の名は近し、爾の奇迹は之を示す。

我時を択びて、義を以て審判を行わん。

地と此れに居る者と皆撼く、我其の柱を堅固にせん。

我無知の者に謂う、無知を行う毋れ、悪者に謂う、角を挙ぐる毋れ、

高く爾の角を挙ぐる毋れ、頑なに神の事を言う毋れ、

蓋高くするは東に由るに非ず、西に由るに非ず、曠野に由るに非ず、

乃神は審判者にして、彼を卑くくし、此を升す。

蓋爵は主の手に在り、混りある酒は其の内に沸き、彼は之より酌む、地の悉くの悪者は其の滓をも搾りて之を飲まん。

一〇唯我永く伝えて、イアコフの神を歌い頌めん、

一一悪者の角は我悉く之を折らん、義者の角は挙げられん

第七十五聖詠[編集]

伶長に琴を弾きて歌わしむ。アサフの詠。歌。

神はイウデヤに知られ、其の名はイズライリに大いなり。

三一其の住所はサリムに在り、其の居所はシオンに在りき。

彼は彼處に於いて弓の矢と盾と剱と戦いとを壞れり。

爾は光榮なり、爾の能力は掠め者の山に勝る。

心の剛き者は獲物となり、其の寝るを以て寝ねたり、力の壮んなる人は皆其の手を尋ねて得ざりき。

イアコフの神よ、爾の恐嚇に由りて車も馬も眠りに就けり。

爾は畏るべし、爾が怒りの時孰か爾が顔の前に立たん。

爾は天より審判を告げしに、地は懼れて鎮まれり、

一〇此れ神が審判の爲に起きて、凡そ地に迫害せらるる者を救わん時に在り。

一一人の怒りも爾の光榮に帰せん、怒りの余りは爾之を止めん。

一二主爾等の神に誓いを作して償えよ、凡そ彼を繞る人は畏るべき者に禮物を獻ぐべし。

一三彼は牧伯の気を抑う、彼は地の諸王の爲に畏るべし。

第七十六聖詠[編集]

イディフムの伶長に歌わしむ。アサフの詠。

我が聲神に向かう、我彼に呼ばん、我が聲神に向かう、彼我に聆かん。

我憂いの日に主を尋ぬ、我が手は夜中伸びて下らず、我が霊は慰めを辭む。

我神を記憶して戦き、之を想いて我が霊弱る。

爾我に目を閉ずるを許さず、我顫いて、言う能わず。

我古の日、過ぎ去りし世の年を思い、

我が夜間の歌を記憶し、我が心と謀り、我が霊は尋ぬ、

豈に主は永く棄てて、復恩を加えざるか、

豈に其の憐れみは永く息みて、其の言葉世々に絶えしか、

一〇豈に神は憐れむことを忘れしか、豈に怒りを以て其の仁慈を塞ぎしか。

一一我謂えり、是れ我の憂いなり、至上者の右の手の変易なり。

一二我主の作爲を記憶し、爾が古の奇迹を記憶せん、

一三我爾が悉くの作爲を思い、爾の大いなる行いを考えん。

一四神よ、爾の途は聖なり。何の神か我が神の如く大いなる、

一五爾は奇迹を行う神なり、爾は己の能力を諸民の中に顕わせり、

一六爾は臂を以て爾の民イアコフ及びイオシフの諸子を援け給えり。

一七神よ、水は爾を見、水は爾を見て懼れ、淵は戦けり。

一八雲は水を注ぎ、黒雲は雷を出し、爾の矢は飛べり。

一九爾の雷の聲は穹蒼にあり、稲妻は世界に閃き、地は動きて震えり。

二〇爾の途は海にあり、爾の小径は大水にあり、爾の蹟は測り難し。

二一爾はモイセイとアアロンとの手を以て、爾の民を羊の群の如く導き給えり。

光榮讃詞