私の履歴書/吉井勇

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア吉井勇のページがあります。

一、恵まれた詩歌への道[編集]

 父の名は幸蔵、昭和二年十月七日に、年七十三歳で世を去った。少年時代に欧米に留学、あちらで成人したので、英、仏、独、いずれの外国語も達者であった。帰朝後、海軍兵学校に入り、海軍少佐の時、台湾征討軍に遣問使として行ったが、濁水溪というところで、地雷火のために頭部をやられ、それ以来軍職をやめて、やや癒えてから貴族院に入った。私がまだ子供の時分、父は酔うとよく「思ひきや彌彦の山を右手(めて)に見て立ちかへる日のありぬべしとは」という祖父の歌を、くりかえしうたって聞かせてくれたが、こういうことも私の一生に、それとなく影響しているのではないだろうか。

 母の名は静子、元治元年生れで、今年(三十四年)九十六歳であるが、いまだにすこぶる健在で、道を歩くのもなかなか足が速く、眼鏡をかけずに針仕事もする。いま東京世田谷の私の弟の家にいるが、記憶がなかなかしっかりしているので、明治初年以来の思い出などを、弟に頼んで筆記してもらっている。それによると母の実家の猪飼という家は、鹿児島の稲荷馬場というところにあって、敷地が二千坪あまり、大きな池や滝のある広大な屋敷だったらしい。西南戦争のあった明治十年は、母がちょうど十四歳の時で、ある日突然父から戦があるから逃げなければならぬといわれ、そこから二里ほどさきにある七窪というところの知らない人のところに避難したが、そこは郷士の家であって、下は崖(がけ)になっている谷間だった。そこに逃げて来る途中、西郷方の抜刀隊に会ったりしたうえ、海上からは龍攘、春日など官軍の軍艦からの艦砲射撃があったりして、全く生きた心地もしなかったそうである。

 私は今こうして母の思い出の筆記を読みながら、九十余年にわたる一人の女性の生涯といったようなことを考えているが、元治、慶応、明治、大正、昭和といったように、およそ一世紀におよぶ時代の推移を思うと、なんだかおそろしい運命の歯車の音が、ひびいて来るような気がしてならないのである。思わず余談になったが、もし私が今後、何年か生きていることができるならば、最後の願いとして自分の家の系譜を書いてみたい。

 そういう心持からもう一人、祖父のことを付け加えると、祖父の名は友実、前名を幸輔といって、明治二十四年四月六十四歳で世を去ったが、いわゆる維新の志士の一人であって、西郷隆盛や大久保利通とともに国事に奔走した仲間である。最後は枢密顧問官になって没したのであるが、私はそういった官職の高かった祖父よりも、子どもの時分に父から聴かされた「思ひきや」の歌が、いまだに思い出されるように、むしろ南画を描いたり歌を作ったりした文人的な祖父の方に親しみが感じられる。

 今は散逸してしまって私の手元にないが、富岡鉄斎、下条桂谷、川村雨谷などと寄せ書をした絵の幅も、かなり後まで残っていたし、歌を書いた短冊ならば、まだ四、五枚幅に仕立てたものを愛蔵しているので、ときどき書斎の床に掛けて、もう今ではおぼろげになったその面影をしのんでいるが、私が歌を作るようになったのには、どうもこの祖父から伝わった何ものかがあるように思われてならないのである。

 試みに祖父の短冊の歌を一、二首あげて見ると「梅遠薫」という題で詠(よ)んだものに「うめの花水上遠く匂ふなり折りてかざさむいそげ舟人」というのや「十二、三年前に植ゑ置きし松の生長せるを見て」という詞書(ことばがき)のある「植おきし松のみどりも池水に影さすばかりなりにけるかな」というのがあるが、別に新味はないけれども題詠を主とした当時の歌としては、まず素直なものといってもいいであろう。

 私はこういう祖父と、こういう父と、こういう母とを持って明治十九年十月八日、東京市芝区高輪南町五十九番地に生まれた。

二、家は没落、学校は落第[編集]

 私の生まれた高輪の家は、今の品川の駅から十数町高台の方へ登ったところにあって、東京の市内といっても山の手のことだから、そこら一体、島津、毛利、奥平、小早川、蜂須賀といったような大名屋敷が多く、長い板塀や生垣つづきになっていて、昼でもあまり人通りがなかった。私の家などはその中では、ごく小さい方だったが、それでも二、三千坪くらいはあったろうか。庭はこんもりした木立に取りかこまれていて、その奥には先祖をまつった社などがあった。

 やっぱりその木立の奥の方に島津家に仕えてお局役をしていた母方の大叔母の隠居所があったが、私はいつもそこへいっては、菓子をねだったり、本箱の中から草双紙を出して読んだりした。知らないことがあるとうるさくきくので、この大叔母は私に「穴栗専作」という名前を付けたが、ここで読んだ「八犬伝」とか「弓張月」とか「北雪美談」とかいうものが、どのくらい後々まで私の心に影響したかわからなかった。文学に対する目が開かれたのも、案外こういったところからかもしれない。

 学校のことをいうと、最初私は芝山内にあった幼稚園に通っていたが、その後、鎌倉の材木座にあった別荘で暮すようになったので、尋常小学の一年の前半は、鶴ヶ丘八幡宮の直ぐ横手にあった師範学校の付属小学に、その時分まだちょん髷(まげ)に結っていた別荘番のじいやに連れられて通った。しかし間もなく東京の家へ帰って来たので、こんどはまたあらためて、芝の伊皿子坂の上にあった御田小学校に入学した。この小学校時代の同級生で、いまなおまれに音信をしているのは、現在奈良の女子大学の学長をしている落合太郎君くらいのもので、私よりも二、三級下には、小泉信三君や筆名水上滝太郎の阿部章蔵君がいたのを覚えている。その当時の校長は小野義倫といったが、受持の橋詰先生という人が至極温情のある人物で、日曜や祭日にはよく生徒たちの中から数人を選んで、目黒や洗足池方面へ遠足につれていってくれた。

 たしか小学の高等二年を終ってから、東京府立第一中学校に入学したのだと思うが、試験を受けたのは築地の旧校舎、いま東京劇場になっているところで、授業を受けたのは日比谷の新校舎、後に拓務省になり、いま裁判所か何かになっているところだった。校長は勝浦鞆雄という、ひどく気取った演説をする人だったが、同級には谷崎潤一郎、辰野隆、石坂泰三、土岐善麿、金子隆三などがいたらしいが、私はその時分から妙に孤独性なところがあって友だちが少なく、それにこの学校の校風に対して反抗的になっていたので、この時代のことはいやな記憶ばかりが残っている。それというのがひとつには、家が没落して高輪の家を売り、田端の先の尾久に引っ込むようになったりした家庭の事情のためだったかもしれない。三年から四年になる時に落第をしたので、それを機会に海軍志望を理由にして、もっと自由な攻玉舎中学校に転校してしまった。

 私が最初に歌を作ったのは、まだ高輪の家に住んでいた明治三十年代のことであって、まずはじめて自分の詠草(えいそう)を見てもらったのは、竹柏園の石榑千亦氏だった。石榑氏は当時水難救済会という会の幹事をしていたが、私の父がその会長をしていたので、その関係でそういうことになったのだと思うが、その時分、私はどんな歌を作ったのか、もちろん詠草など残っていないし、全然私の記憶にない。私の記憶に残っている最初の歌は、それから二、三年の後、府立一中時代に作ったもので、「出雲なる簸(ひ)の川上はそのむかし八頭(やまた)の大蛇(おろち)住みけるところ」というのであるが、それはその当時出ていた「海国少年」という雑誌に投稿して天位になったもので、選者は後に川柳に転じたが、そのころは根岸派に属して万葉調の歌を作っていた坂井久良岐氏であった。

三、光太郎や白秋らと知り合う[編集]

四、懐しい「五足の靴」[編集]

五、第一歌集「酒ほがひ」出版[編集]

六、自由劇場第一回公演の感動[編集]

七、雑誌「人間」発刊のころ[編集]

八、草廬の炉端の人生修業[編集]

九、歌行脚―新生の京都へ[編集]

十、「生死関頭」の重患[編集]

十一、疎開―雪の中の“暗い日々”[編集]

十二、人生行路にようやく光明[編集]

十三、苦心した都踊の歌詞[編集]

十四、もうしばらく世のなりゆきを[編集]

関連項目[編集]

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権法上パブリックドメインの状態にあるか、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合したライセンスのもとに公表されていることを示すテンプレートを追加してください。