正教要理問答/第五十聖詠

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

だいじふせいえい[編集]

かみなんぢおほいなるあはれみよりわれあはれなんぢめぐみおほきによりわれはふたま

しばしばわれはふよりあらわれつみよりきよたま

けだしわれはふわれつみつねまへ

われなんぢひとりなんぢつみをかあくなんぢまへおこなへりなんぢなんぢしんだんにしてなんぢさいばんおほやけなり

われはふおいはらまれははつみおいわれめり

なんぢこころしんじつのあるをあいうちおいちえれにあらはせり

「イソプ」をもつわれそそげよしかせばいさぎよくならんわれあらへよしかせばゆきよりしろくならん

われよろこびたのしみとをかしたまへよしかせばなんぢをられしほねよろこばん

なんぢかんばせつみよりことごとくのはうたま

かみいさぎよこころれにつくただしたましひわれうちあらたたま

われなんぢかんばせよりふことなかなんぢせいしんわれよりとりあぐることなか

なんぢすくひのよろこびれにかへしゅさいたるのしんもつわれかたたま

はうものなんぢみちおしへんけんものなんぢかへらんとす

かみすくひのかみわれよりすくたましかせばしたなんぢほめげん

しゅくちびるひらけよしかせばくちなんぢさんげんとす

けだしなんぢまつりほつせずほつすればこれたてまつらんなんぢやきまつりよろこばず

かみよろこばるるのまつりつうくわいたましひなりつうくわいしてけんそんなるのこころかみなんぢかろんたまはず

しゅなんぢめぐみよりおんをシオンにれイエルサリムのじゃうえんたま

ときなんぢまつりささげものやきまつりよろこけんときひとびとなんぢさいだんこうしそなへんとす

問 このせいえいいつなにびとつくりしものなるや
答 このせいえいせいげんしゃダウィドわうさくにてせいわうかつけいけんなるウリヤをころしてそのつまウィルサーウェヤをりしたいざいかいくわいせしときこのせいえいつくりしなり
問 なにゆえこのせいえいつうくわいいのりとしょうせらるるや
答 これこのせいえいつみをかせしことをふかいそのつみゆるしとかみめぐみとをねつしんいのもとむるのこころあらはすがゆえなりさればわれざいにんつねにこのせいえいしょうしてつみゆるしをねがふべきなり
問 『かみなんぢおほいなるあはれみりてうんぬんいかことばなにごとかみねがふのたうなるや
答 このことばにてかみとくべつなるじんりてわれつみゆるたまはんことかみねがふなり
問 『けだしわれはふわれつみつねまへうんぬん』のことばなにいみするや
答 これわれおのれをかへりわれりゃうしんくるしむるつみみとることなり
問 『なんぢなんぢしんだんにしてなんぢさいばんおほやけなり』とはなんいみぞや
答 これわれかみまへおほくのつみおこなふものなるにかみつねこうにましませばそのわれしんぱんたまふもさだめてげんぢうなることをいみするなり
問 『われはふおいはらまれわがははつみおいわれめり』とはなんいみぞや
答 このことばにてわれうまれながらざいあくかたむくのせいしつあることをべてつみゆるすをねがなり
問 『うちおいちえわれあらはせり』とはなんぞや
答 これかみまことおしへひとびとてんごくるのみちとをわれしめたまふことなり
問 『イソプをもっわれそそげようんぬん』のことばはいかなるいみなるや
答 これかみおんちようくだたまふてわれつみいさぎよくせられんことをねがふなり
問 『られしほねよろこばん』とはなんいみぞや
答 これつみひとひとたましひいたむるのみならずひとこつにくがいするものなればはじめよりつみゆるすをればりゃうしんやすきをおぼゆるのみならずにくたいほねいたみなほりてあたかよろこぶがごとくならんとのなり
問 『われなんぢかんばせよりふことなかれ』とはなんいみぞや
答 かみわれとほざかるることなくつねわれまもたまへといみなり
問 『しゅさいたるのしんもっわれかたたまへ』とはなんぞや
答 これかみせいしんのうりょくもっわれぜんとくかたたまはんことをねがふなり
問 『われはふものうんぬん』とはなんいみぞや
答 これわれせいわうダウィトのれいのとりてかみよりつみゆるしたるをかんしゃせんがためはふなるひとびとかみみちおしへてかみせしめんことやくするなり
問 『われよりすくたまうんぬん』とはなんいみぞや
答 これせいダウィト王がウリヤをころしたるしてわれがかかるざんこくなるつみおちいらざらんことをねがふなり
問 『なんぢやきまつりよろこばず』とはなんぞや
答 これかみひとびとけんずるやきまつりよろこたまふもさらむねかなはせたまふはこころまつりすなはつうくわいぜんかうとくなることをふものなり
問 『なんぢめぐみよりおんシオンうんぬん』とはなんいみぞや
答 これダウィトがイエルサリムじゃうならびイウデヤじんのためにつみゆるすをねがひたることばにしてせいわうはこのねがひこころもっせいでんこんりふせり
問 『なんぢまつりささげものやきまつりうんぬん』とはなんぞや
答 これかみけんするまつりものしゅるいしめすものなり
問 じゃうあさゆふたうほかふだんしんこころべきおしへなんぞや
答 このほかしんまいにちみていちじわするべからざるものありけうくわいの十二たんしんけいならびじっかいこれなり