枕草子 (Wikisource)/第八段

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

慶び奏するこそ、をかしけれ。うしろをまかせて、御前の方に向かひて立てるを、拝し、舞踏し、さわぐよ。