枕草子 (Wikisource)/第七段

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

正月一日・三月三日は、いとうららかなる。五月五日は、曇りくらしたる。七月七日は、曇りくらして、夕方は晴れたる空に、月いと明く、星の数も見えたる。九月九日は、暁がたより雨すこし降りて、菊の露もこちたく、覆ひたる綿などもいたく濡れ、移しの香も持てはやされて。つとめてはやみにたれど、なほ曇りて、ややもせば降りたちぬべく見えたるもをかし。