枕草子 (Wikisource)/第九段

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

内裏の東をば、北の陣と言ふ。梨の木のはるかに高きを、「いく尋あらむ」など言ふ。権中将、「もとよりうち切りて、定澄僧都の枝扇にせばや」とのたまひしを、山階寺の別当になりて、慶び申す日、近衛司にてこの君の出でたまへるに、高きけいしをさへ履きたれば、ゆゆしう高し。出でぬる後に、「など、その枝扇をば持たせたまはぬ」と言へば、「もの忘れせぬ」と、笑ひたまふ。「定澄僧都に袿なし。すくせ君に衵なし」と言ひけむ人こそ、をかしけれ。