作者:清少納言

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: せ 清少納言
(康保3(966)頃 - 万寿2(1025)頃)
清少納言(せいしょうなごん)は、平安時代の女流作家。随筆「枕草子」を記した。清原元輔の晩年の娘。曽祖父(系譜によっては祖父)は清原深養父。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人に数えられ、42首の家集『清少納言集』が伝わる。『後拾遺和歌集』以下、勅撰和歌集に15首入集。— ウィキペディア日本語版清少納言」より。
清少納言

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。