新約聖書譬喩略解/第四 酵種の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第四 ぱんたねたとへ[編集]

馬太十三章三十三節 路加十三章二十一節

またたとへかれかたりけるはてんこくぱんたねごとおんなこれをさんうちかくせばことごとふくれいだすなり

またいひけるはわれかみくになにたとへんやぱんたねごとおんなこれをとりさんうちかくせばことごとふくれいだすなり

〔註〕このたとへからしたねたとへおなじくかみくにてうだいなることをとけり しかれどもてうふくにあらず そのこころこまかさつするにかみでうにはかみくにおほひなるにいたるはほかあらはれたるうへにていへり ここにいふかみくにおほひなるにいたるはうちかくれたるをいへり またそのうへひとつのいへてけうくわいじんかみくにのためにちからつくすべきことをとけかみでうたねまきをいへるははたはたらきにておとこわざとなせり ぱんたねるといふはかってもとはたらきにておなごつとめつくすことなり イエスみちはじめてつたはり十二でしほかにはただ五六にんおんなありてつかへり〔路加八章三節ポーロとほきところきてでんだうせしまた五六はいおんなプリッキラにゆくものポーロともつとめふくいんひろめしなり〔腓立比四章三節イエスみちしきおこなはるるにおよびてはおとこおんなおのおのしょくをなせり おとこゆきおとこおしおんなゆきおんなおしちからつくしてしゅつかふべし かのぱんたねせうふくれいだしやすくたねりたるぱんおほくなかまじゆるときはたねなきぱんへんじてたねせいしつおなじふせしめたり このところほかにもせいしょぱんたねたとへとなせどもたいていあくこんあらはるることをせり イエスはりさいたねといへるはいつわりしたまへり〔路加十二章一節〕またポーロなんぢまさにふるたねきよのぞくべしといへるはふるきあくせり〔哥林多前五章六節八節たねりてあくたとゆるはいかにといふにそのあじかはりてしやううしなかつうきふくれたるをて人のおごりほこるたればなり しかるにそのしやうふくれいだしまたへんくわするときはぜんにもたとゆべきなり ここにたねかりてんこくたくらぶるはぜんきていへるなり ふくいんせいだうはよくひとこころくわふうぞくうつしあらたむることポーロきりすとにあるものはあらたつくひととなりふるきものすでにさりみなあたらしきをなせりと〔哥林多後五章十八節〕いへるがごとひとすですくひぬしめぐみをそのこころるときはこのところことおもところじやうおよびゆきするところひとのぞところさいわひみなふだんことなることあり これこころかはところなり つねしゅめぐみよりいのりうまざればぜんとくひびしそのやくそくあつくしんぜばかならずよくぞくやぶれのがれてともかみせいあづかるべし〔彼得後書一章十四節イエスみちおこなはるるところくにぐにいたづらけうくわいまふくるにあらず ひとびとしんしたがひいつとなくうつりあらたまりてせいけうえきけいばつもかむしひとむごきとりたてむかしむさぼりにおなじからざるやうになりいまみちことごとくはあわざることありといへどそのまつりごとはただしくあきらかになりてだいによくおさまれり またびやういんまふがくかうおほひらきまづしきたみほどこかたわあはれたからすてちからいだしすべておのれおしひとにおよぼさんことをねがへり ひとびとろんひびおほやけすすひとびとこころはますますしたしいわゆるたねぱんうちかくすとはこれらのことをさしてへるなり ここに(おんなとり)といふをるにたねふくれやすきものといへども しかもまたひとためることをるべし さればふくいんみちひろつたはることまったしんだうちからによるといへどもひとおのおのそのちからもちひずしててんかづそのぜんまかすといふべからず(さんぱん)といふにまたせつあり あるひちうとうじんいちにちかてといひ〔創世記十八章六節あるひあまねかいひとはみなノアさんしそんなればさんぱんひとしくふくるといふはこのみつじんしゅのみなしんかうしてしんだうおこなはるることはちうぐわいわかたざるのすといへり あるひさんぱんもつひとこころいのちとのみつさすとせり そのわけひとしきすきこのみしわざとみなふだんことなりポーロなんぢきよくしてかつなんぢこころなんぢいのちなんぢまもことごとわがしゅイエスきりすとのきたらんときとがなからしめよといへるごときなりと〔テサロニケ前書五章三十三節まへせつはいづれもさんあかしてたしかなりといへり そのせつつうぜりといへどもしかもさんなづみてしかいへるにぎずただひとしくたねふくるるをたとへかんやうとなすべきなり ふくいんせいだうあまねおこなはれてとどこほることなきときはなかひとこころとをろんぜずひとしくそのふうあらためそのせいしつきうぜんぞくみなともにこれあらたなりふがごときなり われこのたとへよむものはすこしのたねのすべてのぱんふくらすことをわがけうくわいただこのにんにてあくぞくあらたむることをんやとみづかうたがひおこさずくわいないみなこころいつにしてイエスつとめおこなつしんだうあらはさばかみさいわひかふむかならずよくおほひけうくわいもんひらくべし またわれさいぜうはなはよわければてんなみかんただすことをずとうたがふことなかれ ちからつくこころつくまことかみいのらばちえひびまされてよきおこなひあらはかならおほくひとしんかうをなさしむべし なんぢひかりまさにひとまへかがやかすべし かれなんぢよきおこなひさかへなんぢてんにいますちちするをいたすべしと〔馬太五章十六節わがしゅたまへるがごときなり