新約聖書譬喩略解/第三 芥子の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第三 からしたねたとへ[編集]

馬太十三章三十一節より三十二節 馬可四章三十節より三十二節 路加十三章十八節十九節

またたとへかれしめしていひけるはてんこくからしたねごとひとこれとりはたまけよろづたねよりちいさけれどもそだちてはほかくさよりおほひにしてそらとりきたりてそのえだやどるほどのとなるなり

またいひけるはかみくになにくらなにたとへこれたとへひとつぶからしたねごとこれまくときはよろづたねよりもちいさけれどすでまきはへいづればよろづさいよりはおほきかつおほひなるえだいだしてそらとりそのかげすむほどにおよぶなり

〔註〕このたとへそのことばみじかしといへどいみはなはながすくひぬししんだうりうこうすることをあらはしかならすくなきをおほきをおほきにせうよりだいにいたるをさとせるなり わがしゅはつねにひともくぜんさとりやすきことたとへとしておしへとけユダヤからしをよくさんすることおほくしてかつそのくさたちおほひなることはひとのよくれるところなり そのたねこくたねくらぶればなほちいさしいへどそのそだちにおよびてはおほひなるえだいだよろづやさいよりもおほひにしてあたかごとくなり またこのたねせうなりといへどそのあじいたつからあるひとおもへらくすくひぬしのこのたとへしんだうはじめははなはなりといへどもかくべつちからあればしんによらざるよのつねおしへとはくらぶべきにあらず ゆへからしたねこれたとふるはもとよりそのちなみなきにあらずと すくひぬしこのあらんもらざれどもしばらくこのせつていぞくすべし さてふくいんのはじめておこりしはたいこくよりおこりたるにあらずまたがくしゃたちつたふるにもあらず せうこくよりいでこれのぶるものはみながくもんなきものなり すくひぬしほんらいいたつたうとくましませどもくだりいませるそのさまをればいかにもひんせんひとなり そのでしもはじめはみないなかおろかなるものにてたっときみがらおよびよきがくしゃともがらとてはたへてすくなし ゆへポーロコリントじんおくしょけうだいなんぢめさるるをにくよるしゃおほからずちからあるものおほからずたっときものおほからずといへり またかみくにてうだいいたりてはそのふたつありひとつにありひとつひとこころにあり かみくにはこのおひてはじめはイエスひとりなりのちじふにんでしおさイエスりたまふときにいたりてやうやひゃくにんしんじゃなりしがそののちにはいくばくもあらずしていちにちうちにバッテスマをうけけうくわいものさんぜんにんいたれり またいくばなふしてしんかうするものおほむねせんにんなり またいくばふしてユダヤこくよりあまねしょこくつたはいまにいたりてはしんじゃおくてうのみにあらずせいしょほんやくとうもひゃくこくことばにおよべりかつくにぐにそくもみなふるきをすててあたらしきにしたがひせいしょえきうくることすくなからずまたくにぐにひときたりてけうくわいふくいんなぐさめをることてうあつまりきたりてからしえだみそのかげをうくるがごときなり とうおしへおこなはるることじつせいだいおよびたればこのうへかならのちのちばんこくばんみんあはせてぐうざうそんしんしてすくひぬししんぷくせざるやからもみなくひあらためておなじくしんにしたがひふくいんうけいわゆるこのくわいくにわれしゅおよびしゅきりすとものとなりきりすとよよかぎりなしといふにいたるべし〔黙示録十一章十五節〕○かみくにひとこころにありといふことははじいつしんあるひいっせつせいしょかうずるをききてこころうちにたちまちさとひとつぶからしたねまかれてかくれたるがごとのちのちせいだうをたづねちえひびにひらけついイエスまことでしとなりしんちうじうぶんせいれいめぐみかずかずとくかうみなそなはるにいたましてそのせいれいえきなばこころのうちいけるみづつねながいだかならにんをよくけうくんしててんめぐみうるほふことをせしめからしたねおほひそだちてうおほひそのすみかをえせしむるがごときなり ただかみくにひとこころにありといふせつおほくこのによりてとくこととなせり あるひイエスこころのうちにおひてかぬるところとなすせつもあれどかみくににありとするをたしかなるせつとなせり○おほひになりてとりすむとふたとへもとイエスよりはじまるにあらず イエスくだりたまはざるぜんきうやくしょにおひてすでにこのたとへあり〔以西結十七章二十三節 三十一章三節 但以利四章二十一節〕しかれどもきうやくくににたくらべひとくにしていへり イエスたとへたまふところてんこくせり すべてイエスけうくわいぞくするものはかならはじめはなりといへどだんだんさかんなることなればくわいないひとびとつねねっしんしてたがひただしめそのあじはなはからきをきらひてしんかううすくしほあじうしなふがごとくなるべからず このたとへこころていねいわれなぐさめたまへるなり まへふたつたとへでしでんだうのいまだむすぶことをえずしてけうくわいもまたまきさまたげあることをいましめたまへり しかるにしんだうはもとやぶることならぬたねにてひとたびよきちあはかならほきたちときずしてさかんなるにおよべり すでけうくわいなすおよびてはかみくににちにちさかんになりまきこれをたわめんとすれどもけつしてすくひぬしたいけんかつことあたはず のちのちつたへてかならあまねかいいつこくもそのめぐみうるほはざることなくひとりそのかげおほはれざるなし われこのたとへをききてしんちうなぐさめいかにぞや