新約聖書譬喩略解/第五 畑の宝に遇ふ譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第五 はたたからたとへ[編集]

馬太十三章四十四節

またてんこくはたかくしたるたからごとひといださこれかくよろこかへりそのもちものことごとりてそのはたかふなり

〔註〕 このたとへこころらんせいあひたからいだくことならざればはたうちうづめおきしがひさしふしてつひにそのうづめしところうしなひそのひとすでにするにおよびていよいひとるものなかりしがたまたまのうはたたがやさんとてこれきいだせることあるかあるひあめかぜはたくづるることありてうづめありしたからすこしくあらわれしをむらびとはたうちゆきするときふとこころなくこれをいださばかならずひそかにかくしてひといわどろおほかくおそらくははたあるじこれさとらばさだめておのれものとなさんにわがいだしたりとてもしあらはにゆきらばかならかれあらそひおこさんとゆへにひそかによろこびてわがかへさんうりてこのはたわがものとなしてそのときこころに任せてこのたかららばまたこのきづかひなしとせり○このたとへかみすべてたとへとはあひつらなりたりといへどもまたすこしくわかちありかみすべてたとへうみほとりおひてあまたのひとびときたまへり このたとへにおひてはしょにんちらせしのちいへに入りでしのみときたまへるたとへにて〔本章三十六節〕かみすべてたとへしんだうにちにちさかんなることをときたまひすべてのひとためにかかわりたるしんしめしたまへり このたとへてんごくさいわひをいかにしてめいめいいつこんといふわけときたまひ おもにでしためせつようなるたとへなり (はた)はあるひとせいしょすとせり そのこころひとつねせいしょよませいれいそのこころくわんくわかれをしてせいしょおくさとらしめてんちちこうおんてよくイエスきえしかぎりなきさいわひのぞましむることのうにちにちはたたがやあるときたちまちよきたからほりいだせしがごときなりといへり またあるひとはたもろもろしんじゃすとせり そのこころしんきくひとたがひじじゆきあつまりててんちちはいあんそくにちまもふとイエスきりすとすなわちてんぜうまことかみにんげんすくひぬしなることをさとりいつしんらいあつしんかうしてさらうたがはざるはむらびとひびはたゆきせしにふとたからあらわいでたるをしがごときなりといへるなり すべてひといちせいれいくわんくわかふむればそのこころかならずイエスよきたからとなせり ゆへペテロなんぢしんじゃおひかれたからとなるといへり〔彼得前書二章七節それてんちちめぐみもとあたへなくしてほどこしたまへり われもまたもとあたへなくしてこれうけり しかるにイエスかへつてそのもちものうりへといひたまへるはわれすでにそのたからたるをらばことごとなかふうにんげんほまれしたしみふだんほこところぜんこうとをすててしかるのちすくひぬしいさをたまふなり またてんごくたまもののぞむべきなり イエスそのじふじかはずしてわれしたがふものはわがでしとなることあたはず ことごともちものすてずんばわがでしとなることあたはずといひたまへり〔路加十四章十六節ポーロまたいはわれさきにえきとなるところのことはきりすとによりてそんありとおもへり しかのみならずれわがしゅイエスるをもっとまされることとするがゆへすべてのものそんとなす かれのためにこれのすべてのものそんせしかどこれをふんごとくおもへりと〔腓立比書三章七節〕このたとへに(いださばこれかく)とあり もしわたくしこころありてことごとおのれんとはかひとわかつほっせざるはふくいんはざるにたりふくいんひろひとつたへておのれかくすべからず しかるにこまかかんがふるときはふくいんはざることなし イエスかくすといひたまへるはそのはじふくいんをききてしんちゅうよろこぶのときせり いつせうかくしてひとにはらしめざるをいふにあらず ひとしんだうあつしんぜばかならずまづいつこてしかるのちにんほどこすべきなり