新約聖書譬喩略解/第十 二子の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十 ふたりのこたとへ[編集]

馬太二十一章二十八節より三十三節

なんぢいかにおもふやあるひとふたりありしがあにきたりいひけるはけふわがぶだうえんゆきはたらこたへいないひしがのちくひゆきたり またおととにもまへごといひければこたへきみわれゆくべしといひしがつひゆかざりきこのふたりのものいづれちちむねしたがひし かれいひけるはあになり イエスかれいひけるはまことなんぢつげみつぎとりおよびあそびめなんぢよりさきかみくにるべし

〔註〕イエスここにみつたとへまふけがくしゃとしよりなどにそのくひあらためうけがはしんしんぜざるつみとききかしめり みつたとへうちはじめたとへはまづつみかろきものをあげきたまへり がくしゃはりさいともがらいふのみにしておこなはざれば〔馬太二十三章三節これめらるるなり そのいみひとふたしなわかひとつみづかおのれぜんたのむものひとつあらはあくをなすものなり まへひとつがくしゃなどのうはべにはれいかざくにおきてまたはむらざとれいをばおかさざれどもそのあくみなこころうちかくれてつねめだたずつみおかひとこれらしめざればたふとまじぶんもまたつみなしとせり のちひとつみつぎとりへいそつむらあぶれものなどばくちをなしさけこのもくよくほしひままにしゆうこのみせめぎたたかひさまざまのあくをなしてにくまれたればみづかそのしきことをれり このふたつひとそとよりればひとりぜんひとりあくといふにたれどもそのじつはみなあくにんなり そのあくほかあらはれたるものはひきめぐらすことかへつてやすけれどもあくこころかくれたるものはすくひただすこともっとかたし そはあくあとあらはざればおのれもそのあくおぼへずひともまたむべきなければなり ゆえぜんへいあらはあくをなすものにくらぶればもっともはなはだし たとへばやまひあるもののごとそのびやうどくすでにあらはるればそのやまひいえがたきことなし どくうちかくれたるはかならざうやぶいのちたもちがたし このゆへひとおのれあやまちらざるはおほひなるあやまちなり おのれあくわするるはまことあくなり ここにたとへたまふふたりひとりちちめいさかふといへどのちにはくゆこころあり ひとりちちことばしたがへどもついにそのことおこなはず これおすによくちちむねしたがふはかうたれどもまのあたりことかうとはさだめがたし われイエスでしなればひとびとまへくひあらたてんふくするにあらず もとよりてんごくれうみんなればかならかみむねしたがてんよろこびべきなり かみむねわれじっかいただしくまもきりすとよらしむることなればわれそのおしへたしかしたがふべし もしそのやくそくふまざればこのおととことなることなし イエスがくしゃともがらわれまことになんぢみつぎとりあそびめなんぢさきだちかみくにすすまんといひたまへり みつぎとりあそびめとはおほじぶんあくりたればそのあやまちあらたやすこれあにさきちちめいさかへどものちにはそのあやまちくゆるとおながくしゃともがらみづかとなせどもめうもくのみにしてそのじつおこなひなし ヨハネただしきみちひとおしへしかどもがくしゃともがらなほこれしんぜずみつぎとりあそびめとみなイエスみちしんずるをイエスみちのよくあくくわぜんうつることはくはしくりたれどもみづからおごりたかぶりたればこのみつぎとりあそびめともがらかたならぶることをいさぎよしとせざればそのおしへしんぜざるなり ゆへイエスそのすでときおくれたるになほいまだくひあらためしんぜざるをたまひてかれたとかみくにすすむことをるともかならみつぎとりあくにんしりへにあらんといひたまへり イエスこのことばるにがくしゃともがらかならかみくにすすむことはざるといふにあらず もしへりくだりじぶんつみぜんいたくひあらたむるときはてんごくさかへるべし おごりたかぶることもとごとくにしてみつぎとりあそびめしりへしたがはざればおそらくはてんごくがたきことらくだはりのめどうがつごときなり イエスすなはちみちなりわれによりてすすまばてんごくらんといひたまへり さればあらはかみいましめおかみつぎとりあそびめごときもおごりたかぶることがくしゃともがらごときもみなイエスしたがつつみゆるしもとむべし イエスほかてんひとうちわれよりたのみすくはるべきたまはざればなりとせいしょことばまことにしんずべきなり