新約聖書譬喩略解/第九 園の主雇銭を給ふの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第九 はたけあるじやとひしろあてがふのたとへ[編集]

馬太二十章一節より十六節

それてんこくあさはやいでぶだうばたけはたらくものやとあるじごとはたらくものにはいちにちぎんいちまいあたへんとやくそくをなしかれぶだうばたけゆけさうたうあたへあたへんとかれいひければすなはちゆけまたじふにじさんごろいでまへごとくなせまたほかたてものあふいひけるはなにゆへひねもすここむなしたつこれこたへいひけるはわれやとものなきりてなり かれいひけるはなんぢぶだうばたけゆけさうたうあたひべし くるときぶだうばたけあるじそのばんとういひけるはほねをりたるものどもよんのちやとへるものはじめとしさきものまであたひたまへよ ごじごろやとはれしものどもきたりぎんいちまいづつをうけたり さきものどもきたりわれおほくうくるならんとおもひしにまたぎんいちまいづつをうく これうけあるじうらみつぶやけるはこののちのものほねをりたるはいちばかりなるにひねもすくるしみおひあつさあたわれひとしこれをなせり あるじそのひとりこたへいひけるはともわれなんぢにふぎをせず なんぢぎんいちまいやくそくをなしたるにあらずやなんぢのものをとりゆけ われまたこののちのものにもなんぢごとあたふべし わがものわがおもふごとなすよからずや わがよきよりなんぢあしきかかくごとのちものさきさきもののちになるべし それよばるるものおほしといへどえらばるるものすくなし

〔註〕このたとへにはかずかずときあかしあれどもそのまことこころんとするにかみぶんつまびらかればこのたとへときたまひしゆへるべし このたとへかみたとへとはペテロこたへたまふことばよりおこれり ペテロとめるひとてんごくがたしといひたまひしをききわれいっさいすてなんぢしたがへばなにんとすとへり ペテロこのことばみづからほこるにわたれり おのれかくのごとよきおこなひあればもとよりさいわひべしとみづかおもひしなり ゆへすくひぬしこのたとへまふけひとびときたまふはてんごくさいわひるはかみめぐみにしておのれのよきいさほによりてそのさいわひるにあらざればみづかほこるにらずと このたとへむねろうませういつせつよりせつまでのこころおなかみせうイエスわれしたがふものはかならおほひなるほうびんといへり しかるにまことかみめぐみさきなるもののちとなりのちなるものさきとなることありていさをろんじてほうびおこなひたまふにあらざるなり イエスつねめのまへなれしものをたとへまふけたまへり ゆへにここにまたぶだうばたけたとへとなせり ユダヤにはおほぶだうさんせり ゆへところのひとぶだううゆるなりわひとなしひごとにそのはたらきてあたひしらべたり ゆへイエスこれかりたとへとしたまふなり そのこころあるじてんたくらべり およおしへるものはみなてんまねきかふむるものなればはたけあるじひとまねきてしごとをなさしむるにたり よはねふくいんわれつかはせしちちもしひかざればひとよくわれつけるなしとあり またかれみなおしへかみうけんといへり〔約翰六章四十四節四十五節かみしんひとまねきたまへどもひとしばしばこれふせぎてしたがはざれどもそのまねきにしたがふものにはかみよりせいれいたまはりてそのこころひらきたまへり されどもこれおのれちからにてふさがりをひらきぜんむかふとおもふべからず イエスでしとなりしゆへなりとるべきなり はたけのあるじまねきしひとわかちふたつとなす はじめまねところのものはやとひしろをとりきめてはたらきをなせりあとまねところのものはこころあるじおほやけなるをしんずればあるじあてがひせうまかせてぶんのぞみなしなかばあたへればれりとせり しかるにはたのあるじこれぶんやとひしろあたへひねもすはたらきしものおなじふせり(まち)とはなかせりてんひとつくりたまふはもとおのおのひとをしてかみはたらきをなししゅかはりてそのちからいたさしめんためなり ひともしにくしんことかへりみてまことみちのためにちからいださざればてんめぐみうることあたはず これまちむなしたつものとことなることなし このやとひびとむなしたっはたらきをせざるはひとやとふものなきゆへなり わざとさるときすえまでもむなしたつにあらざるなり ひとふくいんくのときなくしてついばんねんいたりてしんかうするがごとし これをかりはやくよりくひあらたむるにおよばずをさるにちかづきてしんかうするもいまだおそからずといふべからず さてこのあひふたつわかちるべし ひとつまねきをうけはたらくときにしていませり ひとつあたひたまふときにしてのちせり ひとこのにありていとけなきよりふくいんきくものありおひいたりはじめふくいんくものあり またつとけうくわいものありおそけうくわいるものあり されどもてんよりめぐみほどこしたまふはかれこれわかつなし てんひとたまふはただそのひとがらよしあしたまひそのはたらきのせうはかりたまふにあらずゆへたまところほうびはいづれもめいめいおなじきにたり もしはたらくときいへそのほうびおのおのことなることあるべし しかるにあしたよりはたらくものかへつそのほうびすくなくしてさるときよりはたらくものそのほうびおほひなりてんごくたまものもまたかくごとしんじゃはおのおのてんごくたまものをうるよりほかなしといへどてんごくさいわひはまたしだいあることなり(ばんたう)とはイエスみづかおのれさしたまへり せいしょちちたれをもさばかずすべてゆだねりといへり〔ヨハネ福音五章二十二節〕(うらみつぶやくひと)はうたがふらくはすくひざるものをすといへり こまかにそのこころさっするにしからずイエスひとびとみなおのれひとくらぶるのこころあるをうれへたまひかくはなすべからずとさとしたまへるなり ひとびとてんのためにはたらきをなさばかならずそのたまものをばうしなはざれどもはたらきしろくらぶるものはそのたまものすくなくただこころてんじひたのむものはそのたまものおほひなり(さきなるもののちとなる)とはけうくわいぼくけうあるひたっするものあるひとめるものこれひとてんかはりちからいだせどもてんごくにありてはかならおほひなるほうびるとはなしがたし(のちなるものさきとなる)とはけうくわいいとけなきものかふあるひうまれつきおろかなるものあるひもっとまづしきものをせりこれひとはみなそのこころへりくだりてんときとしてはかへつてんごくおほひなるさかへおることあり われつねしゅのためにちからいだことつとこころてんごくのぞみていさみすすみしゅつかふまつるほねおりてんぜうかんむりをかがやかさんとするときはてんごくにおひてとうのものとなさるるなり ただわれはたらきてんこうおんこたひびそのじょりてこころつくちからつくてんよりめいぜらるるほどおこなたまものせういたりてはてんはからひまかせなばてんごくおひかならたかくあがらるることをべきなり てんわれはたらきせうたまひてこれろんじたまふにあらずただそのこころなにゆへしゅのためにかくつとむるかんがみたまへり おのれいさをたのみにおもふはひとびとおかやすきことなればわれかならこれつつしいましむべし ひとたびこのついへおちいるときはいつせうほねおるともそのほうびまことわづかにしてかへつのちのものおのれかみることあらん おしむべきことならずや