新約聖書譬喩略解/第十一 悪農夫の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十一 あしきのうたとへ[編集]

馬太二十一章三十三節より四十四節 馬可十二章一節より十一節 路加二十章九節より十八節

またひとつたとへけ あるいへあるじぶだうばたけつくかきめぐらしそのうちさかぶねをほりものみたてのうかしほかくにゆきしがみのりどきちかづきければそのおさめためしもべのうのもとにつかはせり のうどもそのしもべとらひとりころひとりいしにてうてり またほかしもべまへよりもおほつかはしけるにこれにもまへごとくなせり わがうやまふならんといひついそのつかはしヽにのうそのたがいいひけるはあとつぎなりいでこれをころしてそのしんだいをもとるべしと すなわこれとらぶだうばたけよりおひいだしてころせり されぶだうばたけあるじきたらんときにこののうなになすべき かれイエスいひけるはこれあくにんいたうちほろぼときおよんでそのおさむほかのうぶだうばたけかしあたふべし イエスかれいひけるはせいしょいへつくりすてたるいしいへすみかしらいしとなれり これしゅなしたまへることにしてわれふしぎとするところなりとしるされしをいまよまざる このゆへわれなんぢらにげん かみくになんぢよりうばひそのむすたみあたへらるべし このいしうへおつるものはやぶれこのいしうへおつればそのものくだかるべし

〔註〕イエスすでにかみたとへときたまふにおのおのくひあらたむこころなきをたまひしゆへかみたとへぎてまたひとつたとへまふけがくしゃはりさいともがらめたまふことはなはおもくそのこころざいあくあらはしたまへり ゆへなんぢまたひとつたとへけといひたまへり ぶだうばたけかみたみこのにあるものをすなわちユダヤびといへぶだうユダヤさんにてげんじゃこれたとへとなせしことありいざやしょエホバぶだうばたけはすなわちイスラエルいへそのよろこところうへものすなわちユダヤびとなりといへり〔以賽亜五章一節より七節〕がくしゃはりさいともがらはすでにひさしくこれききなれしなり ただいざやしょにはぶだうよきむすばずといへるはすべてユダヤびとせむるなり さてイエスこのたとへかりさらにまたひとつすすめたまひのうあくいへるもっぱらにがくしゃとしよりせめたまふなり ほうおひまことかみらざるはのべにただくさせうじてやさいくだものせうぜざるがごとユダヤひとかみひいきにあづかりたればのべにはおなじからず ゆへイエスぶだうばたけこれたくらべたまへり(いへあるじぶだうばたけうゆ)といふこのいへあるじまことかみせり むかしかみにはモーセ アロンかりたまひてユダヤたみたてくにとなしたまへり ゆへうゆるといへるなり いぢぷとをいづるなんぢまさにかれみちびかんとす なんぢやまなりはひいりこれうゆるといへるは〔出埃及記十五章十六節またこのこころなり(めぐらすまがきてす)とはかみよりかつれいめいおきてまもらしめたまひてユダヤほうこんらんせざらしめたまふのこころなり ゆへモーセよそのたみひとりおらんとせり かならしょこくうちにはすべられずといへり〔數記二十三章九節ポーロ イエスのことをかたりけるはひとおしゆるにユダヤかつれいしょれいとをまもることをもちひたまはずとなり またかれすなわちわれやはらぎなり へだつところまがきこぼちふたつものひとつとなさしめたまへりといへり〔エペソ書二章十四節〕(さかぶね)とはぶだうをとりているところのためなり(ものみたつ)とはとほくのぞぬすびとまたはけものがいふせぐなり はたけうちかやうにひとつとしてようととのはざることなきをまことかみユダヤびとほごすることひとつとしてかくることなきにたくらべたまへり このたとへあがりとりのうすといふはいへあるじことごとようそなはりたるぶだうばたけのうせしはあたへなくしてこれかしあたふるにあらず かならずそのあがりとりいるるはなほまことかみよりおのおのしょくおよびそのほかめぐみひとあたへたまひひとかならまことかみつかへんことをもとむいかあひだつとめおのれしごとはたらだいなぬかにはもっぱらてんつかわれじふぶんいちいたしてつねよきむすばしめんとするがごときなり(ほかくにゆく)といふはてんごくあひへだたてんひとこころへだたることをせり あるせつにははじめのときにはてんモーセあらはおきてさづユダヤひとおしへたまひそののちまたげんじゃよっひとびといましめられしよりまたあらはれたまはざるはこのいへあるじほかのくにゆきしとたりといへり このせつもまたつうぜり(のうかたつかはしもべ)はむかしよりげんじゃならびにけうせり せいしょつかはさるるものせうすこれなり のうしもべあしらふことだんだんわるさはなはだし このところろかするところまたいくらぶればそのときあかしほぼつまびらかなり はじめこれをしていたづらかへさしめそのつぎたふしてかつこれはづかしめまたきずつけてこれへりとこのときあかしまあくのすところもっとつまびらかなり いしなげてそのくびきずつけはなはだしきはころさるるものそのうちにありとこれみなユダヤびとげんじゃたちあしあしらへるせり ゆへイエスいひたまひけるはエルサレムエルサレムげんじゃころつかはさるるものいしにてうつものよわれめんどりひよこつばさしたあつむるがごとなんぢこどもあつめんとせしこといくたびぞや されどこのまざりきと〔馬太二十三章三十七節ステパノまたいわいづれのげんじゃをか なやまさざりしかれただしきもののきたらんことをあらかじかたりしものをころなんぢらはいまそのただしきものわたかつこれころすものとなれり〔使徒行傳七章五十二節あるじなほひとりあいあり ついにまたこれつかはしおもへらくかれかならわがうやまはんと しかるにのうどもあいかたりいはくこれあとつぎなり きたりこれころはたけなりわひはみなわれせんと ついとらへこれころしそのしかばねはたけそとすてこのあい)はイエスせり げんじゃイエスとはてんよりこれつかはしたまふものなり ただげんじゃひとなり ゆへしもべとなへり イエスかみとはどうたいなりゆへとなへり さればイエスげんじゃおよびせいけんとはことなることをるべし せいしょかみむかしおほくわかちをなしおほくてだてをもてげんじゃによりせんぞたちつげたまひしがこのよのすへにはそのよっわれつげたまへり かみかれたてよろづのものよつぎとしかつかれをもろもろかいつくりたりといへり〔ひぶらい一章二節〕(ころしてそのなりわいるべし)といふはがくしゃてうろうひとびととなしかれけんありてひやくせうしはいせり いまイエスまことのみちつたふるをひやくせうこころイエスよせおのれたちはそのけんうしなはんことをおそるるがゆへこころねたみいだきイエスころさんとなせり ゆへせいしょねたみによりてイエスわたせりといへり(ぶだうばたけよりおひいだしてこれころ)とはのちのちユダヤびとイエスみやこそところすことをせり ひぶらいしょもんそとくるしみうくるとはこれいへるなり〔十三章十二節イエスひとびととふて(ぶだうばたけあるじきたらんときこののうなにすべきやかれいひけるはこれあくにんいたうちほろぼときおよびそのおさむほかのうぶだうばたけすべし)とはこれじぶんれうしんよりこたふるものなり ろかでんきくひとことばしるして(かやうのことはねがはざるなり)とはこれがくしゃてうろうたちほぼイエスことばくみとりユダヤほろびんとするをれるゆへにこのことばいだせるなり このれうせつこころかみさとしユダヤびとゆだねたまひしかども そのめいたがへるによりてのちこれほろぼしてしんほうつたへたまふことをいへるなり イエスへん一百十八しゅことばかりユダヤびとめたまひせいしょいへつくりすついしいへすみかしらいしとなれりとたとへところのことはおなじからざれどもそのいみふたつかかれり(いへつくりいしすつ)はがくしゃてうろうたちイエスあなどりしんぜざることをイエスこのたとへかりたまふゆえんはまへあいころされたるはまたいきることならず いしまへすてらるるとものちついいへせり これイエスひとすてらるるともひとイエスよらざればすくはるることをざるはいへたつるにこのいしもちひざればかたどだいたつることあたはざるがごときなり(このいしうへおつるものはやぶ)とはユダヤびとイエスてきたいせんとすれどもイエスそんなくしてじぶんれいこんがいすくひざるにたくらべり(このいしうへおつればそのものくだかるべし)とはがくしゃてうろうイエスにくみてころさんとせしがイエスのちのちかならおほいなるけんをとりてひとさばきたまふにこのイエスそこなはんとするこころいよいふかきものはそのばつうくまたいよいよおもかならかぎりなきけいしづみていづることをがたきにたとへさいおさたちはりさいたちとこのたとへききおのれたちさしいひたまへることをれどもひとびとおそれついそのままにこのたちれり さてこのたとへはもとユダヤびとげんじゃはづかしイエスしんぜずしてころさんとせしゆへにそのくにほろぼされんとすることをさしいひたまへることなれどもいまおいかんがふるにただユダヤくにのみをしかりとするにあらずひとびとまたかくごとくならん げんざいいまてんけうしょこくつかはされふくいんつたひとくひあらためてイエスしんずることをおしへたまへどもけうことばむなしくすてイエスよりたのまあるひイエスてきになるものはまたかならユダヤこくほろぼさるるがごとれいこんながすくはれざるなり