新約聖書譬喩略解/第十八 夜半に餅を借るの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十八 よなかぱんるのたとへ[編集]

路加十一章五節より八節

またかれいひけるはなんぢうちもしあるひとよなかそのともゆきともわがともだちたびよりきたりしにそなふべきものなきゆえみつのぱんをかせよといわんにうちおるものこたへわれわづらはすなかもはもんわれともこどもらとこあれたつあたふることあたはずといふものあらんかわれなんぢつげそのともなるによりておきあたふるにあらずひたすらこふゆへそのもとめしたがたつあたふべし

〔註〕このたとへでしうちにいかなるいのりおしへたまふやととへるによりてイエスかれいのりぶんおしへたまひ またかやうにこころもちひばそのいのりえきあることをおしへたまへるなり けだいのりはそのこころねんごろもちひてよくそのしるしべきことなればわけたとへまうけときたまへるなり このたとへるかじふはちせうふぎなるさばきにんたとへたり いづれもいのりねんごろになすべきことをときたまへることなれどもそのうちまたわかちありてふぎさばきにんたとへおほやけらんことをもとこのたとへめぐみほどこさんことをもとむ またふぎさばきにんたとへおのれのためにもとこのたとへにんためもとむるなり ユダヤひときはめあつきときあたりてはおほくすずしきまちみちをなせりかつはたごやいたつすくなければおほむねともだちいへつきやどるものおほし たまたまいへしょくもつたくわへなきにおりあしくともやどることはふだんなり このときよなかなればゆきかふことならざればとなりにゆきかりもとめてそのとぼしきそなへざることをざるなり このたとへほんは(となり)とはまことかみし(たびしてきたひと)とはにんし(ともかはりしょくもつもとむ)はわれひとかはりいのりをなすことをなかひともとむることありてもそのもとめゆるさざるはあるひはそのわづらはしさをきらへるにり それはここわれわづらはすなかれこどもらわれとこにありといふとおなあるひはそのときおくれてあはざるをきらへるによりていなむことあり それはここにもんすでにとぢたりといへるにおなもとむることねんごろなるによりてつひかれゆるせるはわれねんごろなることかれいなむにうちかちしゆへやむつとめてそのもとめしたがふなり てんもときによりてはわれもとむることをゆるしたまはざることあるはひとことなることなきににたれどもそのじつわれなるによれり もとむるところあひしことはてんさらいなみたまふことなし ゆるしたまはざるはまつたわれこころまことなるやいなやこころみたまふなり ケナンおんなイエスにそのむすめいやすことをもとめしがイエスかれこどもらぱんいぬあたふるはいまだからずといひたまへるはときありてゆるしたまはず そのこころこころみたまふあきらかなるしるしなり ひとあいしんうすくしてはじめゆるさざることもつひににはゆるさるべし ましてんじひしゅなればゆるしたまはざることあらんや ゆへイエスこのたとへときおわりたまふのちまたかれかたりたまひてもとむればすなわちたづぬればすなわちもんたたけばすなわちひらかるといへり またおよもとむものうるなりといひたまひしなり いづれのひといづれのことかぎらずそのもとむべきことをもとむれば必ずゆるされざることのなし さればいのりかならねんごろかんやうとなしかならたびたびかんやうとなさばそのゆるしべきなり イエスのここにときたまふことばさんだんわかみるときはこといぎあり(もとむ)とはこころのうちにんことをおもねがのぞむことなり(たづぬ)とはさまざまのてだてあふねがふなり(たた)とはすでにそのところれどもなほへだてあればこえあげとくよびそのうちすすみいらんことをもとむるなり このみつのものはあひよりひとつをもかきかなわざることなり しかればわれいのりはじまことこころこめねんごろに求めつぎてまたてだてまうけじじたづねもとめそのもんたづねたれどもなほへだてあるをしりたらばよびつぐることをむなかるべし ひともんたたきてやまざるがごとくそのひらくまでははんにてやむべからずひたすらそのぜんにまかすことのふかなるをるべきなり このたとへおほむねすべねんごろいのりをなししばらくうまざることをおしへたまへるなり われすでにしんじゃなり すべてんもとめんとすることあらばこのたとへじゅくどくしてふかかんがふべきなり