新約聖書譬喩略解/第十九 愚なる富者の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十九 おろかなるとめるものたとへ[編集]

路加十二章十六節より二十一節

またたとへかれかたりりていひけるはあるとめるひとそのはたよくみのりければみづかおもひいひけるはつくりものおさむところなきをいかにせんまたいひけるはわれかくなさわれくらこぼさらおほひなるをたて すべてつくりものたからそのところおさむべし かくたましひむかたましひねんすぐるほどのおほくたからもちたればあんしんしてくひのみたのしめよといわんとす しかるにかみこれにいひけるはおろかなるものこんなんぢらがたましひとらるることあるべし しからなんぢそなへものたれものになる およおのれためたからたくはかみつきとまざるものかくごとくなり

〔註〕イエスせんどうしたまふときそこにありあふうちひとりイエスおのれけうだいめいじてしんだいおのれわかちあたへんことをねがひしによりてこのたとへまうけかたりたまへるなり そのしんだいはもとよりおのれのべきものをわかつことなれどもただなかぜうねんしてしんこころうすくかつひとびとみちをきくさまたげとなりしことなればイエスまづこれにむさぼなかれといましめたまへり ひといのちてんみこころにありていんしょくやしなひにあらず たからおほきにもあらざればたくはへあまりありともいのちたもつべきいわれなし イエスこのことさばきたまはざるはここふたつゆへあり ひとつユダヤひとつねイエスさぐりてそのすきまたづとらへんとせり もしイエスすこしたりともよのことあづかることあらばユダヤひとこれうつたけんぶんへてりふしてわうたらんことをのぞむはん ゆへイエスみづからつつしこくことわたりたることはすべなにごとによらずあづかりたまはざるなり ひとつこくおさことさばくせうにてかみこれしはいしたまはざるなり ただひとたましひすくのがれていのちるはしうけうだいにてちからつくしてなすべきことなればひとまことみちかんようなることをしりこれゆるがせになすべからざることをらしめたまへり ゆへいまこふものをなじりたれわれたてなんぢうちさばきにんとなせしやといひたまひてそのひとさとせり これけんことはすでにおさむるにらずしんないことこそすみやかかうずべきことなればこのたとへむさぼるもののじつおろかなることをあらはしたまへるなり○このたとへこころは(あるとめるひとそのはたよくみのりければ)といふはふぎたからといふにあらずすべあきなひしてたからあるひあざむきすかすいづることあり くわんよりるものはあるひむごきとりたてることあり でんみのるいたりてはみなてんたまものにもとづきおほやけならずといふべからず しかれどもそのあしきくせただむさぼるにあり およひとむさぼるこころあるはこんきうによりてむさぼるにあらず またそんまうせしによるにあらず とめるよりますますとみもといよいよむさぼりせうずるなり ソロモンぎんよろこぶものはぎんたれることをらずみのるよろこぶものはみのるたれることをらずといへり〔傳道書五章五節〕まただいがくひとそのなへのおほひなるをしるなしいへり みなここおなじふせりとめるてはひとむさぼるこころとどむることあたはずかへつてそのむさぼるこころましてやまず ろうしょくのぞむはにんぜうたいていしかなりとせり ひとむさぼやまひいやすはただおほひなるそんあるをりやうやくとなすべし かみひとむさぼるこころのぞきたまはんとするときはおほくこのはふいやしたまへり ひとことむなしききつくさとらしむるときはそのやまひいやすべし ましてすでにとめるときはなほそのたからますことをほっせざるもこれほごせんことをおもはばかならおほくねんせうぜり ゆへにこのとめるひとわがさんおさむべきところなしいかにせんといへもしとめるひとをしてらしめばかならこのことばいだすまじきなり そのゆへおさむべきところはなはおほおよよのなかみなしごくちやもめはらおよびひんきうやみくるしむもののいへいづれのところとしてそのさんおさむべからざることなしかつこのとめるひとわたくしこころありてわがものかならとめわがようになさんとおもへりゆへくらこぼちさらおほひなるものをわがたからおさめんとせり この人のあやまりといふはこころうちおもふやうたましひなんぢおほくものありつみたくわへねんようとなしあんぜんとしてのみくひたのしむべきなりとたましひおちつきたのしてうきうなることみなとみによりてべしとそのもくろみまつたそなはしょことごとととのひたればうかうかとしてみづからちえほこれり ぶっさんにくたいやしなふべくもたましひやしなふことあたはず たからたくわふべくおさむべくもとしつきかならたくわへがたくおさめがたきをらずみづからほこりとなせどもかみにはこれおろかとなしたまひかれおろかなるものこんなんぢたましひとらるることあるべしさればなんぢそなへしものはたれものになるやといひたまへり(たましひとらるることあるべし)とはぜんにんするはこころやすんじはなれそのたましひてんわたさんとなせり あくにんするときはつながれこれすつることあたはざれどもてんかならずそのたましいうばひたまへりゆへにとらるることあるべしといへるなり(そなへしものはたれものなるや)とはすでにせしののちはいまもてたからはみなにんものになりそのそんのこすともそんこれたもついなやいまだるべからざるなり ソロモンへることありわがろうすいせりよろこびをなすべからず いとなむところのものはのちおこるのひとのこすもそんおろかとはあらかじめはかりがたし ただわれはそのこころただしくおはるまでくるしみかれこれつかさどれりすべてむなしきぞくせんと〔傳道二章十八節十九節〕さればただたからいとなみてすこしつかはざるはとむともなにえきあらずおろかなることこれよりはなはだしきはなし このおろかなるとめるひとあやまりよつあり ひとつたからのいづれよりきたるといふをおもはざるなり すべひとたからはみなしゅたまところなり しかるにとめるひとおのれのものとなせりゆへわがさんわがくらわがたからといへりまつたしゅめぐみしりかんしゃするこころなし ふたつにはたからしょおもひたがひとすでにとみてはじんあいものおよぼすべきをおのひとりものとなしおほひなるくらたててそのさんおさめんとしまづしきあはれやもめめぐむのこころなし みつにはたからがいぶつにしてたましひえきなきをおもはずひとにわかとむときはしばらやすきおぼゆれどもかへつたからたもつがためにうれひこころそこなふことをまぬかれざるにたからあればこころやすかるべしとなせり よつにはいのちさだまりなくながうけがたきをおもはずせいようじゅかみつかさどるところにしてあきあたたかなるものもすみやかほろうへこごゆるものもなほそんせざることあり しかるにたからあればすなはいのちやしなふべしとなせり これあやまりとめるもののみしかりとせず すべてよのなかひとおほむねかくのごとゆへイエスこのたとへかうじたまふのちひとびといましめおよたからおのれかみつきとまざるものはまたかくごときなりとときたまへり このかみつきとめ)といふはしもさんじふさんせつもてところうりまづしきすくつきざるのたからてんめとあるのこころなり このところかみおのれあいたいしていへひとやまひおのれあるをしりかみあるをらず たからおのれのものなりとかみよりこのよのなかものもつわれわたわれをしてひとわけたまはしむることをらざるなり おのれのものとなさばかみむねそむきさかほかだいあくなしといへどもまたかならかぎりなきほうびうしなふべし かつすくひぬしひともしかいるもそのいのちうしなはばなにえきあらんやといひたまへり〔馬太十六章二十六節たからおのれつむじつおろかいたりにてただわがしゅおしへすててんこくあをのぞみてつねイエスよりわがつみあがなはばきりすとかぎりなきとみたまへり〔以弗所書三章八節しごはなれててんこくさかへのぼることをばそのとみまたいかにとせんやこのとめるひとるにこつぜんとしていのちたゆるときはもろもろたのしみとみへんじていうとなるべし われすることいまだかならずしもあさゆふにあらずといへどあるひおそあるひはやつひいのちつきすることをまぬかれず あらかじようじんせずんばおそらくはまたこのとめるひとあとふますくひぬしわれおしへたまふことかくのごとねんごろなり よむものこころつくすべきなり