新約聖書譬喩略解/第十七 善き撒馬利亜人の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十七 さまりあのひとたとへ[編集]

路加十章三十節より三十七節

イエスこたへいひけるはあるひとエルサレムよりエリコくだるときぬすびとあへぬすびとそのふくはぎとりこれうちたたしぬるばかりになしてさりかかときあるさいこのみちよりくだりしがこれすぐしにしてゆけまたレビひとここいたすすおなじすぎゆけあるサマリアひとたびしてここきたこれあはれちかよりてあぶらさけそのきずそそぎこれをつつみおのれろまにのせはたごやつれゆきかいはうせり つぎのひいづるときぎんまいいだあるじあたへこのひとかいはうせよついへもしまさわれかへりのときなんぢあがなふべしといへしからこのさんにんのうちたれぬすびとあひものとなりなるとなんぢおもふや かれいひけるはそのひとあはれみたるものなり イエスいひけるはなんぢゆきそのごとくせよ

〔註〕イエスなにゆへてこのたとへまうけたまふといふにひとりけうはふありてイエスこころみんとていかにしてかぎりなきいのちべきやとひしにイエスこたへなんぢみしところおきてにはなにとありやとなじりたまひしかばかのけうはふふくでんりつれい六章五節ならびびの十九章十八節ひきこたへり このけうはふおきておひただそのもじにのみじゅくするにあらず そのおくにもあきらかなることるべし ゆへイエスなんぢすでによくれりはたしこれよりおこなはばいきることをうべしなんひとふことをなさんやといひたまへり かのけうはふおのれのとひあることをあらはさんとしてとへるのみにあらずなにおのれのとなりなるかこれらざるによりとへるなり けうはふはそのこころはなはせまあひすることかぎりありておのれのとなりこれあしらおのれのとなりにあらざるはものあしらはじとなせり もろこしひとかならおなじかばねおなじむらのものはたがひしたしあいこくぞくものえんとなしてあいしたしまず はくあいこれをじんといふもとよりあいにはかぎりなきをらざるなり かりそめにあはれむべきことはともちからつくしてたすくべし イエスけうはふまったこのこころあきらかにせざるをたまひしゆへこのたとへまうけてそのこころひろめたまひしなり このたとへユダヤことかりかうじたまへり エルサレムユダヤみやこにてシオンざんうへにありてはなはたかところなり エリコしろヨルダムかはほとりにありてそのいたつひくゆへエルサレムよりはエリコくだるといへり このエリコエルサレムはなるることおほむなしちほどにてたいらよきなればぶっさんおほくつねしょにんゆきしてあきなひをなせどもエルサレムへのみちはなはけはしくしてやまみねいわのぼりなんなればぬすびとそのあひだかくれふしてたびびとうれひをなしあまたひとここにてころされしかばこのところなづけちしほといへり そののちにはローマひとこのところひとつぢんやまうけたびびとほうせりとなり イエスいひたまふことはとうじつなるかまたまうけいへるにや ユダヤひとこのみちゆきぬすびとひそのころもはがきずおふぬるばかりなりしがたまたまひとりさいレビひとここをとほりてこれひしかどもみすごしにしてれり エリコにはさいおよびレビひとすまひおほくあり さいまわりばんみやいりつかへつねにこのみちゆきせり モーセれいらしてもっぱみやしはいてんつかふれどもこのともがらいつくしみこころなくそのなすことモーセおきてにはあはざるなり ふくでんりつれい[1]なんぢほうばいうしろまみちせしをおほふざることなかかならほうばいたすけこれおこせとしるせり〔二十二章四節 出埃及記二十三章五節かひものすらけうだいものとあればかくのごとあわれむべしましけうだいなほさらことなるにさいこれすごしてせわもせざるはそのこころかたくなにしてあわれまざるかまたはひとおのれかかりあひあらんとうたがはんことをおそるるにやレビひとみすごしにしてれどもこのレビひとはじめはあわれみこころなきにあらざれどもおもきずいやしがたきをかならぶんひまついやたからついやさずんばりょうじがたしとおもへり さればじんあいこころりんしょくこころのためにかたつひこれあつかはざるなり ただひとりサマリアひとこれあわれさきふたりはこのたうなんひしものとはけうだいなるにことかこつけのがされり このサマリアひとたうなんひしものぞくなればのがれんとせばのがるべきなりかつユダヤひとつねサマリアひとあだとなしてゆきせず よはねでんユダヤひとサマリアひととはまじはらざるなりといへり〔四章九節またユダヤひとイエスののしりなんぢサマリアひとにてをににつかれたるものなりとわれがいふはむべならずやとひ〔八章四十八節るかでんにもイエスつかひたちさきつかはしければかれゆきイエスそなへんためサマリアびとむらりしにむらびとそのエルサレムむかゆくさまなるがゆへイエスれざりきとあり そのたがひねたみいみともまじはらざることをるべし さればこのサマリアひとたうなんあひしものをせわせずともあやしまざるにそのあだといふをもこころとせずれのなんふかあはれちかそばによりてあぶらさけくみてそのきずつつみかいほうなせり ちうことなればたとぬのよういもなくおのれふくきてもちひんにまたおししきもなかりしなりかつおのれろませてはたごやにいたりねんごろてあてをなしあくるひいでさらんとするときぎんせんとりあるじあたへていひけるはこのひとをよくてあてせよぶんついへもかかりなばかへりさになんぢついへあがなはんとかくのごとひまうつたからそんひとうたがひおのれかかりあひになるをもかへりみひたすらあわれみこころもっぱらなり いわゆるおのれのごとひとあいするとはれなり イエスけうはふなんぢこころこのさんにんうちいづれかぬすびとふもののとなりなるやとあればこたへあはれみものれなりとひしかどことのさまをていわばほんらいさいレビひととはぬすびとふもののとなりなり サマリアひとかれどうけんにもあらずどうぞくにもあらざればとなりとはなしがたし こころていへばさいレビひとどうけんとなりこれあしらはず サマリアひとよくこれあしらおのれとなりことなることなし けうはふもかくこたへしはかれこころにもこれあきらかさとれるなり ゆへイエスそのさとれるところつきなんぢゆきてかくのごとおこなへとつげたまへり このたとへほんイエスおのれごととなりあいすべしとかたりたまふ このとなりをといふなづむべからず かいひとはみなおのれとなりなり ひとびとたがひあいすべし およそやまひかんなんひんきゅうろうあればわれれをあわれすべえきあらしむべきことはちからつくしてたすくべし かならおなむらざとのもののみとなりとなすべからず しゅでしたるものはただうはべれいよりてんつかけうだいあいれんなきはさいレビじんおなじことにていつわりでしなり せいしょみるところけうだいあいせざるにいづくんぞよくいまだざるところかみあいせんやととけわれまさにこれいましめとなすべきなり またなしやすことあるひときべんによりてたまたまひとのためになすことあるもややこころろうたからつひやひまうつすことあればことかこつけこれのがるるあいしんうすひとあり おほひせいしょこころはざるなり イエスのかくのごとおこなへいひたまふはわれにこのサマリアびとしわざまなばしめたまふなり おのれろまのらしむるはわれろうあまんやむものにやすきあたへしむるなり あくるひさらんとするときおのれことすておきてひとことせり ちからついやたからついやすいたりてはいふまたざるなり すべひとえきをあたへんとするときはおのれそんすることあり おのれかたずんばひとあいすといふべからず
ぜうとくところはたとへほんなり しかれどもじんせつこのほかひとついみありといふせつもあれどもそのせつさだかたけうはふなにかぎりなきいのちんととふイエスかならふくいんみちこれおしすくひぬししんしたがひてかぎりなきいのちもとめしめたまふべし そのこころてらしてとくときは(ぬすびとあひひと)はぜうひとし(エルサレムはなエリコくだ)とはしんはなれぞくしたがふをす(ぬすびところもうばきずおはせてぬばかりになす)はまきひとぜんせいうばれいこんそこなふことをせり たとひぜんせいうしなふともぜひこころそんするときはなほすくひのぞみあるべし(さいレビじんぬすびとあひものすぎゆけ)とはモーセおきてひとすくふことをざるをせり パーロもしひといかしうるおきてたまはりしならばただしとせらるるはかならおきてによるべしといへるは〔加拉太三章二十一節これそのうらいつかならすくはれざることをとけるなり ふたりともそのおもきずながらかへりみざるときはきずうけしものはのぞみたつべし 人のおきてよみていよいよおのれのつみのがれがたきことをるにたり ゆへせいしょおきてただつみらするのみとあり(サマリアひと)とはイエスせり イエスかつユダヤひとののしられてサマリアびととせられしことあり〔約翰八章四十八節〕(サマリアたびしてここきた)とはイエスてんこくさかへはなうまれたまふことをす(あぶらさけとをてそのきずそそこれつつ)とはイエスせいれいふくいんとをもつざいにんなぐさこころうちやまひいやすことをす(おのろまのせ)とはイエスひとすくわれをしてひんよりとみせしめただしからざるものただしきをなすとせうせらるることをるをす(はたごやたづさへゆく)とはイエスわれみちびきてけうくわいらしむることをす(ぎんせんあたふ)とはイエスめぐみす(あるじにこのひとかいほうせよ)とはイエスしんじゃぼくわたしておしへしむることをす むかししゅペテロこたへわがひつじかへよといひたまひしは〔約翰傳末章すなわちこのこころなり (ついへもしまさわがかへりのときなんぢあがなふべし)とはぼくけうまことみちのためにますますちからつくすはいたづらろうするにあらず イエスふたたのぞみたまふときかならほうびることをここにまたべつひとつのかいあり イエスとうはたしてこのこころありやいなやらざれどもかくきたればはなはいみありてよくふくいんみちかなへり イエスかぎりなきめぐみわれをあしらへり まことわれよきともにてこのサマリアひとあたかもたまへり しかれどもたとへもっとかんやうなることはなんぢゆきてかくのごとおこなへといふこのすへにあり イエスかやうによくひとあいしたまふことなればわれそのやうまなびこのこころおしひろめてほうばいあいおのれかちあつひとをあしらふべし ただこのいみれりとてみちつくしたりといふべからず しょけうしるのかたきにあらずこれをおこなふこれかたしねがはくはこのたとへよむひとよくこころとめ

脚注 [編集]

  1. 投稿者注:旧約聖書、申命記。