新約聖書譬喩略解/第十五 穀の長つ譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十五 こくそだつたとへ[編集]

馬可四章二十六節より二十九節

またいひけるはかみくにひとたねまくごとにちおきふしするたねはえいでてそだてどもそのしかゆへらず それおのずかむすぶものにしてはじめにはなへつぎいでなかじゆくしたるこくむすすでみのれかるときいたるによりただちかまいれさするなり

〔註〕このたとへただまこふくいんせしのみにてほかふくいんにはしるさずそのいみたねまくたとへたり もとたねいきたるものなればよくおのづからおゆるものなり ただたねまくたとへまことみちおこなわるることをしておのおのむすぶことのおなじからざることにつきときたまへり このたとへまことみちひとこころることをしてもっぱらひとりことつきときたまへり のうはすでにたねまきのちにちおきふししてすこしきづかひなくそのなへそだつまちしはよくものせうじてかつあめうるほかはかしてこれそだてければおのれちからろうせざることをればなり それでんのみひとりかくのごときにあらずひとこころもまたしかり てんつくりたまひよろづのものそだてしめひとこころつくりたまひてどうそだてしめたまへり すべてひとこころしゅみちまことうけいるるものはてんよりかならせいれいたまそのこころたすけたまへどもひとにはふかれがたきところなり こくたねそだついちによくみのるにあらず かならなへよりしてしょうよりしてむすしだいみのるにいたれり ひとはじしんどうききいちによくしんかうけんにしてちえじうまんするものはまことすくなたいていくらきよりあきらかよわきよりしてつよみちしんずることひさしくしてやうやくそのさかひすすむものおほゆへよはねでんにはけうくわいうちおさなごありちちありわかきものありこどもありすべてそのみちしんずるにあさきふかきとありみちきくはやきおそきとありといへるなり みのるに(かまいれさする)とはてんしんぢやおさめてんこくらしむるをせり せいしょほかところこくおさめくらるとあるもまたこのこころなり しんぢやおひさまざまかんなんこころみあふことはいねしもかぜくるしみるはのちのちみのりときいたるをまつごときなり されどもそのむすぶあるひはやくあるひおそくしてどうあるはこくみのることぜんありていちやうならざるがごとし しかしひとらざれどもてんれをしりたまへり そのときいたればおのづからわれらおさめくられたまへり しゅさんするれんけいくわたりめいきうえいふくをうくとあるもおなじくこのこころなり しからばしゅみちしんせいけうるものはすでによきたねわがこころうちにあればわがかへりわれみたまのなへそだついなやせうずるやいなやみづからとふべし またわれみたまのほすでにひいでむすぶありやそもそおとろへきばみおちんとするやとみづからとふべし ろんなへにしてひいでざるものありひいでてみのらざるものありといへり われまことはやくようじんすべきことにあらずや