新約聖書譬喩略解/第十四 千金僕を試むるの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十四 せんきんしもべこころむるのたとへ[編集]

馬太二十五章十四節より三十節

またてんこくあるひとたびだちせんとしてそのしもべをよびもちものかれあづくるがごとおのおのちえしたがつあるものにはぎんせんあるものにはせんあるものにはいつせんあたへおきただちたびだちせり せんぎんうけものゆきこれはたらかほかせんたり せんうけものもまたほかせんたり しかるにいつせんうけものゆきほりそのかねかくせり ほどへのちそのしもべあるじかへつかれかんじやうせしに せんぎんうけものそのほかせんぎんたづさへきたりてしゅわれせんぎんあづけしがほかせんぎんまうけたりといひければ しゅかれいひけるはああぜんかつちうなるしもべなんぢわづかなることちうなりわれなんぢにおほくものをつかさどらせんなんぢあるじよろこびいれせんぎんうけものきたりてしゅわれせんぎんあづけしがほかせんぎんまうけたりといひければ しゅかれにいひけるはああぜんかつちうなるしもべぞなんぢわづかなることちうなりわれなんぢおほくものをつかさどらせんなんぢあるじよろこびいれまたいつせんぎんうけものきたりていひけるはしゅなんぢきびしきひとにてまかざるところよりかりちらさざるところよりおさむることをわれしる ゆへわれおそれてゆきしゅいつせんぎんかくおけいまなんぢなんぢものたり そのあるじこたへいひけるはあしくかつおこたれるしもべなんぢわがまかざるところよりかりちらさざるところよりおさむることをしるしからばかねれうがへあづけおくべきなりしからかへりたるときもととをうくべし このゆへいつせんぎんとりじつせんぎんあるものあたへよ それもてものあたへられてなほあまりありもたざるものはそのもてものをもとらるるなり やくなるしもべそとくらきおひやれそこにてかなしみはがみすることあらん

〔註〕このたとへじふにんむすめたとへあらましるいすれどもところいみおほひことなれり かれにはしゅすみやかにきたりたまふことをのぞむこれこころつきへり ここにはしゅかはりはたらきをなすこれからだつきへり かれにはでししんうすくしてしゅふたたきたりたまふことをわするるをいましここにはでしちからおしみてしゅわざおさめざることをいましめり あるひといわかみたとへこころろうせしでしせいしょおくもっぱこころもちゆることをこのたとへちからろうせしでしもっぱせいくわいしょおさむることをせり またかみたとへおろかなるむすめこのたとへあしきしもべおなじほうびうしなばつうくれどもかれたへめをさますことなくまたおそるることなし これみだりそのあるじうたがおそるることはなはすぎたり これみなひとしわれいましむべきところなり○このたとへるか十九章ひゃくきんしもべこころむるのたとへとよくたれどもそのときたまふのときおなじからず るかにはすくひぬしエリコよりエルサレムゆきたまふときみちのほとりにおひときたまへるなり れはエルサレムよりいでたまひしのちカンランさんありときたまへり またそのきくひともおなじからず るかにはあまたのひとでしとにかたるとなせり れはでしひそかとへるによりでしにのみかたりたまへり そのおしへたまふいみもおなじからず るかするところひとびとあるひかみくにまさにあらはれんとおもへるによりかみくにすなはちいたるにあらず かならずまづひとうらみられしばらあだかたれしかどもおはりにいたればかならまたきたりたまひちうしもべあだをばほろぼさんとかたりたまひさきにはともとなれどものちにはあだとなりあくにんつきしたがおのれにてきたいしてめつぼうわざわひるべからずとひとびといましめたまひまたそのでしにもちからつくはたらきのちのちほうびのぞめすすめたまへり このたとへでしほかにはきくひとなければあだのことはかたりたまはずただでしおこたりやくしもべとならんことをいましめたまへるなり○たとへこころたびだちせん)とはイエスひさしからずしてはなてんこくのぼりたまひもちものおほくのしもべわたしたまひイエスつとめたまものちからちえでしたまはることをせり ペンテコステのときでしみなせいれいうけしはすなはちイエスはじめてたまはりしときなり せいしょイエスてんのぼりたまふときたまものひとにあたへりといへり〔以弗所書四章八節より十二節〕またみたまのあらはしをおのおのたまはりしはえきせしめんためなりといへり〔哥林多前十二章七節〕(おのおのひとちえしたが)とはひとさいしつおなじからず たとへばうつはだいせうありてものおほいるるもありまたすこしならでははいらざるもあるがごときなり ゆへそのさいだいせうによりてまかりやういつぱいにかなふとなせり(しもべちうなるものることばい)とはまことでしはそのしょくつくそのさいつくしゅかはりはたらきなしちからのあらんかぎりをつくせることをせり ここところるかするところおなじからず ここにはにんかずそのあづかりかねかずにおなじければしゅよりわれあづけたまふけいぢうしたがつもとむるところもまたけいぢうあることをらしむるなり るかにはあづかることことなることなくしてところまたおほちからつくすくなものところまたすくなきをおしへたまふなり いつせんぎんうけしもべおこたりはたらかせざりしなり るかにはつつむふくさてすとはそのぎんすくなきによりふくさつつむといふ ここかくすとあるはそのぎんおほきによりかくすといへるなり(きんかくす)とはかみのあたへたまふめぐみちからとをもちひざることをせり(ほどへそのあるじかへ)とはかいおわりすくひぬしふたたびきたりたまふことをす(しもべかんじやうする)とはひとさばきうくることをこのにくみるわれすべてこころおもふことくちいふことおこなふこといまだかならずしもさばきうけずといへどおはりいたればかならかみかんじやうすることをもとむべし(ちうしもべあるじよろこびこれかたなんぢわがおもやくまかすべししゅたのしみいれ)とはまことでしてんこくるをしゅしんかうするものはこのよおひこころうちまことたのしみあれどもいまだまったあんおんにしてきづかひなしとせざりしがここいたりてんこくのぼかぎりなきさいわひうくることをあかせるなり せんきんるものとせんきんるものとおなじやうほうびかうわかつことなきはめいめいあらんかぎちからつくほねおることひとしければほうびもまたひとしそのできばえくわにはかかわらざるなり せいしょひともしねがふこころざしあらばそのなきところにらずそのあるところによりてうけたまふべしとあり〔哥林多後書八章十二節さばきときいたりてはひんきうどんなるものはふうさいのものにくらぶればほうびることかへつおほひなるはそのもてるものをつくしてまったあまりなきゆへなり あるじよろこびいれよといふはてんこくるをせり しもべあるじふるまひにあづかることをるはローマこくれいあるじそのしもべまねきふるまひせきならびこれおなじいんしょくしそのしもべゆるしてこれよりかれめいはいしてともとなすことあり すなはこのれいしたがふなり(いつせんぎんうけしもべいたりいわあるじなんぢきびしひとにてうへざるところよりちらさざるところよりおさむることをゆへわれおそれなんぢぎんかくしたり いまなんぢなんぢものるなり)と このしもべあやまりといふはそのあるじらずしてただきびしきものとなすにあり ゆへことしてたまたまあやまりあらばかならあるじせめをきびしくうけんことをおそるるなり われらしんじゃまたこのくせあり つねてんおそれしゅはたらきつとめざるなり てんありておそるべしといへどもすでにわがちちたりかならじひありたまひてよくわれよわきあはれみたまへり ただわれちからつくさざることあるをおそるべきなり かつこのしもべただにことのはしかりかこつのがるるのはかりごとをなすのみならずばうげんしてそのあるじそしりいまうへずしてかりちらさずしておさむといへり そのつみはなはおほひなり またなんぢなんぢのものるといへり このことばもまたおほひあやまれり すべてざいにはかならそなはりふることひさしふしてあるじおさめざるはすでにふそくなり もとものればれりとするのなし てんよりめぐみたまはさいわれあたふるはもとそのはたらきをなさしめんためなり われてんはたらきつとめずばもとよりてんまみゆべきめんもくなし なんそのほんぶんまもるいわんやあるじこのしもべあしきおこたしもべとなせるそのあしきといふゆえんはおのれあやまちおほはんとしてよからぬことそのあるじしゆゆへなり またおこたるといふはそのあるじやしなひうけちからつくしてはたらかざるゆへなり(あるじなんぢわがいまだうへざるにちらさざるにおさむるをらば)といふはみづかおのれあやまちみとむるにあらず かれくちよりさばきをなすなり なんぢことばよれなんぢもまたかくのごとくすべからずといふにおなじ(わがぎんれうがへやあづけおきわがかへりたるときもととをうくべし)といふこのすくあるせつけうくわいちうよわくしてちえあるものよりてそのおしへそのさしずしたがつちからつくしゅつかふべし じぶんさいなきをいひわけすべからずとのこころなりといへり このしもべうくむくひはそのもちものられてひとあたへられしなり(もてものあたへられてなほあまりありもたざるものはそのもてものをもとらるる)といふことなかもっとしるしおほこくたねまけばそのこくはますますおほくふゆれどもまかずしてこれしまひおくときはそのこくみなくされただかはみづつねながれてやまざるときはきよいさぎよけれどもとどまりながれざるときはみづむしせうぜり ひとさいもちゆればもちゆるほどいよいよもちひざればもちひざるほどいよいよげんぜり れいこんまたかくのごときなり けうくわいひとじぶんちからおほからずさいかぎりありてけうくわいえきすることあたはず こころつくしてたすくれどもことならざるによりけうくわいせいすいまかせておのかなしまざるはまことおしむべきなり またじぶんしんかうよわくしてこころみたへことたんとうするあたはずしてひとゆきせばまどひらんかとこれおそるることはなはだしついとぢおさしんだうひとおしへざるものあり てんしゅけうひるじんまもるといふはおほむねかくのごとぞくはなれんとしてぞくかつことをおもはずたとへばきやうひとただぞくのがれはしることをしりへいととのへぞくうつことをせざるがごとこれひとあしきしもべことなるなし これはけんそんじつけんそんかれるなり まことけんそんじゃじじてんよりたのめり われちからよわければてんわれちからくわへたまひわれさいそくなればてんわれさいましたまひわれきもきやうなればてんわれきもさかんにしたまふべし てんわれはたらかしたまはばかならずわれをしてはたらきにかなはしめたまふべし むかしすくひぬしちうふうやむものにめいじてのべよとあればかれよくのべただいちごんいひつけたまふのみにあらずおほひなるちからたすけたまふゆへなり さてこのしもべおはるるはそのおこなひあしきよるにあらず おこたりおのれちからおしみゆへあしきしもべせうしておひやられしなり しからばしゅめぐみうけしにおのれのもちものよりしんどうたすけずんばまたかならそとくらきはれてしゅさかへかほることをざるなるべし