新約聖書譬喩略解/第十二 王子婚礼の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十二 わうこんれいたとへ[編集]

馬太二十二章一節より十四節

イエスかれこたへまたたとへかたりけるはてんこくあるわうそのためこんれいまうくるがごとこんれいまねきおけるものむかへんためにしもべたちをつかわししかどかれきたることをこのまず またほかしもべつかはさんとしていひけるはわがふるまひすでにそなはれり うしまたこえたるけものをもほふりてことごとそなはりたればこんれいきたれとまねきたるものいへ しかれどもかれかへりみずしてさりそのひとりおのれにゆきひとりおのれあきなひゆけほかものたちそのしもべとらはづかしめてころせり わうこれをききいかぐんぜいつかはしてそのころせるものほろぼまたそのむらやきたり ここおひてそのしもべいひけるはこんれいすでにそなはれどもまねきたるものきゃくとなるにたへざるものなればちまたゆきあふほどのものこんれいまねそのしもべみちいでよきものをもあしきものをもあふほどのものことごとあつめければこんれいきゃくじうまんわうきゃくんとてきたりけるにここひとりれいふくざるものあるをこれいひけるはともいかなればれいふくずしてここきた かれもくねんたり ついわうしもべいひけるはかれあししばりてそとくらきなげいだせ そこにてかなしみまたはがみすることあらん それめさるるものおほしといへどえらばるものすくなし

〔註〕このたとへるかでん第十四章十六節より二十四節までときあかせるふるまひたとへとはよくたれどもそのじつおなじからず おちなくこまかみるべし このたとへイエスくわいどうにてひとびとかたりたまひるかするたとへはりさいいへにてあつまきゃくかたりたまへるなり るかするたとへさきはりさいひとイエスゆきするものありしにこのときいたりてはイエスころされんとせしかばはりさいひとイエスてきたいかたちあらはせり ゆへそのたとへまうけたまふのこころもっときびしくまたむくひこといひたまふこともっとおもまへにはただひとりわがふるまひあぢはふものなしとあり ここにはつはものつかはしてこのあくにんころそのしろやくといへり またるかするたとへあるひとおほひなるさかもりまうくとあり これよのつねとめるいへせり このたとへにはこくわうそののためにこんれいまうくといへり これもっとおもだちたることなり またるかたとへはりさいすてらるとあり このたとへにはユダヤくにかならほろぼさるといひかつまねききたきゃくうちれいふくざるものありといへり るかにはこののせこのたとへるかたとへとははるかおなじからざればよむものこまかわかつべきなり○またこのたとへまへたとへくらぶればいみことさらきびまへたとへにははたけのあるじとありこれいつあるじなり このたとへにはこくわうとありこれいっこくきみにてそのくらいかくべつたうとしとす まへたとへにはあまたのしもべおなじきてとりたておさあいまたそのことあづかるをいへこのたとへにはもっぱらあいのためにこんれいまうくることをいへるはひとびとかかわらただひとりのことをいへるなり まへたとへしもべつかはおさむといふはあるじもちまへわざなればのうどもことかこつけいなむことならざるなり きうやくてんわれをしてじっかいまもらしめたまふといふのこころにてのうおさめざるはすなわしゅめいたがふおなじ またこのたとへのためにこんれいまうくといへるはこれきみたるものめぐみほどこけらいよろこびのぞみほかにいづることなればしんやくてんイエスつかはかはりつみあがなふのこころなり けらいふるまひゆかざるはきみめぐみけいべつすることなればそのつみさらにおほひなり このたとへまへたとへあわせてるときはそのぎりまったそなはひとほんぶんかみめぐみあきらかるべし せいしょかみひとあひつらなることをいへるときはしばしばふるまひあるひこんれいたとへとなせり ふるまひこといさやのしょばんぐんしゅエホバこのやまあらんとすよろづのたみためこえたるにくよきさけさかもりまうこえたるうまきにくよきさけきはめきよきさかもりなりとあり〔二十五章六節六十五章十三節またこんれいこといさやのしょえらばれしたみいはわれまさにおほひエホバたのしまんとす わがこころわがかみよろこばんとす そのすくひころもわれそのうわぎわれおほあらたにめとるものみづかはなかんむりととのふるがごとまたはなよめたからものみづからかざるがごとしと〔六十一章十節六十二章五節 何西書二章十九二十節馬太九章十五節 約翰福音三章二十九節以弗所書五章三十二節 哥林多後書十一章二節〕あるもみなこことこころおなじふせり さてこのたとへさすところいみこくわうてんたくらべそのイエスたくらべり のためにこんれいまうくるといふはてんこのおひイエスけうくわいたてひとをしてそのくわいイエスしたしましむるにたとへり しもべつかはしてきゃくまねくことさいさんなり さきしもべつかはしてふるまひおもむくあらかじめさだふたたしもべつかはしてさまざまのものそなはりたることをすみやかふるまひつかしめり さきつかはしもべむかしよりげんじゃさしきりすとのぞまんとしたまふときなればひとびとあらかじしんかうそなへててんごくるをもとむべきことをいへり ふたたつかはしもべはバフテスマのヨハネおよびおのおのしとさしすみやかイエスつきしたしまんことをうながせることをへり ゆへてんごくちかなんぢよろしくひあらためふくいんしんずべしといひしなり ひとびときたらざるによりきみしもべかたりいひけるは(まねくところものきゃくとなるにたへまちなかゆきあふほどのものむかへふるまひゆかしめよ)とたびめにつかはしもべすくひぬしよみがへりたまふのちでしおよびでんだうしゃしょほうつかはおしへつたふることをめいじたまふをせり(まねくところものきたらず)とはユダヤひとげんじゃことしんぜずくひあらためすくひぬしよりたのまざることをせり ゆへイエスなんぢもといのちんがためきたるをこのまずといひたまへり〔約翰福音五章四十節これひとふたりわけるべし ひとりもっぱわたくしことかへりみてきみめぐみけいべつするもの ひとりこころけうあくいだきてきみあだをなすものなり ひとしんうけいれざるもたいていまたこのふたりあり ひとりもっぱおのれよくためだうなおざりになしてんめぐみゆるがせになせり ひとりおのれほんせうあくあらはしだうあだとなりおしへつたふるのひとさまたげめぐまざるなり きみめぐみけいべつするはまたふたつわけあり ゆくものはすでにたからしたひしためなり まちゆくものはいまだざりしところもとめんがためなり ひとあるひとめるよりめのまへたのしみしたみちしたふこころなきものあり またひんきうにしてこころよくいまだみたざるためにみちもとむるにいとまなしといふものあり ここにしもべうくがいいちにあらずあるひとらへられあるひはづかしめられあるひころされたりしなり イエスこのたとへまうけたまひしのちそのことばはたしてみなしるしあり しととらへらるることあり〔使徒行傳四章三節 五章十八節 八章三節〕はづかしめらるることあり〔使徒行傳五章四十節 十四章十五節 二十一章三十節 二十三章二節〕ころさるることあり〔使徒行傳十四章五節十九節 二十一章三十節 二十三章二節〕ことごとせいしょのせられたり これがいうくることはイエスすでにこれしりたまふゆへわれなんぢげんじゃちしゃがくしゃとをつかはさんにあるひこれころしまたじふじかつけあるひそのくわいだうにてこれむちうあるひむらよりむらおひくるしめんとあきらかいひたまへり〔馬太二十三章三十四節〕(わうこれききいかぐんぜいつかはそのころせるものほろぼそのむらやく)とはあるひイエスしにたまふのちてんローマへいかりユダヤこくほろぼしたまふことをさすといひあるひかいおはりてんつかひめいじてあくにんかぎりなきけいおこなひたまふことをすといへり このたとへるにおよそけうけいべつしんじゃがいするものあればてんかならいかりうごかおのれはづかしむるとおなじやうたまふことをるべし(たへ)とはかれわうめぐみかろんそのしもべそこなひしかばふるまひさいわひるにたへざることをあらはせるなり(まちゆきあふほどのものこんれいまね)とはてんユダヤびとしんぜざるをたまひてしとつかはてんばんみんあまねふくいんつたこころざしみちむかふものはみなこのけうくわいれしむるをせり しもべつひみちなかいであふものはみなまねきあつあるひよきものあるひあしきものこんいんせきじうまんせり これきみこころもとよきものをまねきてあしきものはのぞまざれどもしもべめいうくるにいそぎければくわしくえらむことあたはざればよしあしろんぜずしてみなこれをまねきてこんれいふるまひおもむかしめしなり われしょこくゆきでんだうひとくひあらためすすイエスみとめてしゅとなしおよひとまへおひくひあらためうくるものはこれれてけうくわいみたしむるがごときなり ひとこころよしあしことごとりがたくそのこころへいぜいしたふものあり へいぜいあくをなしていまさとるものあり まことしゅしんずるものあり ぜんにしてひとあざむめいもとめんとするものありいにしへよりしかりとせり けうくわいはこのよきもののみにしてあしきものなきやうにはなしがたし しかれどもわれにはそのよしあししりがたけれどもおわりにはかならあらはさるべし ゆへにこのたとへわうきゃくんとてきたりけるにここひとりれいふくざるものあるをいかなればれいふくずしてここにいたるやととへることをときたまへるなり ユダヤれいこくわうまみへおよびわうふるまひおもむかんとするときはかなられいふくることにさだまれり そのれいふくこくわうよりぐんしんかしあたへたまふふくにてわうまみへんとするときはこのれいふくまみへり もしこのれいふくざればきみけいべつするにあたれり ゆへいへまづしきをかこつけにしてれいふくようせずといふをざるなり いくさにんはすべてうはやくまみゆるにはかならしるしるとおなじことなり このしるしざるときはうはやくそのれいいかれり もとこれかみあてがふところにしてわたくしべんずるものにあらざるゆへなり(そとくらきなげいだす)といふはこんれいおよびまうくることにさだまりたればきうでんうちともしびかざにぎやかにしてきうでんそとさみしくしてまっくらなり ゆへそとくらきいへるなり このたとへのここのとくれいふくぜんとにたくらべしなり いさやしょエホバわれじんくわふうるはしきふくながきころもおほふごとしといへり このといふはイエスつみあがなひたまふいさをしんかうしてといわるることをせり イエスいさをひとたまはるときはかならせいれいけまことにくひあらためさせそのひとぜんかならほかあらはるることあたかれいふくたるがごときなり もしすくひぬしいさをしんぜずみづかとなすものはこのれいふくざるものにたり はなはだしきれいなればしゅまみゆべきかほばせなかるべし ふだんげんしんかうせざることをいひわけすれどもこのときいたりてはもくねんとしてことばなきなり わうしもべいひけるといふ(しもべ)はかみつかひせり(そとくらき)はかぎりなきけいせり よのすへさばきときてんかならかみつかひめいじてすくひぬししんふくせざるものをくらきなげいれたまへり このたとへこころユダヤひとてんめぐみげんじゃおよびしとはづかしめしゆへそのくにほろぼされてふくいんしんだうほうつたふることをきまたしんだうつたふるときはぜんともがらひそかにけうくわいいりしんじゃあざむくことあり されどもひとよくひとあざむけどもかみあざむくことあたはず さばきときにはかならてんかほることをざるをとけり さらばすくひぬしでしたるものはすでにバフテスマをうけイエスみとめしゅとなしわがけうくわいうちにあればとててんほうびべしとおもふべからず じつくひあらためてしんかうするにあらざればイエスいさをたまふことなし かならわれえいえんめつなげいれられかなしみはがみしてくゆるもおよぶなきなり いけるとききりすとしもべわれおしゆるにしんてしわれすすめけうくわいらしむれどもれいふくざるものまねかれてふるまひおもむくがごとそのにありてはおほくのきゃくことなることなきもいったんてんきたりてたまふときはしんたちどころあらはけいばつのがれがたくいたづらけうくわいるはまことえきなきことなり イエスまねかるるものおほくしてえらばるるものすくなしといひたまへり ひとつねにこのことばみづかかへりみいましむべきなり