新約聖書譬喩略解/第十三 十人の童女の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第十三 じふにんむすめたとへ[編集]

馬太二十五章一節より十三節

そのときてんこくともしびとりはなむこむかへいづじふにんむすめくらぶべし そのうちの五人はかしこく五人はおろかなり おろかなるものそのともしびるにあぶらたづさへざりしがかしこものそのともしびともあぶらうつはたづさへたり はなむこおそかりければみなかりしてねむれり なかばにさけびてはなむこきたりぬいでむかへよとよぶこえありければむすめどもみなおきてそのともしびととのへたるに おろかなるものかしこものいひけるはわれともしびきへんとすねがわくはなんぢあぶらわれわけあたへかしこきものこたへいひけるはわれなんぢとにおそらくはたるまじなんぢうるものゆきおのれためかへ かれかわんとてゆきしときはなむこきたりければすでそなへたるものこれともこんえんいりしかばもんとぢられたり かくのちそのほかむすめきたりていひけるはしゅしゅわれためひらきたまへ こたへわれまことになんぢつげわれなんぢしらずといへしからおこたらずしてまもなんぢそのそのときしらざればなり

〔註〕このたとへイエスふたたのぞみたまふときそのでしたちなかにはよういととのへでしゅめんることをざるものありと よりてこんいんことかりてそのときたまへり ユダヤれいにすべてあらたこんれいするときははなむこそのともともはなよめいへいりはなよめつれいへかへることとさだまれり もろこしみづかよめむかふるのれいはなよめいへにはかならにんむすめいへにありてまつことなり はなむこはなよめもんがいいたらんとするときむすめみなともしびたづさおなじくいではなむこはなよめむかへそのいへおくれり このじふにんむすめにんかしこくてよういをよくととのはなむこきたることおそきかはやきかさだまりなければあらかじめともしびるのほかあぶらをもたづさへたり にんおろかなるものこころわきまへなくことさきだちしたくせずともしびあぶらなきをはからずはなむこきたることおそければみなうたたねせしがよなかにいたりよぶこえききみなさめはなむこのすでにいたるをにんかしこきものともしびととのへいでむかはなむこおなじいへにんおろかなるものあぶらなくそのともしびきへなんとせしかばよういあるもののあぶらわかたんとこふあたへいでかひきたればときすでにおくれておくりむかへのまにあわついもんがいおひすてられたりとなり(じふにんむすめ)とはすべてけうくわいイエスでしせり(にんおろかなるむすめ)はいつわりでしせり いつわりでしただうはべのみにてこころまことしんなくそのこころざしまったひとほめるもとめしなればしんかうひさしきにたへずしてたへんとせり このともしびとるあぶらよういせざればそのあかりたちまちきへんとするがごときなり にんかしこきむすめまことでしせり まことでしそのよきおこなひほかあらはれせいれいうちみちたればこころかみみこころかなはんことをのぞしんかうつねにますますふかこれともしびとるあぶらをもよういしたればそのともしびながくきへざるがごときなり(はなむこおそかりければ)とはイエスふたたのぞみたまふことのおそきをせり むかれきだいでしイエスならずしてきたさばきをなしたまはんとおもひしにとしつきうつれどもなほのぞみたまふことをざればみなおそしといひしことあり(かりしてねむ)といふにみつせつあり いつわりでしもとよりつねしゅきたりたまふをむかふるようじんなし まことでしときとしてはおこたれることあるにたくらべしと あるひねむるといふはせり いつわりでしまことでしもみなせしのちにいたりてイエスのぞみたまふことにたとへりと あるひはみなねむるといふはこころやすんじてまつことをぜんしゃみづからそのいつわりたることをらず われしゅかならすくはるべしとまことしんずるものつねしんこうあつければおちつきうれふることなしと このみつせついづれもみなつうずれどもはじめいつせつもっとちかしとす せいしょさとらざるときひといたるといへるははじめせつたり このみつせつはいづれもなづまざるをよしとすべし このたとへかんようなるところもとよりここにあらざるなり(ともしびととのへ)とはしゅのぞみたまふときひとみなみづかきのつくことをせり いつわりものみづかそのこころきがつけどもうちしんとくなければすくひぬしいさをあがなはれざることをれり おろかなるものともしびととのへんとするにあぶらなくそのあかりしばしきへんとするをるがごとし(おろかなるものかしこきものにあぶらわけあたへよとこへどもあたへざる)はすくひぬしふたたのぞみたまふときにんしんかうよきおこなひよりじぶんふそくおぎなはんとすれどもがたきことにたとへり てんしやうばつそのひとこころおこなひよつしやうばつしたまひにんかかわらざればそのときにいたりてひとわれおしへんことをのぞめどもすでにはなはだおそかりしなり(もんとづ)とはゆるしもんせり イエスはじきたりたまふときはすくひたまふしゅとなりたまひわれくひあらたむるのときあらしめたまへどもふたたのぞみたまふのときいたりてはさばきてとなりたまひゆるしもんはもはやひらきたまはざるなり(おろかなるものそのそとありもんひらけよぶひらかれざる)はイエスかつせまきもんるためにちからつくわれなんぢつげらんことをもとめざるものおほしといひたまへるがごときなり るかでん十三章二十四節より二十七節までみなこのなり このたとへおわりいみあらはしてしからばおこたらずしてまもなんぢそのそのときらざればなりといへイエスこのことばわれにちにちようじんしてめをさますくひぬしたまふときわれあらかじめることあたはざればいちつつしまざるときはくひあらたむるもすでにおそわれこのありしんともまなおなじしゅけうくわいるはこのじふにんむすめことなるなし ほかよりればおなじともしびとりはなむこまつものにてなんわかちはなきにたれどもしゅひとたびいたりたまふときはかしこきおろかもたちどころにまこといつわりあきらかあらはるるなり もしわれかへりみづからとひおのれのこころにいまだしゅしんずるのまことあらずしてはやくようじんせざればかならしゅすてられまのあたりひとこんれいふるまひうくるをみれどもぶんてんごくすすむことをず そのこころいたくひしばることいかばかりならんか イエスでしたるものはこころかへりみるのいさをゆるやかになすべからざるなり