新約聖書譬喩略解/第二十 無花果の樹斫るの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十 いちじくきらるるのたとへ[編集]

路加十三章六節より九節

またこのたとへをいへり あるひとそのだうえんうえおきたるいちじくありしがきたりこれもとむれどもざりければそのはたけつくりいひけるはわれとせきたりてこのいちじくもとむれどもこれきりされ なんぞいたづらふさぐはたけつくりこたへけるはしゅわれそのまはりほりこれこやしするまでことしゆるせ もしむすばばし もしむすばずばのちこれきるべし

〔註〕とうそうとくピラト ガリラヤひところこともつイエスつぐるものあるによりてこのたとへかたりたまへるなり ピラトひととなりはなはむごくしてガリラヤつみおかすものありしがきたりてんはいするところをうかがひこれそのみやころせり ユダヤこくまつりにはかならうしひつじだんまはりそそげり ピラトそのところにおひてひところせしゆへそのぜうながれまつりまざれりといへり きたりつぐるもののこころにはまつりときにあたりてかみほうもあるべきにだんまへころさるるはかならずそのひとざいあくひとびとくらぶればもっとはなはだしきゆへこのおもばつうけしなりとおもへるなり イエスかたりたまへるは ひとこのさつがいうけたりともいまだかならずしもざいあくむくひあらはすにたれりとなしがたし ガリラヤひとうちにはころされざるものにもまたつみおもきものあり シロアムやぐらかたむたをるるときおしころされしじふはちにんのものはエルサレムにすめるすべてのひとびとよりもまさりてつみあるものおもふやと ひとみなつみあるによりばつうくべし あるひこのよにおひてうけあるひのちのよにおひてうけおそきはやきさだまりなし いまだむくひうけざるはときいたらざるなり ゆへイエスまたこれいましめていひたまふはなんぢくひあらためずんばまたみなかくのごとほろびんと このことばののちはたしてしるしあり イエスせうてんしたまふののちローマたいせうタイダスへいひきひエルサレムしろせめやぶユダヤじんみんおののきおそれだんまへにきたりわざわひのがれんことをてんいのりたりしがローマへいみやいりきたいのるものをだんかたわらころしそのながれまたさいもつまざれり またはなちしょしょうつりしろへいかたむきたをれてあまたひとおしころせり このへいころされへいおしころさるるものむかしことなることなし ひとさいなんうくるをてこれをだいざいだいあくによるといふはにんさばくしりおのれさばくらず ひとつねのくせなればイエスこころおもひたまふやうなんぢひとさいなんふいにきたるをおのれかへりてそのひとかがみとしすみやかおのれもまたふいにかかるなんにあはんかとみづからかへりみつつしむべし あらかじこのそなへをなさざればながほろびうけん このおりによりておのれのくひあらためはげむならばままえきあるべきなりとゆへになんぢくひあらためずんばまたかならほろびんといへり イエスすでにこのこといひおはりまたこのたとへまうけひとをしてつねこれしるさしめたまへり○いふいちじくだうばたけうへたればそのもよくこえかつはたけつくりにちにちこやしそそぎてやまうえひとせわせざるとはおなじからず もとあるじこのうゆるはそのむすばんがためなり じゅくするときにいたればあるなきことごとあらはるることなればあるじそのもとむるためにこれしらべり しかるにこのあるのみにてむすばざればおほひあるじのぞみうしなへり ただしあるじこのなきをすぐきりのぞかんとするにあらず なほみとせあひだこらへよりよりきたりしなり またそのなきをせわもせずにただながくこらへたるにあらず そのおのづからそだつまかせてうへおきしがあるはたけつくりかたりていわわれみとせこのむすぶもとむれどもざるなりこれをきりさるべしなんぞいたづらにふさぐやと あるじなんぞふさぐきらへるや あまたうへながめとなすにあらず このよきもとめんとのぞめるなり むすばざればえきなきのみにあらずほかのこへげんずればかへつてこのなきまされりとせり たとへえだあおあおとしてこまやかなるかげおほふともまたかならおしまざるべし あるじすでにきりすてんとせしにはたけつくりこひもとめていふやうことししばらゆるしてぐるりほりこやしそそがばむすぶこともあるべし もしちからつくしてもむすばずばそのときこれるもおそからずまたふたたてがへしねがはざるなりただあるじきるまかすべしとなり さてこのたとへほんは(いちじく)をユダヤびとにたとへ(ぶだうばたけうゆ)とはてんユダヤびとケナンよきちたまおほくめぐみほどこげんじゃめいじてこれしはいしておしへたまふをくだものはたけつくりがへしうくるとことなるなし(もとむ)とはてんあつきめぐみたまひそのよきおこなひあるをもとめたまふをせいしょしばしばひとおこなひにたとへりかつかみげんじゃくちかりひとよきおこなひすすめたまふはもとむるのしるしなり〔以賽五章二節より七節はよくそのせいしつあらはしよきかならよきにてあしきかならあしきなり によりてぜんあくわかつなほおこなひひとせいしつあらはしよきおこなひかならよきひとにてあしきおこなひかならあしきひとなるがごとくそのおこなひによりてそのひとわかつべし しんやくしょむすぶかうぜるはみつたぐひわかてり ひとつまことぜんなりあるひよきわざをいひ〔提摩太前二章十節あるひよきおこなひをいひ〔馬太五章十六節あるひしんおこなふをいひあるひかみしごとなすをいへり〔帖撒羅前一章三節れはぜんしんよりおこるものにてこれかみのわざとなせり〔約翰傳六章二十八節ふたつにはぜんといふあるひおこなひをいひ〔希伯來九章十四節あるひおきておこなひるをいふ〔加拉太二章十六節〕そのことぜんなりといへどこころよりしておこるにあらざればよきもちきたりてうへかけたるがごとくそのよりせうずるにあらざればこれくわとなせり みつにはあしきおこなひなりあるひにくおこなひをいひ〔加拉太五章十九節あるひくらきおこなひをいふ〔羅馬十三章十二節〕これはあくしんよりおこるものにてこれあくくわとなせり たぐひみつわかてりといへどかみもとめたまふはそのぜんくわむすぶことをもとめたまふなり ユダヤびとむすぶくわくわもっとおほはりさいびとしょくきんながいのりをなしとをにそのひとつおさむでんまもるがごときはくわなり あしきくわもまたすくなからずむかしよりげんじゃころあしきならひそみしばしばかみむねそむイエスそこなふごときはみなあしきくわなり くにたつるのねんだいはひさしといへどもこのよきくわなし ゆへくわもとめてずといへり(みとせきたりてもとむ)といふはいつせつひとぜんおこなはしめたまふかみさんすといへだいいちアダムぜひこころあたへそのよきおこなひもとめたまふなり だいにじイスラエルおきてさづけてそのおこなひきをもとめたまふなり だいさんかいふくいんたまひそのよきおこなひもとめたまふなり またいつせつわかちさんだんとせり ひとつかみモーセくちよりおきてひとおしへたまひふたつにはげんじゃくちよりげんひとおしへたまひみつにはかみイエスくちよりふくいんひとおしへたまふなり またいつせつイエスいますときみとせあひだみちつたへたまへり すなわちこれみとせもとむるのせうなりとしょせついづれもつうずれどもかならずこれになづむべからず おほむねイエスこころにはしばしばきたりもとむることをいへり ひとたびよりしてふたたふたたびよりしてたびとてんこらへたまふことをあらはせり(あるじはたけつくり)とにれうせつあり あるひとあるじきらんとするはてんおほやけなるさばきはたけつくりかはりこひもとむるはイエスかみみぎいましてひとかはりいのりたまふことをす〔希伯來書七章二十五節あるひとあるじきたりもとむるはイエスふくいんつたみとせひとくひあらためすすめたまふことをはたけつくりこひもとむるはせいれいわれよはきたすけわれいのるべきこといはしめたまふをす〔羅馬八章二十六節二十七節 創世記六章三節れうせつともあれどもまへせつただしとなす ひとかはりいのるはイエスとしせいれいとするをろんぜず ただしゅつみばつしたまふのときゆるめんことをもとかれくひあらたむおりあらしめたまふなり けつしめぐみたまふによりてさばきすてたまふことなし しゅかぎりなきばつくわへたまはざるをもとむるなり つまりめぐみたまはれどもおほやけのさばきむねとなしたまふ ゆへにもしむすばざればこれれといへるなり をはりときにはすくひぬしさばきてとなりおほやけさばつみゆるしたまはざるなり かみわざはひひとくわへたまはんとするにまづそのときゆるめたまへり かうずいわざはひごときはひゃくじふねんまついたれり〔創世記六章三節ソドム ゴモラゆうほろぼさんとするときにアブラハムかはりこひもとむるをゆるしたまひじふにんただしきものあらばばつくださずといひたまへり〔創世記十八章二十四節ユダヤひとイエスころせしはじふねんまつエルサレムほろぼせり またしゅやくそくしたまひしところおこなひたまふにおそきはあるひとおそきとおもふがごときにあらず ひとりほろぶるをものぞみたまはずすべてのひとくひあらためいたらんことをのぞみたまふてわれながしのびたまふなり〔彼得後書三章九節〕(すたるによりてるべし)といふはこのあしどくあるによりてきりすてんとするにあらず さればひとだいざいあるによりけいばつうくるにあらず にちにちてんめぐみながらさかへてんせずてんしゃせずまたあやまちあらためずぜんうつらざるはひとのりとなすべからず やからもそのところならひまたおなじようとならん しんさまたいわゆるすてるなり ユダヤひとてんいましめしれどもたへよきおこなひなくさかへかみせざるはまったくこのついへおかせるなり(はたけつくりぐるりほりこやしそそぐ)といふイエスおしへせいれいたすけとをせり ひとてんにんたいていまだきりつくさざればなほよきてだておしへみちびきよくふるきをすてあたらしきしたがはしめたまへり これくわいせいしょいへめぐみなり〔路加十九章四十一節四十四節ユダヤこくのみしかるにあらずすべてひとみなこのくわいあり このくわいおへかみめぐみやすくこのくわいうしなへばかならかみばつうくべきなり つみあるをしりなほくひあらためざるものはたちどころさとるべし めぐみいまつきんとするイエスよらずんばおそらくはわがいのちもまたつきんとせんくゆるともおひがたし たとせずしてこころたまたまさとることあるもややまたまよひしづますくひぬしかはりもとめたまふことなくせいれいくわんくわなくながこころふさがりてつひくひあらたむときなし くわいひとたびすぎなばまたがたくてんめぐみたへなんとす