新約聖書譬喩略解/第六 眞珠を尋るの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第六 しんじゅたづぬるのたとへ[編集]

馬太十三章四十六節

またてんこくよきしんじゅもとめんとするあきうどごとひとつあたひたかきしんじゅいださばそのもちものことごとうりこれかふなり

〔註〕このたとへまへたとへとはよくたれどもそのいみおなじからず まへたとへこころなくふとたからいだせるなり このたとへもとむるこころあるによりてわざわざたづねてこれをるなり こころなくたからあふこれるはサマリアおんないどほとりにありてみづたりしにふとイエスあふことをてこれこそまこときりすとたるをしんずるがごとし〔約翰四章もとむるにこころありてゆきたづぬるはポーロわかときじゃせつひらただしきみちたっとぶことをきふとなせしがのちすくひぬしてはじめてまことかみたるをさとるがごときなり またこのたとへまへたとへとはユダヤほうとのごとほうひとすくひぬしあることをらざりしがのちいたりてイエスでししょこくぶんさんしてよもでんだうせしによりておほくははからずそのおしへきくことをたり ユダヤひとごとすくひぬしのぞみたまふをまっのちやうやイエスいひたまふことおこなひたまふことをしんかうするものもあれどたいはんおきてるのいさをすつることあたはずしていっしんこれれるなり ゆへポーロいはおひもとめざるほうじんたりしんかうによるところなり されどおきておひもとめしイスラエルおきておひおよばざりきこれおこなひによりておひもとめんとせしゆへなりと〔羅馬九章三十節三十一節〕これまへたとへとこのたとへとのわかちあることをるべし ここにいふ(あきうど)はいへいでとほあきなひいとなこくかうえきするあきうどいへぎやうまもるのたぐひにおなじからず このみだうろんひとまじはりむすぶものにたくらべもくしてやすんずるのともがらにあらず(よきしんじゅたづぬ)とはまことみちもとむるをせり あきうどはすでによきたまもとめんとするときはそのこころもっぱらこれにぞくしてこのほかさまざまのきんしふぎょくはくありともみなのぞむところにあらずただそのたまのよきうへにもなほよきものもとたづねけつしてかりそめにもれりとせずまことみちもとむるものはうへかはきしたねんねんこれをわすれずよのなかひやうばんにぎわひをばとふいとまなくにちにちすすみてすこしなるにやすんぜざることにたとへり イエスのなくてかなふまじきものはすなわちひとつなりと〔路加十章末節いひたまへることあり さればまことみちもとめんによのなかのさまざまのおしへまなこそそぐべからず のさまざまのおしへみるそのなかにはよきこともなきにしもあらざれどもあるひしんたがあるひまったからず ただイエスみちまことにしてかつまったみちなり このひとつればたれることなり このほかすべてのおしへはみなふかきはめざるべし かのたまたづぬるもののすでにひとつよきしんじゅればそのほかたまはみなかろんじてのぞまざるがごときなり ひとりイエスみちはよくわがれいこんなぐさこのよこころのうちやすきをのちのよてんごくさいわひせしめたまへり ひとこのよきたからたまなるをれどもことごとそのもちものすてかならこれんことをねがはざるはまことおしむべきにあらずや ユダヤのとしわかのものきたりてイエスかぎりなきいのちもとめんことをねがへどもしんだいをすててすくひぬしつきしたがふことあたはざるがごときなり〔馬太十九章十六節〕○このたとへわれおしへたまふむねふたつありひとつあきんどもちものをすててよきしんじゅることをまなぶべきをしめせり イエスいひたまひけることにひともしせかいるともそのいのちうしなはばなにえきあらんやひとまさになにそのせいめいへんやと〔馬太十六章二十六節〕しからばわれポーロねんりょをすててしゅいさををなすをまなぶべし ユダヤのとしわかのものをまなぶべからずおそらくはわれつとめはなるることあたはずしてついしゅまへはなるることあらんひとつあきんどもちものすつることのすみやかなるをまなぶべきことをしめせり イエスもとよりまれなるたからにしてときもまたがたきのたからなり ゆるゆるとしてあるときまつしんぜんとせばそのいのちおほからずするのときちかよらんとす このときうしなはばくゆるもおよびがたし せいしょいますなわちめぐみときなりいますなわちすくひなりとありし〔哥林多後書六章二節〕このことばはまことしんずべきにあらずや