新約聖書譬喩略解/第七 海に網を施つの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第七 うみあみうつたとへ[編集]

馬太十三章四十七節より五十節

またてんこくうみうちさまざまうををとるあみごとすでみつればきしひきあげすはりてそのよきものをうつはにいれあしきものをすつるなり すへおひてもかくごとくならん てんつかひたちいでただしきものうちよりあしきものとりわけこれなげいるべしそこにてかなしはがみすることあら

〔註〕もとよりうをうみるものはみなかならあみもちイエスじふしとおほれうなりしゆへあみもつたとへまふけたまへるはなれさとりやすきにれり あみうつにそのうちところのものはれうんとおもところのもののみにあらず あるひかひたぐひあるひむしたぐひあるひしょくしがたきあくぎょおさむることありてうつたびごとによきさかなとりひとやうそなふることはなしがたし あみみづのうちにありてはそのうちいりたるものはれういへどもそのよしあしわかつことあたはず かならずこれをきしひきあげはじめてよくそのよしあしていねいにこれをよりわくべし このたとへからすむぎたとへとおほむねあひちかけれどもそのうちにまたことなるところあり からすむぎたとへまこといつわりこんざつしてひとこれわかちがたきことをあかされたればこれもくぜんことときたまふことおほこのたとへぜんあくあきらかにしてえらがたきことなしとありてさばきときときたまふことおほきなり(うみ)とはかひせり もくろくなんぢみづしょみんぐんしうしょこくしょおんなりといふれなり〔十七章十五節〕(れう)とはしとおよびすべてのでんだうしゃせり イエスしとわれまさになんぢをしてひとれうせしめんとすといひたまふれなり〔馬太四章十九節〕(あみ)とはけうくわいせり あみかいちうにありてはところうをことごとくよきものをがたしといふはけうくわいのこのおひてはおさむところひとはいまだことごとくみなぜんにんばかりをおさむることはりがたきがごときなり すべて「バプテズマ」をうけけうくわいるものまたおなじしゅばんさんまもるものおよびつねくわいどうにありてかうをきくものそのこころおのおのおなじからず うはべよりればまことあくわかりやすくいつわりぜんれがたし しかれどもこれはよくひともくあざむけどもかみをばのがるることあたはず すへときいたりてはあしきこといつわりかならずみなあらはれこのときしんかうなかりしものはかみよろこばれがたし(うをよきものはうつはるる)とあるはまことでししょぞくしょおんしょみんしょこくうちよりしてかみすることにたとへり〔黙示録五章九節〕(うをあしきものはこれすつ)とあるはいつわりでしかぎりなきけいうけしゅかほとそのいきほひひかりとよりおはるることにたとへり〔帖撒羅後書一章九節ぜんしゃはこのにありてはみづからだいあくのものとはことなりたればかならずそれとはたぐおなじからずとおもひしかどもてんじやうにはただかぎりなきさひわひかぎりなきけいとのふたつありてまことぜんしゃさかへおなじふすることあたはず かならだいあくなるものとともはづかめをうくることをまぬかれざるなり ただこのたとへをかりてけうくわいひとおさむるはじふぶんにはぜんあくえらばずともよしといふべからず れうあみうつあしきものるはそのほいにあらず やむことをざるなり けうくわいひとおさむるもまたしかなり もとそのんとするところはみなまことぜんなるものをほっすれどもこれべんべつしがたきはわれひとこころふかることをざればまことにいかんともなしがたきことなり さればじふぶんこころをせめてきびしくえらむなりとすべし
じやうななつたとへイエスいちにちうちにおひてかうじたまふことにてだいいちたねまきたとへ だいからすむぎたとへ だいさんからしたねたとへ だいぱんたねたとへ だいはたたからあふたとへ だいろくよきしんじゅたづぬるのたとへ だいしちあみうみうつたとへなり こまかにこのたとへるにおのおのところことなりてつながりてはなきやうにゆれどもよくこれつらねいったいとなしそのむねあらはすべし ななつたとへうちにはことあひたるあり こころあひつらなるあり もまたしだいをなすあり だいいちたとへはすべてかみくにはじめてひらくることをきそのむつたとへわかちみつとなすべし だいだいしちとはぜんあくわかちそのうちひとつげんざいうちぜんあくわかちがたきことをあかひとつおわりいたればかならずそのぜんあくあきらかしれることをあかせり だいさんだいてんこくさかんなることをときそのうちひとつてんこくあきらかおこることをあかひとつかみみちのいつとなくひろまることをあかせり だいだいろくとはよきたからることをそのうちひとつこころなくそのたからふことをあかひとつそのたからをわざわざたづねもとむることをあかせり
○ここになにゆへにそのいみつらなるといふにななつたとへここよりかしこいたるまでともぜんれんがふありてこくまことたねありまたいつわりたねあり ゆへたねまきのちからすむぎをいひのうこくへまたさいをもうゆべし ゆへからすむぎのちにはからしたねをいひからしたねほきやすきことはぱんたねふくれやすきがごとゆへからしたねのちにはぱんたねをいひたねぱんかくるるはたからはたかくるるがごとゆへぱんたねのちはたたからをいへり はたたからかくせばうみにもまたたまかくせり ゆへはたたからのちにはしんじゅうみたづぬることをいふ しんじゅうみせうずるものなればしんじゅたづぬるののちあみうみうつことをいへり このたとへだいしちよりだいいちまでさかしまおすもまたひとすじおわりまでつらぬけり○またなにゆへしだいをなせりといふにイエスこのたとへかたたまふにまづしんはじめてつたわることをときたまひそのつぎいつわりおしへならびおこることをき そのつぎけうくわいあらはおこることをそのつぎしんだうかうだいおよぶことをそのつぎほうつたわふとこのおしへあふものあるをそのつぎしんじゃのわざわざたづねきたることをおわりにはよのすへさばきにはぜんにんあくにんとをたしかにわかつことをきたまへり このだんだんしだいただしくそなはりたることはイエスべつあかしたまはざれどもかくごとくにるにきはめてあじはひあり ゆへしんやくちうかいすものはおほそのかみイエスこのこころありてたまへるなりといへり