新約聖書譬喩略解/第八 悪臣の同僚を赦ざるの譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第八 あしきけらいどうやくゆるさざるのたとへ[編集]

馬太十八章二十三節より末節

このゆへてんこくわうそのけらいくわいけいしらべんとするがごとしらはじめしときせんまんきんひきおひしたるものわうひききたりしにあがなひかたなかりければこれめいじてそのそのつまとあらゆるもちものをみなうりあがなへといへり そのけらいひれふしていひけるはこふわれをゆるたまはばみなあがなふべし ここおひてそのけらいあるじあわれみてこれゆるしそのひきおひゆるしたり そのけらいいでおのれよりぎんいつぴやくひきおひしたるともあひければこれとらのんどをとりひきおひかへせとそのともあしもとひれふしねがひいひけるはわれゆるたまはばみなあがなふべし しかるにこれうけがはずしてゆきそのひきおひあがなふまでかれひとやいれほかともそのことはなはあはれゆきこのことをみなそのあるじつげしかばしゅかれめしいひけるはあしけらいなんぢわれもとめしによりわれそのひきおひことごとゆるしたり われなんぢあはれみしごとなんぢまたともあはれむべきにあらずやそのしゅいかりひきおひをみなあがなふまでひとやつかさわたせり もしおのおのそのこころよりけうだいゆるさずばてんちちまたなんぢかくごとおこなひたまふべし

〔註〕わがしゅなにゆへこのたとへまふけたまふやとそのもとかんがふるにペテロけうだいゆるすはいくたびまではゆるすべしやとひしによりてこのたとへまふけたまひしなり ユダヤひとつねひとつみゆるすことはみたびまではゆるすこととさだめりペテロしゅしたがひとびとはすべてよのなかくらぶればことさらじひあることなりとおもひしゆへななたびまではゆるすべきやとへるなり これペテロこころおもふやうななたびゆるやかいたりにてこのうへにはまたじひくはへてゆるやかにすべきなしと しかるにイエスこれこたへななたびにかぎらずこれにななつかけななじふたびにいたるべしといひたまへるなり われこのにありてときによりひとつみゆるすべきこともあらんゆへこのたとへてそのあらはしたまへるなり われすでにてんかうおんかふむめいめいつみゆるされたればまたこのめぐみひろめてにんつみをもゆるすべきなり おきてしたにおりてはおきてによりてあしらふべきなれどもめぐみしたにおりてはかならめぐみいだきてしょすべきなり すでにてんたればおのづからなかとはぜうおなじふすべからず(わう)とはてんし(ひと)とはひとし(わうけらいかんじやうする)とはてんおほいなるじひありといへどひとかならつまびらかさつしたまひそのつみたかしらべたまふことをわれこのありつみおかせどもそのおかせるつみおほきをらず かんじやうのときにいたりてはじめてつみつもりたるをるべし このけらいあるじくらがねひきおひしてつきかさなりてせんまんきんにいたるとおなじ われつみおふことはことあくをなすことばかりをしかりとせずあくをなさざるもまたかならひきおひすることあり いかにとなればなすまじきことをなすももとよりつみなりすべきをなさざるもまたつみなり ゆへイエスつみとなへおひめとなせり いのりことばわがおひめゆるすをもとむとはすなはちつみおひめとなせるなり そのけらいおひめおほくしてあがなふことをざればあるじめいじてそのそのつまそのもちものとをうりあがなへとあるにけらいひれふしあるじゆるしたまはばことごとあがなはんといへり そのあがなひかへさんとゆるすことのたやすきじこりきれうをもはからざることをるべし これあるじつよきいかりおそれてにわかばうげんいだせるなり ひとかんなんあふまことかみせめなりとじこつみあることをおぼへたればすぐくひあらたこれよりのちこころたてひとつまったぜんにんとなれどもあくほんせういまだのぞかざればにあることいよいよひさしければひさしきほどいよいひきおひおほくみづかいさをたててそのあやまちおぎなはんとするもおよびがたし さいわひにしてこのあるじあはれみこころとしてそのばうげんつみせめことごとそのひきおひゆるせしはわれまへよりつみことごとさふじするはじつてんあわれみめぐみることにてわれぜんとにるにあらざるがごときなり ただこのけらいひとたびそのいづればもとのすがたまたあらはれすこしもおそれはばかることなくどうやくむごくあしらひそのざんばうほしひままにせり もしあるじまへにあらばさやうのふるまひはせまじきなり ゆへわれつねてんしたしみてふとしてそのまへはなるべからず おそらくはいつたんかみめぐみわするるときはかみゆうにいましてかんがみたまふことをらず つみおかすにいさみておのれのだいあくかへりみずにんあやまちをばすこしなりともこれせむることはなはゆるやかならず すこしもたへしのぶことあたはず このあくしんことなることなし(どうやく)といふはそのくらいわれおなじきものにあらずおほむねそのしょくわれよりおとりたれどもきみろくはみわれおなじくつかふるものをいへり(じっきん)をおふといふはひきおひはなはすくなくしてきみひきおひせしせんまんきんくらぶればてんふちとのさうあり このたとへるべしひとつみわれよりるははなはかろくしてわれつみかみるはきわめめておほひなることじつしたたるみづだいかいとのはるかひとしからざるがごとし(これとらふ)といふはローマれいにてのんどにぎることなり すべてひとたからひきおひするものあればかしぬしこれたづさへてやくしょにいたりそのつみをいひくわんうつたふべし これいきほひをたのみひとしのむりどりするにあらずもとよりこふにまかせてせしなり しかればわれすでにてんごくたみたればとりてもみちたがはぬものをとるだによからず われあたひなくしてかみめぐみうくるゆへにひとにもまたわれよりめぐみほどこすべし さればよろずことごとおきてとりひとをただすべからず ひとおのつみあるにかへつにんをきびしくさいばんひとせむることはあきらかなれどもおのれをせむることはいたつくらダビデつみおかしてかへつかくごときものはざいおこなふべしとみづからいへり〔サムエル下二章五節ゆへポーロひとおだやかにしてすべてひとあしらふににうてせんことをすすわれまへにはおろかなるものしたがはざるものまよへるものいろいろよくたのしみれいとなるものうらねたみておくりしものにくむべきものまたたがひにくみあへるものなりしといへり〔テトス書三章二節三節どうやくこのけらいやうめんもとむるとこのけらいあるじゆるさんことをもとむるとそのことばすこしもことなることなしかつこのけらいあるじもとむるはおもひきおひにてあがなひがたし いつわりてもくぜんきふのがるるなり どうやくかれもとむるはわづかにこのじっきんにしてのこらずかへすはなはたやすければそのこひゆるすもかたからず しかるにしゅはすでにさきにゆるせしかどそのけらいついにゆるさざるなり おほくどうやくかれのしわざをおほひうれへてそのしわざをしゅことごとつげしなり なかひとるにあくあくむくひまたはおなじなかまむごくすることあり われこれるときはまたおほひかなしめり されどわれむくひけんるにあらざればこのおほくどうやくしゅつぐるをまなびこのことてんいのるべし おほくどうやくこのあしきけらいうれへもだゆるはにんぜうつねなり しゅおのれにゆるせしことばはなほそのみみにありながらどうやくむごくせしはかたわらよりひといかりいだくはもとよりあやしむらず われもかやうのなさけなきばまたかならよろこばざれどときとしてはこれことならはんとせまじきものにもあらざればくこれをほんとなすべきなり わがすくひぬしいさをによりててんゆるししにそのめぐみわすそむきてひとゆるさざることありしかとみづかおのれのこころとふべし またわれおひてはむごきことはもとよりせざれどももしひとうらみいだきしことはあらなんかとみづかおのれにとふべし これのことなくばますますなきやうにこころもちもしあらばすみやかこれあたらむべし(おほくどうやくすでにそのあるじつげければあるじいかりそのけらいつみゆるさず)といふはおほくどうやくどうかくなればせうばつけんなしゆへただうれふのみにてこればつすることをしゅせうばつけんおのれにあればこれとりそのつみあきらかにただすべし ゆへそのうつたへききいかるなきをさきいつたんかれこふところゆるせしかどこのときたちまちまたあがなへといへるはことばはむたれどもせんまんきんゆるすべくもほうばいむごくするははなはだあはれみのこころなくそのつみおほひなればじつゆるしがたきなり ゆへひとやづかさわたしてそのひきおひことごとあがなはしむるなり しゅけらいあつかふことかくのごとてんわれあつかひたまふもまたしかりなり ゆへイエスいひたまひけるになんぢこころもしけうだいゆるさざればわがちちかくごとなんぢおこなはんと われてんゆるしうけけうだいゆるすこころなくほうばいにはうれひいだかしめてんいかりうごかさしめてわれおひめことごとあがなはんとするもわれこれあがなふことをざればかならちんりんあしきけらいひとやにあるがごとながくいづることなし いのりことばわれおひめゆるされんことをもとむるはひとおひめゆるすがごとしとはすなはちこのこころにてこの(ごとし)といふもじふかいみあり ひとつみゆるさざればてんわれつみゆるさざるをもとむるなり てんわれめあてとしてわれあつかひたまへとのぞなり さてまたイエスでしかたりたまふときつねてんとなへまたなんぢちちとなへたまふにここにはわがちちとなへたまふはいかにといふにひとあいするおのれをあいするがごとくするときはてんにしててんまたかれちちとなりたまふべし われもしじひなくしてひとむごくするときはてんとなるにたへてんもまたかれちちにはあらず すくひぬしわれをいましめたまふこといよいねんごろなり このたとへむねわれすでにおもきつみゆるさるるてんあつめぐみかふむりしならばかならひとにもめぐみほどこしそのつみゆるすことたびななたびかぎらずまたおほやけおきてなずみてひとをただすことをせずまことかみたるをあらはすべしとなり