新約聖書譬喩略解/第二 稗子の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二 からすむぎたとへ[編集]

馬太十三章二十四節より三十節又三十六節より四十二節

またたとへかれしめしていひけるはてんこくひとはたよきたねまくたり人々のいねたるうちそのてききたりむぎなかからすむぎまきされなへはへいでみのりたるときからすむぎあらはれたり あるじしもべきたりていひけるはあるじはたにはよきたねまかざりしかいかにしてからすむぎあるや しもべいひけるはあだびとこれなせしもべあるじいわけるはしからばわれゆきてこれぬきあつむるはよきいなおそらくはなんぢからすむぎぬきあつめんとてむぎをもともぬくべしかりいれまでふたつながらそだておけわれかりいれのときまづからすむぎぬきあつめてやかんためにこれたばむぎをばくらおさめよといはん○ついにイエスひとびとかへしていえそのでしきたりていひけるははたけからすむぎたとへわれときたまへ これこたへいひけるはよきたねまくものひとなりはたけはこのかいなりよきたねこれてんこくこどもなりからすむぎあくどもなりこれをまくあだあくなりかりいれすへなりかるものてんつかひたちなりからすむぎおさめやかごとこのすへおひてもかくごとくなるべし ひとそのつかひたちをつかはしてそのくにうちよりすべつまづきとなるものまたあくをなすひとおさめこれなげいるべしそこにてかなしはがみすることあらこのときただしきひとそのちちくにおひごとかがやかんみみありてきこゆるものきくべし

〔註〕このたとへかみたとへとつづきたれどもそのいみことなれり かみたとへにはひとこころでんはみなよしとなしがたきゆへにまくところのたねもことごとくはおひざるをたとへとなせり ここにはただひとこころかかはりあることをときたまふのみならずまたまきへだてさへぎるをかたりたまへり さてこのたとへたいイエスすでにこれきあかしたまひよきたねまくものはひとなりはたかいなりよきたねてんごくこどもからすむぎあくこれまくものはまきなりかりいれすへなりるものはてんつかひたちなりといへり そのこころてんごくはこのにはまつたふしがたし イエスおしへしょしょりうでんすれどもなほたんこのうちこんずることあり イエスけうくわいもとしんじつでしおさめられたれどもぜんひとひそかにそのうちることをまぬかれず イエスめされしでしうちユダといふものあり しとおさめられしものにアナニア シモンそのほかおほいつわりのけうだいありてひそかにきたりてうかがひさぐれることあるがごとこれひとイエスでしはありといへどそのじつまことでしにあらず からすむぎこくるいすれどもそのじつなるがごときなり かみえらたまひたみまきたやすくそこなふことをざればいろいろのてだてさまたあるひそのないのものにうらみさせあるひしたしきともそしらせあるひきんじょのものにののしらせてむすぶことをざらしむ かみみちまきのすでにのぞくことあたはざればにちへだてたわめんとおもあるひたんまどはあるひよのなかまつはりあるひこうおどしすみやかおゆることをざらしめんとするはからすむぎよきなへそこなはんとするがごときなり あだひとたるをつけみてからすむぎをまきよきなへそこなはんとす まきそのごとひとさめざるすきうかがひてそのきくわいわれそこなはんとせり(しもべあるじとふなんぢよきたねはたにまくにあらずやなにによりてからすむぎありやといふにあるじこたへあだこれをなせり)と しからばでんだうしゃもとイエスみちつたふるものなればけうくわいうちあくをなしあるひたんしんずるものあるをてもれがためにこころをとりちがうたがひしやうずることなかれ けうくわいかくきよからぬはまくところのみちよからぬにあらず いつしかまきひそかにきたりてさまたげをなすによれり しもべすみやかにうちをみなよきなへになさんとするはそのこころだてぜんなれどもそのちえたらざればあるじこれにかたりふたつのものをともそだててるときにいたれと そのからすむぎらんとしてこくもまたそこなはれんとするをおそるるなり われけうくわいきよきためにいつわりともがらのぞかんとするもぜんあくみわけさだかならざるがごとれはすへおひかみつかひのなしたまふことなり われひとこころことごとることあたわざればだいあくありてひとびとあらはれたるはもとよりけうくわいいだすべし わづかあやまちあるかあるひかみみちはなれんとするかとへたるもそのこころせいれいうくるやいなやわれのよくるところにあらざればこれおひいだしそのいへしんじゃまでもそのためにしんかううすくせばからすむぎからんとしてこくをもそこまふがごとくなればかへつてさまたげとなるべし またつねこうてこのじゃけうことごとほろぼぜうにたへてまよいのなからんをほっするもあれどもこのはもとよりためしなればかくのごとくはなしがたし ひとこころぜんあくわかつらずけつしてなかぜんつくつくしてきずなきことをざるなり ただすへにいたればてんかならずきびしくわかちたまひごくあくだいざいばかりをさばきたまふのみならずややわたくしねんりょあるもまたかならあらわヒブルしょ四章十三節ものとしてかみまへあらはれざるはなし われかかわれるものまへすべてのものはだかにてあらはるといへるごとそのときにいたればひとつみおとしいるものおよびあくなすひとをばかならのぞきてこれをなげいれたまへり このにありてはあくにんぜんにんわかちがたきがごとくなれどもさばきときにはてんそうありてひとつむれおなじふすることをざるなり そこなひむさぼりいんぽんいつわりおのおのそのたぐひしたがつてみなかぎりなきのけいばつうくるなり ゆへイエスこのたとへまふけたまひわれまさにかるものかたらんとす まづからすむぎおさつかねたばとなしてこれやかんといひたまへるなり あしきものかぎりなきけいいれられくるしみをうくることやくごとよきものかならてんごくのぼさかへうくることかがやくごとイエスまたいひたまひけるにこくわがくらあつむるとはこといひたまふなるべし このたとへむねぜんあくいまにありてはこんじてむくひなきがごとくなればひとうたがひおこしやすけれどもすへにいたればしやうばつはなはおほやけにしてすこしもこんらんすることなし ことわざぜんあくつまりつひむくひありとこのたとへよくかなひたり われこのたとへよまこころなへからすむぎまことかみまきたまへるところそもそまきまくところかとみづからひすみやかにやうじんくはふべきなり