新約聖書譬喩略解/第二 稗子の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二 稗子からすむぎたとへ[編集]

馬太十三章二十四節より三十節又三十六節より四十二節

またたとへかれしめしていひけるは天國てんこくひとはた善種よきたねまくたり人々のいねたるうち其敵そのてききたりむぎなか稗子からすむぎまきされなへはへいでみのりたるとき稗子からすむぎあらはれたり 主人あるじしもべきたりていひけるはあるじはたには美種よきたねまかざりしか如何いかにして稗子からすむぎあるや しもべいひけるは敵人あだびとこれなせしもべ主人あるじいわけるはしからばわれゆきてこれぬきあつむるはよきいなおそらくはなんぢ稗子からすむぎぬきあつめんとてむぎをもともぬくべし収穫かりいれまでふたつながらそだておけわれかりいれのときまづ稗子からすむぎぬきあつめてやかんためにこれたばむぎをばくらおさめよといはん○ついにイエス衆人ひとびとかへしていえその弟子でしきたりていひけるははたけ稗子からすむぎたとへわれときたまへ これこたへいひけるは善種よきたね播者まくものひとなりはたけはこのかいなり善種よきたねこれ天國てんこく諸子こどもなり稗子からすむぎあくどもなりこれをまくあだあくなり収穫かりいれすへなり刈者かるものてん使つかひたちなり稗子からすむぎおさめやかごとこのすへおひてもかくごとくなるべし ひとその使者つかひたちをつかはして其國そのくにうちよりすべ躓礙つまづきとなるものまたあくをなすひとおさめこれ投入なげいるべし其處そこにてかなし切歯はがみすることあらこのとき義人ただしきひと其父そのちちくにおひごとかがやかんみみありてきこゆるものきくべし

〔註〕このたとへかみたとへとつづきたれどもその意味いみことなれり かみたとへにはひとこころでんはみなよしとなしがたきゆへにまくところのたねもことごとくはおひざるをたとへとなせり ここにはただひとこころかかはりあることをときたまふのみならずまた魔鬼まきへだてさへぎるをかたりたまへり さてこのたとへたいイエスすでにこれきあかしたまひ美種よきたねまくものはひとなりはたかいなり美種よきたね天国てんごく諸子こども稗子からすむぎあくこれまくものは魔鬼まきなり収穫かりいれすへなりるものはてん使つかひたちなりといへり そのこころ天国てんごくはこのにはまつたふしがたし イエスおしへ処々しょしょ流傳りうでんすれどもなほたんこのうちこんずることあり イエス教會けうくわいもと眞実しんじつ弟子でしおさめられたれどもぜんひとひそかにそのうちることをまぬかれず イエスめされし弟子でしうちユダといふものあり 使徒しとおさめられしものにアナニア シモン其外そのほかおほいつわりの兄弟けうだいありてひそかにきたりてうかがひさぐれることあるがごとこれひとイエス弟子でしはありといへど其実そのじつまこと弟子でしにあらず 稗子からすむぎこくるいすれども其実そのじつなるがごときなり かみえらたまひたみ魔鬼まき容易たやすくそこなふことをざればいろいろのてだてさまたあるひそのないのものに咨怨うらみさせあるひ親友したしきともそしらせあるひ近所きんじょのものに詈罵ののしらせてむすぶことをざらしむ かみみち魔鬼まきのすでにのぞくことあたはざればにちへだてたわめんとおもあるひたん蠱惑まどはあるひ世俗よのなか牽纏まつはりあるひこう恐嚇おどしすみやか発生おゆることをざらしめんとするは稗子からすむぎ良苗よきなへそこなはんとするがごときなり あだひとたるをつけみて稗子からすむぎをまき良苗よきなへそこなはんとす 魔鬼まきそのごとひとさめざるすきうかがひてその機會きくわいわれそこなはんとせり(しもべ主人あるじとふなんぢよきたねはたにまくにあらずやなにによりて稗子からすむぎありやといふに主人あるじこたへあだこれをなせり)と しからば傳道者でんだうしゃもとイエスみちつたふるものなれば教會けうくわいうちあくをなしあるひたんしんずるものあるをてもれがためにこころをとりちがうたがひしやうずることなかれ 教會けうくわいかくきよからぬはまくところのみちよからぬにあらず いつしか魔鬼まきひそかにきたりてさまたげをなすによれり しもべすみやかにうちをみなよきなへになさんとするはそのこころだてぜんなれどもその智慧ちえたらざれば主人あるじこれにかたりふたつのものをともそだててるときにいたれと その稗子からすむぎらんとしてこくもまたそこなはれんとするをおそるるなり われ教會けうくわいきよきために仮偽いつわりともがらのぞかんとするも善悪ぜんあく分別みわけさだかならざるがごとれはすへおひかみ使つかひのなしたまふことなり われひとこころことごとることあたわざれば大悪だいあくありてひとびとあらはれたるはもとより教會けうくわいいだすべし わづかあやまちあるかあるひかみみちはなれんとするかとへたるもそのこころ聖霊せいれいうくるやいなやわれのよくるところにあらざればこれ逐出おひいだしそのいへ信者しんじゃまでもそのために信仰しんかううすくせば稗子からすむぎからんとしてこくをもそこまふがごとくなればかへつてさまたげとなるべし またつねこうてこの邪教じゃけうことごとほろぼぜうにたへて迷惑まよいのなからんをほっするもあれどもこのはもとより試練ためしなればかくのごとくはなしがたし ひとこころ善悪ぜんあくわかつらずけつしてなかぜんつくつくして疵瑕きずなきことをざるなり ただすへにいたればてんかならずきびしくわかちたまひ極悪ごくあく大罪だいざいばかりを審判さばきたまふのみならずややわたくし念慮ねんりょあるもまたかならあらわ希伯來ヒブルしょ四章十三節ものとしてかみまへあらはれざるはなし われかかわれるものまへすべてのものはだかにてあらはるといへるごと其時そのときにいたればひとつみおとしいるものおよびあくなすひとをばかならのぞきてこれを投入なげいれたまへり このにありては悪人あくにん善人ぜんにんわかちがたきがごとくなれども審判さばきときにはてんそうありてひとつむれおなじふすることをざるなり 残忍そこなひ貪婪むさぼり奸淫いんぽん詐偽いつわりおのおのそのたぐひしたがつてみなかぎりなきの刑罰けいばつうくるなり ゆへイエスこのたとへまふけたまひわれまさに刈者かるものかたらんとす まづ稗子からすむぎおさつかねたばとなしてこれやかんといひたまへるなり 悪者あしきもの永刑かぎりなきけいいれられくるしみをうくることやくごと善者よきものかなら天国てんごくのぼさかへうくること耀かがやくごとイエスまたいひたまひけるにこく我倉わがくらあつむるとはこといひたまふなるべし このたとへむね善悪ぜんあくいまにありてはこんじて報應むくひなきがごとくなればひとうたがひおこしやすけれどもすへにいたれば賞罰しやうばつはなはおほやけにしてすこしも混乱こんらんすることなし 俗語ことわざ善悪ぜんあく到頭つまりつひむくひありとこのたとへ暗合よくかなひたり われこのたとへよまこころなへ稗子からすむぎまことかみまきたまへるところそもそ魔鬼まきまくところかとみづからひすみやかに堤防やうじんくはふべきなり