新約聖書譬喩略解/第一 播種の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第一 たねまきたとへ[編集]

マタイ十三章三節より八節に又十八節より二十二節にいたる マルコ四章四節より八節に又十四節より二十節にいたる ルカ八章五節より八節に又十一節より十五節にいたる

たねまくものまきにいでしがまけるときみちかたはらおちたねありそらとりきたりてついばつくせり またつちうすきいしおちたねありただちはへいでたれどいでしときやかれしかばなきがゆえかれたり またいばらなかおちたねありいばらそだちてこれふさげり またよきおちたねありむすべることあるひひゃくばいあるひは六十ばいあるひは三十ばいせり○ゆえなんぢたねまきたとへをききてんこくおしへききさとらざればあくきたりてそのこころまかれたるたねうばこれみちかたはらまかれたるたねなり いしまかれたるたねこれおしへききすみやかによろこうくれどもすでなければしばしのみおしへためくわんなんあるひはせまらるることおこときたちまみちつまづものなり またいばらなかまかれたるたねこのおしへきけどもこのりょたからまどひおしへおほはれてみのらざるものなり よきまかれたるたねこのおしへききさとむすぶことあるひひゃくばいあるひは六十ばいするものなり

ちう(ときあかし)〕このたとへこころかみめぐみひとこころとはかならあひたすけおこなはるものなればふたつのものかたがたはいすべからざることをいへり たねありともまくのあらざればそのたねおゆることならずありともたねなければそのむすぶことならず かみひとよりめぐみあらはしたまひひとかみよりはじめてよくぜんをなせり それくさぎりすかざればただいちめんくさむらとなりてよきたねそだつるのなくひとうまれのままにてはおひおひつみおほくなりてついよきとくをなすのときなし せいぜんたつとばずしてかみめぐみをこそいちだんきんやうとなすべきなり○このたとへことばとくまたずしてつまびらかなりそのところいみほんもんおひてすでにときあかしたまへり(まくもの)とはイエスおよびでんだうひとし(たね)とはかみみちす〔ルカ八章十一節ひとみちぜんなりといへどもただうはべふうぞくをよくするのみにてしんないこころかへあらたむることあたわず ただかみみちそのこころくわするのふしぎあり ゆへふくいんあつくしんずるものはそのおこなひただしくこころたつることほかおしへのよくおよところにあらざるなり○まくところいつしょにあらざるはイエスなんぢゆきかいあまねふくいんばんみんつたへよといひたまへることありてかいひとびとにいたりてはおしへたのしみてうくるものもありたのしみてはうけざるものもあることをりたまひしゆへなり しかしおしへうくるとうけざるとはひとびとこころにありてかみはいづれのところたりともそのにしたがひておしへたまはざることなければひとびとそのおしへきくことをざりしといひわけすることをざるなり さればおよひとたぐひおのおのおなじからざるはこのでんよいろことなるあるごときなり
みちかたはら)とはひとこころかたくななることをせり みづからそこなふものとみづからすつるものとおよすこしもみちおこなこころなきものとはそのぜんなりといふことをれどもそのぜんとおのれとはさらかかわりなきものとなせるをいふ(みち)とははたあひだみちにてゆききひとのためにふみかためられまくともそのたねおゆることあたわず こころでんはたみちとおなじことにてよくのためにふみかためられてはみちきくともこころることならず ただることならざるのみにあらずかくみちうしなやすきことなればたちまちまきのいたりてこれうばへることそらとりきたりてそのまくところのたねことごとついばくらふことなることなし まきおほくありてたいでんにはまきあしきものとなへりあくくわいほんたるによつづけたるなりるかでんにはさたんとなせりこれはヒブルおんにてやくすればてきといふことなり ひとれいこんおほいなるあだといふこころなり またそらきみともとなへり さればここにそらとりまきたくらべたるなり まきひとこころうばふになにてだててするといふにまづにちにちこまかなることよりひとこころまぎらしみだしてわすれやすからしめむらがるとりのきたりてまくところのよきたねついばむごときなり このことはたとへせうなりともこころそこなふことのおほいなるむらがるとりなりといへどあはついばむことのまことにおほきがごときなり
いし)はつちうすきところにしてひとこころあさはかなりてしんをききぢきとくすれどもまたぢきうしないやすせうたちまよろこぶかとすればまたたちまいかるがごときにたるをいへり たねつちうすところにありてはおゆるすみやかなれどもまたかるるもすみやかなり このすみやかかるるといふにそのわけふたつありてひとつつちうるほひなくいりふかくなきゆへなり ひとつにはそとよりあつきてらさるるによりやすきなり うへうすどろありともしたいしあるところなればそのかたきことはたみちくらぶればもっとはなはだしきところなり これひとみちきけよろこぶことすみやかなれどもただみちしんずればえきあることをるのみにてみちうしなはざるやうこれまもることのじつかたきをらず てんとうときさかへてんごくかぎりなきさいわひけうくわいたがひあいするのことにおひてはのぞむことまことさかんなりといへどひとそしりあだせめまきわないたりてはこれにやうじんせず イエスじうじかおほわれしたがはざるものはわれでしとすることあたわずかれまたこのことばにつきてふかおもはずといひたまへり ひとおほくはひとたびかんなんにあふことればこれこらゆることならずしてみちそむけり()とはしんかうせりひとかみことばあつくしんへずねんせばたにかたはらうへたるごとそのせついたれむすそのもまたながおちざるなり()とはよのなかためしせめとをくさふかいりたるはあつきおそれざればいよいよなほそのえだふしかたふしてしもかぜさむきにたへしめり ひとしんかうあつくしてよのなかかんなんおそれざればいよいよのなかとほざけててんしたしましめたまへり しとヤコブなんぢもろもろためしあはばこれをみなたのしみとなすべしといへるはこれことなり もしこころうちしんかうなきはなきがごとあつきたゆることあたはざるはだんぜんたり およとしわかひとつねにこのつひへおかしそのみちしんずることはいつわりといふにあらざれどもためしせめとのあじはひがたきをひとたびちちあにせめしたしきともそしりにあはばおほなかばにおひてめり ひとおそるることかへつかみおそるるよりもはなはだしくせいしつあくそみたるけがれよりもはなはだしきことはいしかたきははたみちかたきよりもはなはだしきことをさとらざるなり すべてみちききたちまちよろこぶものはおほむすぶことあたはずおひおひふかまなおひおひあつしんずるものはぜうじゅいたるべし たとへばかれくさやけやすきはひかりあらはるるかとすればひさしきにへずしてもへつくせきたんのかたきはにはかひかりあらはれずしばらこくうつすがごときなり
いばらうち)とはひとこころさだめなくかみうやましたひそのこころおのおのなかばにすることをせり いばらなかもとよきはたなり いしあしきちとはおなしからず のうおこたりによりてよきいばらしやうずるにいたれどもさきにまきたるたねすきさりたるにもあらざればいばらそだちてそのいねさへぎふさげるなり ゆへいねなへばかりにてなければこくみのるをのぞみがたし これひとみちもとむるにこころありてこれよろこべどもにぎわひるときはまたこれをもしたへり ふくいんをきくのときにはこれこころよろこばざるにあらねどもひとゆきするときはこころうつりてこれがためにまどひにひかされり(いばら)とはぜうまどひせり ひとこのまどひうくるのわけふたつあり ひとつはこのねんりょとなせり かんこんきうまたはこどもあいじやうしたしきともまじはりとうごとつねこれのためにひかされてまことかみいましめおかすくひぬしめぐみをすてり ひとつたからたのしみとすふうしたおくいとなふくかざいんしょくおごるのるいごとくまたつねこれのためにてんごくさいわひわする このふたつことはみなみちいとむすばざらしめり イエスいひたまひけるはなんぢみづからつつしめよおそらくはいんしょくふけよのことわづらはされなんぢこころにぶくなりてこのおもひよらざるときなんぢのぞまんと〔ルカ二十一章三十四節ポールまたいはとまんことをほっするものはなやみわなとまたほろびくらきとにおぼらところおろかにしてさまたげあるさまざまのよくおちいるなりと〔テモテ前書六章九節およちうねんひとはこれらのついへによりてそのこころまことのみちはなかぎりないのちざるなり
よき)とはひとこころまことよくしてみちきくことあきらかこれまもることもまたよくかたくしてつねかんしのびてむすぶことをせり これひとせいしょかみつくものととなへり〔ヨハネ十八章四十八節〕またしんつくものともとなへり〔ヨハネ十八章三十八節もゆるすべてのものちかづくるにのたぐひにぞくするものはよくしゃくすべてのものちかづくるにてつぞくするものはこれつらしんひとおしゆるにかみつくものはよくそのおしへうけひとびとわけふたいろとなせり ひとつみづかよしとするひとにておのれぜんをなせしはにんおよがたきこととおもひしばしばこれおのれざいあくをばすこしのあやまちとなしていたむことなしといへり むかしのはりさいおよびがくしゃともがらごときものなり ひとつつみみとむるのひととなすそのへいじつなすことをたづぬるにおほくのひとくらぶればそむくこともっとおほけれどもせいれいくわんくわひとたびまことみちきくにおよびてはあやまちぜんうつらんことをおもへる むかしのみつぎとりおささるしい(ザアカイ)のともがらごとものなり いわゆるまことよきこころとはこれらをさしていへるなり じやうしかでうこころわかちありてこくたねにはわかちなし たねをまくものいづれのところくともみなそのたねむすぶことをねがはざるなし しかしいづれのところともかりいれしがたし ただこのはたのみかりいれのぞむべし イエスいひたまへりめさるるものおほくしてえらばるるものすくなしと このことばまことにたがはざるなりゆへひとよくきそひせまきもんすすむべし いたづらみちをききてむすぶことなくでんだうしゃこころくるしむることなかるべし
むすところ)はこころとくせりせいしょにただみたまむすところはすなはちじんあいらくへいにんたいじひりやうぜんちうしんおんじうそんせつといへるれなり〔ガラテヤ五章二十二節むすぶものをまたみいろわかてりあるひは三十ばいあるひは六十ばいあるひひゃくばいなり イエスでしまことみちまもるものまたおのおのおなじからずちえまし ねっしんみちてむすぶことまことしげきものありまたしんかうよわくしてことをなすことおろかむすぶいくばくもなきものあり すべイエスでしたらんものはよきおほむすぶことをねがふべし わがしゅいひたまひけるは すべてのむすえだはこれをきよむそはますますしげむすばしめんためなり またひともしわれわれまたかれらばおほくのむすぶべしと またなんぢおほくのむすばわがちちこれによりてほまれく さればなんぢわがでしなりと〔ヨハネ十五章二節五節八節〕しからばわれおのれよきおこなひあるをみづからたれりとせずひびすすみてやむなかるべし またすででしとなりたるとてみづかやすんずべからず あまたのひとすくひせしめほまれてんしよくわがこころあらはしてよきつちとなへらるべきなり