新約聖書譬喩略解/第二十一 大宴の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十一 おほふるまひたとへ[編集]

路加十四章十五節より二十四節

イエスかれいひけるはあるひとおほひなるふるまひまうけおほぜいまねけり ふるまひのときしもべそのまねきたるものつかはしてすべてのものはやそなはりたればきたるべしといわせけるにかれみなおなじことわりそのはじめものかれにいひけるはわれでんかひたればゆきざるをねがはくはわれゆるたままたひとりものいひけるはわれいつくびきうしかひたればこれこころむるためにゆかねがはくはわれゆるたままたひとりものいひけるはわれつまめとりたりこのゆへゆくことをざるなりそのしもべかへりてあるじつげければあるじいかつそのしもべいひけるはすみやかにむらちまたゆきまづしきものかたわあしなへめしひなどをここひききたしもべいひけるはしゅおほせごとなせしかれどもなほあまりのあり しゅじんしもべいひけるはみちまがきほとりにゆきしひひとびとひききたわがいへみたしめよ われなんぢらにつげん かのまねきたるひとびとひとりだにわがふるまひあぢはものなし

〔註〕このたとへだい十二のわうこんれいたとへとはおほひわかちあり わうこんれいたとへすでまへつまびらかなり このたとへまうけたまふゆへイエスひとりはりさいつかさなるもののいへいたりたまひしによのつねふるまひにあらず おほふるまひまうけもてなせり そのときイエスまねくところものたまふにふうひとあるひがくしゃともがらのみきゃくとなりてければまづしきのものをよくあわれむべきことをおしただしきひとよみがへらんときむくひんことをときたまひしに〔本章十二十三十四節ともしょくするものうちひとりいひけるはかみくにしょくするものはさいわひなりと〔本章十五節〕そのこころおのれもとよりしんあきらかにするのひとにてしごにはかならてんこくふるまひにあづかるべきなりとおもへイエスそのものしんちうほこるりたまひしゆへこのたとへかたりてそのひとならびにこのありあふひといましめられめさるるものいまだかならずしもえらばれずといへり このときふるまひにありしゆへすなわちもくぜんことたとへとなせり このたとへほんは(あるひと)とはてんし(おほふるまひ)はてんおほひなるめぐみひとこのよふくいんめぐみのちのよにてんこくかぎりなきさいわひうくるをいへるなり(おほぜいまね)はてんばんみんまねしんじゃとなしたまはんことをせり せいしょいわゆるしょぞくしょおんしょみんしょこくうちよりかみせしむと〔黙示録五章九節〕のこころなり(はじまねかるるひと)はがくしゃはりさいともがらし(しもべ)はイエスおよびすべてのでんだうしゃがくしゃはりさいともがらとはきうやくよみてんこくいたるのときあることをれり ここにいふ(ふるまひとき)はこのてんこくいたるのときせり イエスならびでしともがらひとすすめみちしんぜしめてんこくちかしといへるはすなわちこのこころなり(すべてのものそなは)とはふくいんにいふところのさいわひおのおのひとしくそなはるをてんめぐみありイエスあがなひありせいれいくわんくわありこのよなぐさめのちのよおほひなるさかへありこれみなかくることなきをいへり(かれみなおなじことわり)とはみちききしんぜざるものをさんにんことわうちひとりでんのためひとりあきなひのためひとりかないのためにてみなほんぶんことによりたればいなむことわりなれどもすであるじきたりまねくときはまづふるまひおもむきてのちようをなすべきにおのおのわたくしことによりてゆかいろいろことかこつけことわるはあるじめぐみゆるがせにするなり ひとあるひしんだいとめるしたあるひあきなひはんぜうむさぼあるひしゅしょくたのしみおぼれててんひとつかはしてふくいんつたくひあらためまねくいへどこばみしんぜずつひおほふるまひいなむおなこれけいじやうべつあやませんだいらずといふべし イエスまづかみくにただしきとをもとめよさらばこれものはみななんぢくはへらるべしといひたまひしをよくこころとむべきなり〔馬太六章三十三節ひとにあるらくしばしにしてよくそのねがひとぐるもまことさいわひにあらずこれかんようとなすべからず てんこくしたぜううすんずべし ポーロいはけうだいわれこれをいわんいまよりのちときちぢまれり そはつまもてものもたざるがごとこのもちゆるものはもちひざるがごとくすべきためなり それこのありさますぎゆくなりと〔哥林多前書七章二十九節より三十一節せいしょにはしばしばこのことをおしへたまへどもひとさとらざるはおしむべきことなり はじまねところのものきたらず あるじいかりしもべめいじてむらちまたゆきまづしきものかたわものあしなへのものめしひなるものをひききたるといふこのちまた)はまちうちにありてひとびとゆききするところなり これユダヤくにせり まづしきものよりいかひとこころうちみづかちからなきをりさまざまのくせあるをるをみつぎとりあくにんたぐひごときはがくしゃならびはりさいともがらもっとかろんずるところなり のちあるじまたしもべめいじてみちまがきほとりにゆきしひひとすすきたるといふこのまがき)はまちそとにていなかかうさくをなすところにあり これはうせり しひすすむところひとぞくせり これひともとよりぐうぞうはいまことかみらずまたがくしゃはりさいともがらかろんずるところなり(あるじひとししもべめいじてしひすすめきたる)はイエスみつぎとりあくにんまねきてくひあらためしめてでしとなしまたでしつかはしてふくいんぞくつたぞくひとてんこくすすましむるをせり(しひすすむ)といふはいなかものふくひとしからずなりいやしくこれまねきりっぱなるざしきにつかしむるときはみづかはづかしきたへざるなり さればこそしひこれまねきたるなり すべてひとみづからおもつみあるをるものはてんこくさいわひるにたへずとおもへり そのこころまかせなばますますちぢまりてすすまずことかこつけいなまんとせり ゆへしひこれおしへこれせめくひあらたむることをせしめんとするなり しひけうくわいるるをいふにあらず(まねところひとひとりわがふるまひあじはふものなし)とはすべてめさるれどもうけいれざることをせり はりさいともがらともすくひざるがごとし さればこのたとへよみイエスおしへさとてんみこころるもてんこくすすまずんばかならかぎりなきいのちうくるあたはざるをるべし こころみおもへまことかみめぐみかくごとふかこのよわがこころなぐさのちのよわがたましひすくひたまひてんこくおほふるまひたのしみきはまりなし まぎらしきよのことよりそのみちへだてたつべけんや もしにくぜうよくにほだされじひめぐみゆるがせにせばかならかみただしきいかりむかへたまものうばはるべし これわれもまたかれおほふるまひいなむのうちにあるなり まことみちくものはかみおほふるまひいなむをいましめとなすべきなり