新約聖書譬喩略解/第二十六 富人と拉撒路の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十六 とめるひとらざろたとへ[編集]

路加十六章十九節より三十一節

こことめひとあり むらさきほそぬのひびおごりたのしめり またラザロいへまづしきものあり いたしゅもつやみとめひともんおかれそのだいよりおつくづにてやしなはれんとおもへり またいぬきたりてそのしゅもつなむまづしきものしにたればてんつかひたちによりアブラハムふところおくられたり とめひとししはうむられしがよみにてくるしみうけそのをあげはるかアブラハムそのふところラザロさけびいひけるはちちアブラハムわれあはれラザロつかはしてそのゆびさきみづひたわがしたひやさしめたまわれこのほのほうちくるしめばなり アブラハムいひけるはなんぢいきたりしときなんぢよきうけまたラザロそのくるしみうけしをおもいまかれなぐさめられなんぢくるしめらるるなり これのみならずここよりなんぢわたらんとするともそこよりわれわたらんとするともまたざるためわれなんぢとのあひださだめおかれたるおほひなるふちあり こたへけるはしからちちねがはくばわがちちいへラザロつかはしたまへ それわれに五人のけうだいありまたかれこのくるしみところざるためラザロせうなさしめよ アブラハムいひけるはかれにはモーセげんじゃあればこれきくべし こたへけるはしからちちアブラハムよもしよりかれゆくものあらばくひあらたむべし アブラハムいひけるはもしモーセげんしゃきかずばたとよりよみがへものありともそのすすめうけざるべし

〔註〕このたとへかみたとへぞくせざるにたれどもこまかかんがふればひとついみにてつらぬけただしそのいみややふかきによりてひとさとりがたし まごころからぬばんとうたとへときおはりたまひしにはりさいともがらもとよりざいむさぼゆへにそのたとへあざけりしゆへイエスまづそのぜんせめひとまへみづかとなへてただしとなすことはかみふかくにくみたまふことをかたりたまひ〔十五章ママ[1]またユダヤふるきおきてヨハネいたりとどまヨハネよりのちもっぱふくいんつたへたればはりさいともがらまたおきてけんとりひとてんこくすすむさまたぐることあたはざるをかたりたまひ〔十六章ママ[2]またふくいんおこなはるるはかみおきてはいせしにあらざれどもおのづからふるきおきてもちひざることをかたりたまひ〔十七章ママ[3]またはりさいひとはそのくちにはおきてまもるといへどもそのじつおきておかひとこころまかせてそのつまいだすひといんおこなふおしじっかいおかすことをめたまへり〔十八節〕 このたとへおほむねよのなかものあいすることまことかみみちあいするよりすぎたるをはなはつみありとあかしたまへるなり とめるひとおごりはりさいむさぼりそのこころおなじからざるにたれどもざいむさぼゆえんたくわへおほきねがあらかじのちおごりはかることなればあいしたふのぜうおなじことなり イエスとめるひといわただまづしきものあらはしてラザロいひたまふはてんこくよのなかと同じからず よのなかとめるものをばひとそのくちかけいひはやしそでこひなどるものはなはだすくなし さればひといろいろのてだててそのあらはるもとむれどもただてんこくいのちてうありていけるときふうなりといへどよくもっぱらにするものはそのなまへてううちしるされずしてみなほろいけるときひんせんなりといへどそのこころまことくひあらたむるものはそのなまへてううちしるされてながくくちざるなり このたとへふたりひとりまづしくひとりとめすべてことみなうらはらなり とめるひとむらさきこまかきぬのあやもやうあざやかなり ラザロさうみはれものにてきものからだおほはずとめるひとひびさかもりこととしてむまきものあけラザロおちたるくずひろふはらみてんとしとめるひとからだすこやかにしてあまたしもべありてことおこなへラザロやみひとりいぬつきしたがふあり とめるひとるときはおほくしたしきともほふむりおくラザロせしにそのほふむりいわざるはしかばねどうさらせるなり とめるひとラザロいけるときかくごとうらはらなればししてのちいたりてもまたうらはらなり ラザロたましひてんこくのぼてんのつかひきたりむかふるあり とめるひとよみおちたれありとふものなし ラザロアブラハムまみへそのふところやすくとめるひとおにちかづきともほのほうちれり このときラザロかはりとめるひととなりもろもろさいわひならびいたなにごとねがひごとくならざるなし とめるひとこのときこじきとなりみづもとしたひやさんとすれどもそれさへとげがたきなり そもそもすべてふうなるものはよみおちひんせんなるものはかならてんこくのぼるといふにあらずむかしアブラハムしんじゃせんぞとなりたまひしがもとよりふういませしなり せいしょこころまづしきものはさいわひなりとまづしくともこころまづしからざればまたけつしてすくひざるなり またこのとめるひとくるしみうくるをおもふにそのざいふぎよりしてたるがためにあらずふうたのみひとしのぐがためにあらずまづしきラザロあはれまざるがためにあらずラザロつねにこのとめるひともんいたりしをればかれかならこのとめるひとよりることあればなり しかるにイエスこのとめるひとつみしたまふはぜうにひかされてんたましひすくひたまふみちわすれゆへなり とめるひとさけびて(ちちアブラハム)とはユダヤひとつねおのれはアブラハムすえなるをたのアブラハムわがちちといひ〔約翰福音八章三十九節こころアブラハムいさをたのかならさいわひんとおもへるなり とめるひとアブラハムよんちちとなせどもなほくるしみいんはなはあつきによりてラザロつかはしゆびさきみづひたしてそのしたひやさんことをアブラハムこひもとめしにアブラハムこたへていふやうなんぢありしときのことをおもふべしと すべてひとありてはよくのためにちえくらまされせしあくつねわすれしかどいんおちるときはれうしんおのづかさきおかせしつみこのときのこそげしるされりアブラハムまたいふやうなんぢさきもろもろさいわひうけいまこのくるしみうけラザロさきもろもろなやみうけいまこのなぐさめたりと (もろもろさいわひ)とはあるせつよのなかものいけるときゆたかなるくらしうけいまくるしみいけるときかんなんわたいまやすきなぐさめるをいへりと またあるせつに(さいわひうけなやみうく)はむくひしそのへいぜいせうぜんありておひてすでにほうびうくるときはそのたいあくせしのちばつラザロへいぜいすこしきあやまちあれどよのなかおひなやみうけゆへにそのだいとくしごおひさかへうけりと このれうせつともあり アブラハムまたいふやうこれのみにあらずなんぢわれあひだかぎれおほひなるほりありてかれこれゆきすることあたはずと けだてんこくいんとはふたつながらあひへだたぜんしゃあくにんあはれむといへどゆきすくふことあたはずおよすくひんとするものはいけるときすみやかくひあらためすべしせしのちいたりてはもはやちからなしがたし とめるひとのしからば(ちちラザロわがちちいへつかはしたまへわがけうだい五人ありかれこのくるしみところざるためラザロあかしなさしめよ)といふはじんあいあることばたり そのけうだいすくはんとほつするなり しかるにこまかにそのことばあぢはふにしからずそのこころおもへらくわれのここにおつるはありひとてんこくいんとのあかものなしひとありあかしをなさばけっししごにこのばつうくることをなさずと てんわれをしてしんきくくわいあらしめたまはざるをうらむるはこれくひあらたむこころにあらざるなり アブラハムこれこたへて(モーセおよびげんじゃあればこれきくべし)とこれてんすでにてだてたてたまひひときくせしめたまふことをせり きうやくしょてんこくすすいんさくるのてだておしへられければふたたひとつかはしせうをなさしめたまはざるなり とめるひとべんじて(しからずもしよりかれゆくものあらばくひあらたむべし)とはそのこころみみききたるはしんじがたくてこそたしかなるをしんずべしとおもへるなり アブラハムまたこれときいわくもしモーセげんじゃきかずんばよりよみがへものありともそのすすめうけざるべし)とこれいふもしせいしょしんぜずんばたとふしぎあるともまたかれくひあらためさせがたせいしょふしぎまさることふたつあり ひとつよりよみがへるとははなはおどろくべきことなり ひともしこれかならまきひそのこころまどひしとおもはん ましそのよみがへるときしばしにてひといくばくなし しかればせいしょどうきはめあきらかことばもみなたしかにしてひとびとつねよみつまびらかかんがふればそのせううるかたからざるにしかざるなり ふたつのちはたしてこのことありしもひとびとしんぜず イエスラザロよみがへらせしはまことこれよりよみがへらせしことなればまさしんずべきにユダヤひとこれしんぜざるのみにあらず かれころしてそのくちさんとせり またイエスじふじかつけられせしのちみつかめによみがへりたまひいますことじふにちあひだにておほひともあるにユダヤびとはもとのごとこれしんぜざるなり しからばせいしょおこなはれていまいたよむひとをよくさとらしめしんじてくひあらたむるもすべこれよりちからるにしかざるなり○あるひとせつこのたとへこころはかくのごとしといへどそのうちにまたこのこころあり(とめるひと)はユダヤびとし(ラザロ)はぞくす(からだじうしゅもつ)はぞくひとつみおかそうけがれたるをす(もんおか)とはユダヤびとぞくかろんおのれけうくわいるをゆるさざるをす(ラザロ アブラハムふところ)とはぞくひとのちふくいんしんてんこくるをす(とめるひとアブラハムよんちちとなせどもすくはれざる)はユダヤびとおのれをたのアブラハムのちといひくわつれいうけてんえらみたまふたみとなるべしとせり しかるくにほろおしへはいせらるることをらずイエスすでにいまさずでしまたちりたればこのときいたふくいんしんてんこくらんとねがへどもそのくわいなくくひうらむもまたおよばざるをせり イエスかつエルサレムかたりいひたまふになんぢいへあれとなりてのこされん われなんぢつげしゅよりきたものさいわひなりと なんぢいわんときいたるまではいまよりわれざるべしと〔馬太二十三章末節イエスこのたとへときたまふにあるひこのこころありたまはんか しかれどもこのせついまださだめがたし イエスわれつねめをさまこのとめるひともついましめとなすべきをときたまふことなればわれよのなかにありてだいあくなしといへどもっぱぜうひかされかみわすれなばするときまたばつうくべし つつしみおのれつみなしとつみおかすをさとらざることなかれ

脚注 [編集]

  1. 投稿者注:十五章となっているのは十五節の誤植。
  2. 投稿者注:十六章となっているのは十六節の誤植。
  3. 投稿者注:十七章となっているのは十七節の誤植。