新約聖書譬喩略解/第二十五 不忠操會者の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十五 まごころからぬばんとうたとへ[編集]

路加十六章一節より九節

イエスまたそのでしいひけるはあるとめるひとばんとうありけるがあるじもちものつひやしゝとあるじうつたへらる あるじばんとうよんいひけるはなんぢつひわがききたることなにぞやもはやなんぢをばんとうとなしえざればそのあつかひたることがらわれのべばんとうみづからおもへるはあるじわがやくめとりあげなばなになさわれすきとるにはちからなくほどこしこふはづかしくわがやくとられときこれいへむかへらるべきしかたれりとつひあるじさいにんことごとくよびそのはじめのものいひけるはなんぢわがあるじさいなにほどあるこたへいふあぶらひゃくなりかれいひけるはなんぢかきつけとりいそぎざしじふしるせまたひとりいひけるはなんぢさいなにほどあるこたへていふむぎひゃくこくなりかれいひけるはなんぢかきつけとりはちじふしるせあるじそのしわざたくみなるによりこのふぎなるばんとうほめたり それこのこどもらこのおひてひかりこどもらよりももつともたくみなり われなんぢつげふぎざいおのれともこれとぼしからときかれなんぢかぎりなきすまいむかへためなり

〔註〕このたとへうちにはおほがたところありてときあかしおのおのおなじからざれどもおほむねイエスそのでしおしへたまふにひとたくみこのよことせどもなんぢたくみのちのよことすべしといふこころにてこのたとへでしにのみときたまへるなり ばんとうやくしんじゃによりたり ばんとういへうちではすべてのぬひよりもたうとけれどもおなじあるじしもべなればあるじともかんじやうをなすべし われしんじゃにてかみめぐみつかさどりたればつひにはまたかならしゅかんじやうすべし かみみつたとへみつぎとりあくにんくひあらたむるによりてはりさいひとねたまるるほどなればこのときでしにはかならみつぎとりあくにんおほくしてかれへいじつところざいはみなこれふぎざいなり ゆへイエスかれのためによくそのえきべきてだておしへたまへり ばんとうあるじしんだいついやすとひとうつたへらるるはすべてこれまことのことにてむじつかふむるにあらず ゆへあるじこれかんじやうをなしてそのやくとりあふたたかれもちひずとなせり ばんとうみづかはかるにひとたびやくらるればすみどころもなくたがやすにはちからなくしょくこふはぢなり われなになさんとあんしつつたちまこころひとつはかりごとおもひだひそかあるじさいせしものをよびきたりそのかきつけあらためておのおのげんせうさいしゃよろこばしめこのめぐみくわんぜばわれのちやくうしなふともかならわれまねくものありてよするところあらんと そののちあるじしらべれのたくみめしなり そもそもこのたとへほんとくかいどうあり あるひとせつに(とめるひと)はてんこくしゅし(ばんとう)ははりさいともがらす(ばんとうわたくしすがでうてがたあらたむ)ははりさいわたくしかみいましめあらたむるをじつかいだいでうちちははうやまへとあればはりさいひとちちははたいしてなんぢやしなふべきものはそなへものなりといへちちははうやまはざるもよしとすといへり〔馬太十五章五節〕またおよそのつまいだしてほかものめとらばかんいんおこなふなりと〔本章十八節〕あればはりさいひとつまわかれるはそのたよりしたがふべしとことごとへらしてまもやすからしめつひかみおきておのれのこころまかせてあらたひとよろこびひろくせり イエスでしおしへたまふはこれうらはらなり よのなかふぎたからひとびとちらたからてんこくつめとおしへたまへり またあるひとせつには(とめるひとばんとうやくとりあげ)とするはてんユダヤふるきおしへもちひたまはざるをす(ばんとうさいしゃまじはりむすあらかじいるはかりごと)ははりさいしんじゃまじはりむすのちユダヤおしへはいするときにしんじゃこれうけいれイエスけうくわいらしむるをおしへたまふなりと このれうせつよりしたがふひとあれどもおそらくはたしかなときあかしにあらず だいいっせつよるイエスでしのためにときたまふことあきらかなり はりさいのためにときたまふにあらず だいはっせつあるじばんとうあるじすくひぬしを指すにあらず あるじばんとうほむるはよきひとたるをほむるにあらずなすところばあひかなひそのちえたくみにしてはかりごとよくとほきおよぼすをほむるなり イエスこのことときおはりまたこのくわいよりでしばんとうちえまなばんはかりごとはことさきだつそなへんことをすすめたまへり このこどもらとはひとひかりこどもらとはしんじゃせり ひとにくしんはかりごとをなすによくゆきとどきたり イエスでしにはしんとくよわくしてめのまへことかへりみかへつひとたくみなるにおよばざるものあり だいせつふぎたからともむすぶとはなにゆへたからふぎとはいふに人のたからかならずしもことごとただしきかなふことかたおほくひとかたるにたへみづかふにもたへざることあり たとせんよりつたはるたからにてもそのらいれきたづぬればまたただしきいでざるものあり してこのときでしにはまへみつぎとりにてざいふぎよりものすくなからず(とも)とはほどこしをなすひとせり てがみもてひとおくあるひでんどうしゃやしなひひとみちおしゆとうひとをいへり(とぼしとき)とはするときせり ひとするはばんとうはいせらるるがごとし(かぎりなきいへ)とはてんこくばんとうひといへむかへいれらるるはしばしのことにすぎざれどもしんじゃてんこくむかへいれらるるはかぎりなきことなりゆへかぎりなきいへといへるなり へいじつわれざいによりてすくひるものこのとききたりむかへりゆへむかへんといへるなり このたとへだいもとむるにイエスひとおしへたまふによのなかざいちらよきことおこなへばのちさりてんこくむかへられさきにわがめぐみうくるものみなきたりくわんしゃすときたまへるなり われまことたのしむべきにあらずや まんねんいるるのはかりごとなさんとするにこれよりまさりたるものなし むかしもろこしひやうくわんといふものまうせうくんかたりいわかうさんくつありと あたかもこのたとへあひたり ねがはくばこのしょむものつつしみかりそめになすべからざるなり