新約聖書譬喩略解/第二十七 無益の僕の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十七 えきしもべたとへ[編集]

路加十七章七節より十節

たれなんぢうちあるひたがやあるひけものかふしもべあらんにかれよりかへりたるときすみやかゆきしょくつけといふものあらんや かへついはずやわがしょくそなわがくひのみをはるまでおびしめわれにつかへのちなんぢらくひのみすべしと しもべあるじめいぜしことしたがへばとてあるじかれしゃすべきかしからじとわれおもへり かかれまたなんぢめいぜられしことみななしたるときわれえきしもべなすべきことなしたるなりといへ

〔註〕このたとへイエスでしおしへたまふによのなかありてはかくまよへことありてひとしんかうさまたぐることありとかたりたまひまたけうだいおのれにつみるともゆるやかにしてたとひいちにちななたびつみるもゆるすべしとときたまふをでしききしんじゃとなるははなはかたきことなりとおもおそらくはおのれよわくしてになふことなりがたしとよりしゅもとめてしんとくくわへたまはんことをねがへり ゆへイエスこのたとへときしんじゃとなるはかんなんなりといへどつとめてちからつくせくべからずほぼしんあへばすなわちやすきもとめんとするものなればかならつぶささまざまのなやみあぢはふすくひぬしつかふるかんやうとしまたおのれしゅかはりちからいだすもおのれいさをとなすべからずへりくだりみづかむやくしもべいふべしとさとしたまへるなり すべてすくひぬしでしすくひぬしいひつけうくることひとしもべとなりてあるじいひつけうくるがごとまことしんとくあるものはてんつつしみつかおこたりはんやむることなくてんほうびおそしともこころやすんじてこれまちまたつつしみみづかいさをほこることなかよのなかかんなんあまねたりともおごそかしゅめいしたがつおこなふべし むかししんじゃはみなかくごとおこなへり あるひといふしもべあるじつかふるはきはめほねおるともまたみづかむやくといふべし)とはユダヤびとてんつかふるはおきてのしたにありてめぐみしたにあらざればおごそかいましめまものみにてはいたづらろうしてえきなし ゆへでししんとくかみとなりユダヤびとおきてたのみてかみしもべとなるをまなぶべからずといふをせりと このせつありといへどおそらくはこのたとへほんにあらず ほんぜんせつごとかうずべし イエスこのたとへわれおのれほんぶんしるべきことをおしへたまへるなり われすでにイエスとなへてしゅとなすときはわれすなはちイエスしもべなり ほねおりつかふるはもとよりなすべきところなり めいうけいなまざるはおのれほんぶんことなればこれえきありといふべからず ときとしてはイエスわれともとなしけうだいなしたまへどもれはかれめぐみかくいひたまへるなり さればこんにちすでにしもべはたらきをなすべきのときなり あんぜんとしてやすむべきのときにあらず