新約聖書譬喩略解/第二十八 不義審司の譬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 新約聖書譬喩略解

第二十八 ただしからぬさばきてたとへ[編集]

路加十八章一節より五節

イエスまたひとつねいのりしてきをおとすまじきためたとへかれかたりけるはあるむらかみおそれひとうやまはざるさいばんにんありけるがそのむらやもめおんなありてわれあだよりすくひたまへといひかれいたりしにかれひさしうけがはざりしかどそののちこころうちおもひけるはわれかみおそれひとをもうやまはざれどこのやもめわれわづらはせばかれたへきたりわれなやまさざるためこれすくはん

〔註〕このたとへもまたでしときたまへるなり かみのせうの二十二せつよりすえのせついたるまでをるにおはりのひなやみあだのきたりせむるごとくしんじゃのがれさくることとをいひたまへり イエスすでにそのことときおはりたまひてまたこのたとへまうけでしなやみあひときかならいのりをなしてうむことなかれおしへたまへり ほんせういつせつにそのたいあらはしてつねいのるといふものはしんじゃこのにありてときとしてかんなんためしのあらざることなし ゆへせうがいいのりうちありいのちたもつべしとあかしたまへり たとへむらうちひとりさばきにんありむくひしんぜずかみおそれずおのれけんたのみてたみよろこびをももとめずひとあしらふにもれいなかりしがこのおなむらやもめおんなあり もとよりしんだいにもとまざればやくにんまひなひるゝこともせずまたしたしきとももなければねがひほかもとむることもならずただひとつねんごろなるこころありてつねにそのむじつのべんことをねがへり さばきにんもとよりかれあはれむのこころなければかれかはりのぶることをせざりければやもめつねきたりこひもとめそのわづらはしきいかんともしがたしつひこれむじつのべすくひしとなり イエスこのさばきにんかりてんうらはらにあらはせり いふさばきにんかくごとふぎなれどもひとこひもとめゆるせりましてんじひしゅにましませばいながらおさめたまはざることなしとさとしたまへり(やもめ)はけうくわいし(あだ)はまきせり ぺてろぜんしょつつしまもなんぢあだなるあくほゆししごとへめぐりのむべきものをたづぬと〔五章八節あだやもめがいおとしいるゝはまきけうくわいそこなふことをおはりこのせめあるのみにあらずつねにもまたせめあり あらはきたりくるしむるのみにあらずひそかにきたりてまどひみちびかんとすることあり ゆへイエスいのりぶんわれまどひくなかれわれあくよりすくひたまへといへり(ひさしうけがはざりし)とはてんいのりてもそくにはゆるしたまはざることあるをせり けうくわいくるしみあるひしんじゃなやみうけこらへがたくきふてんおほやけのさばきとりたまひあくにんわるだくみやぶまきけんのぞきたまはんことをねがへどもてんにはつとよりみこころありてきふにそのもとめおうじたまはざるもばつしたまふべきときいたりことなしたまひけつしすておきたまふにあらず もくろくさいだんしたかつかみみちのためおよそのたてあかしのためにころされたるものどものたましひあるをたり かれおほごえよばはいひけるはきよくまことなるしゅいつまですむものどもをさばきせずかつこれわれむくひをなしたまはざるや これいひたまひけるはかれごところされんとするそのともはたらけるけうだいどもかずみてるまでやすんじてしばらまつべし〔六章九節より十一節〕といへるごとくなり またイエスそのともラザロやまひききたまひしかどすみやかゆきすくひたまはずいまところとどまりたまふことふつかすでにししたるをまちゆきたまひこれよみがへらしたまふがごとし〔約翰福音十一章一節より十六節〕またでしたちガリラヤうみのうちにておほあれただよひきはめてあやうかりしときイエスすみやかゆきすくひたまはずのすでになかばすぎいたるをまちうみふみこれつきたまふがごとし〔馬太十五章二十四節せいしょすることかくごとすみやかゆるしたまはざることあり しかれどもそくにはゆるしたまはざれどもつひかならゆるしたまふときあればをはりいたるまでおさめざるにあらず ただきくものゆるしもとむるものまことなるによれり もしねんごろもとめざればそのもとめゆるしたまはざるなり ゆへイエスいひたまふはかみえらみたまふたみちういのりひさしこれしのびたるものにはかみつひにそのむじつのべたまふとおしむらくはでししんとくよわくしてねっしんするものすくなれいしんなるものおほことごとすくひぬしいひつけあたはずしゅふたたびのぞみたまふときにいたりまことしんじゃいくばくもなし ゆへイエスまたいひたまふただひとのぞむときそのおひしんあるをんやと しからばこのたとへおほむねてんあつくしんつねいのりてうみおこたらざることをいましめたまへるなり かみえらみたまふたみかならこれほごしたまへばつつしみいのりのいまだしるしあらざるによりしんかうおこたすくひぬしのぞみそむくことなかるべし