恒憲王妃敏子等各殿下皇族の身分を離れられる件

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

恒憲王妃敏子等各殿下皇族の身分を離れられる件(つねのりおうひとしことうかくでんかこうぞくのみぶんをはなれられるけん)


⦿宮内府告示第十六号

恒憲王妃敏子、邦壽王、治憲王、章憲王、文憲王、宗憲王、健憲王、邦昭王、朝建王、朝宏王、朝子女王、通子女王、英子女王、典子女王、守正王妃伊都子、孚彦王、孚彦王妃千賀子、誠彦王、冨久子女王、美乃子女王、稔彦王妃聰子内親王、盛厚王、盛厚王妃成子内親王、信彦王、文子女王、俊彦王、恒徳王妃光子、恆正王、恆治王、素子女王、紀子女王及び春仁王妃直子各殿下は、皇室典範第十三條の規定により、昭和二十二年十月十四日皇族の身分を離れられる。
昭和二十二年十月十三日
宮内府長官 松平 慶民

備考[編集]

皇室典範第13条には「但し、直系卑属及びその妃については、皇室会議の議により、皇族の身分を離れないものとすることができる。」とのただし書があるが、昭和22年10月13日に開かれた皇室会議では同法第11条第1項及び第2項に該当する皇族14人のみが議案とされ、本条ただし書又は第14条第2項の適用により皇室会議の議に付された皇族はなかった。