博明王等各殿下皇族の身分を離れられる件

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

博明王等各殿下皇族の身分を離れられる件(ひろあきおうとうかくでんかこうぞくのみぶんをはなれられるけん)


⦿宮内府告示第十五号

博明王、光子女王、章子女王、武彦王、恒憲王、朝融王、守正王、鳩彦王、稔彦王、故成久王妃房子内親王、道久王、肇子女王、恒徳王及び春仁王各殿下は、皇室典範第十一條の規定により、昭和二十二年十月十四日皇族の身分を離れられる。
昭和二十二年十月十三日
宮内府長官 松平 慶民

備考[編集]

昭和22年10月13日に行われた皇室会議の可決通知書(皇室会議議長片山哲から内閣総理大臣片山哲宛「博明王殿下皇族の身分を離れる件外十三件」)による各皇族の皇室典範の適条は次のとおり。

  • 第11条第1項: 博明王、光子女王、恒憲王、朝融王、守正王、鳩彦王、稔彦王、故成久王妃房子内親王、恒徳王、春仁王
  • 第11条第2項: 章子女王、武彦王、道久王、肇子女王