著作権法 (明治三十二年法律第三十九号)

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

朕󠄄帝國議會ノ協贊ヲ經タル著󠄃作權法ヲ裁可シ茲󠄂ニ之ヲ公布セシム

御名御璽
明治三十二年三月三日
內閣總理大臣 侯爵󠄄 山縣有朋󠄃
內務大臣 伯爵󠄄 西鄕從道󠄃

法律第六十三號

第一章 著󠄃作者󠄃ノ權利[編集]

第一條
文書演述󠄃圖畫彫刻󠄂模型寫眞其ノ他文藝學術󠄃若ハ美術󠄃ノ範圍ニ屬スル著󠄃作物ノ著󠄃作者󠄃ハ其ノ著󠄃作物ヲ複製スルノ權利ヲ專有ス
文藝學術󠄃ノ著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ翻󠄃譯權ヲ包󠄃含シ各種ノ脚本及樂譜ノ著󠄃作權ハ興行權ヲ包󠄃含ス
第二條 
著󠄃作權ハ之ヲ讓渡スルコトヲ得
第三條 
發行又ハ興行シタル著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ著󠄃作者󠄃ノ生存間及其ノ死後三十年間繼續ス
數人ノ合著󠄃作ニ係ル著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ最終ニ死亡󠄃シタル者󠄃ノ死後三十年間繼續ス
第四條 
著󠄃作者󠄃ノ死後發行又ハ興行シタル著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ發表又ハ興行ノトキヨリ三十年間繼續ス
第五條 
無名又ハ變名著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ興行ノトキヨリ三十年間繼續ス但シ其ノ期間內ニ著󠄃作者󠄃其ノ實名ノ登錄ヲ受ケタルトキハ第三條ノ規定ニ從フ
第六條 
官公衙學校社󠄃寺協會會社󠄃其ノ他ノ團體ニ於テ著󠄃作ノ名義ヲ以テ發行又ハ興行シタル著󠄃作物ノ著󠄃作權包󠄃ハ發表又ハ興行ノトキヨリ三十年間繼續ス
第七條
著󠄃作權者󠄃原著󠄃作物發行ノトキヨリ十年內ニ其ノ翻󠄃譯物ヲ發行セサルトキハ其ノ翻󠄃譯權ハ消󠄃滅ス
前󠄃項ノ期間內ニ著󠄃作權者󠄃其ノ保護ヲ受ケントスル國語ノ翻󠄃譯物ヲ發行シタルトキハ其ノ國語ノ翻󠄃譯權ハ消󠄃滅セス
第八條
册號ヲ逐󠄃ヒ順次󠄄ニ發行スル著󠄃作物ニ關シテハ前󠄃四條ノ期間ハ每册又ハ每號發行ノトキヨリ起󠄃算ス
一部分ツツヲ漸次󠄄ニ發行シ全󠄃部完成スル著󠄃作物ニ關シテハ前󠄃四條ノ期間ハ最終部分ノ發行ノトキヨリ起󠄃算ス但シ三年ヲ經過󠄃シ仍繼續ノ部分ヲ發行セサルトキハ旣󠄂ニ發行シタル部分ヲ以テ最終ノモノト看倣ス
第九條 
前󠄃六條ノ場合ニ於テ著󠄃作權ノ期間ヲ計算スルニハ著󠄃作者󠄃死亡󠄃ノ年又ハ著󠄃作物ヲ發行又ハ興行シタル年ノ翌年ヨリ起󠄃算ス
第十條 
相續人ナキ場合ニ於テ社󠄃著󠄃作權ハ消󠄃滅ス
第十一條 
左ニ記󠄂載シタルモノハ著󠄃作權ノ目的物ト爲ルコトヲ得ス
一 
法律命令及公文書
二 
新聞紙及定期刊行物ニ記󠄂載シタル雜報及政事上ノ論説若ハ時事ノ記󠄂事
三 
公開セル裁判󠄄所󠄃、議會竝政談集會全󠄃ニ於テ爲シタル演述󠄃
第十二條  
無名又ハ變名著󠄃作物ノ發行者󠄃又ハ興行者󠄃ハ著󠄃作權者󠄃ニ屬スル權利ヲ保全󠄃スルコトヲ得但シ著󠄃作者󠄃其ノ實名ノ登錄ヲ受ケタルトキハ此ノ限ニ在ラス
第十三條
數人ノ合著󠄃作ニ係ル著󠄃作物ノ著󠄃作權ハ各著󠄃作者󠄃ノ共有ニ屬ス
各著󠄃作者󠄃ノ分擔シタル部分明瞭ナラサル場合ニ於テ著󠄃作者󠄃中ニ其ノ發行又ハ興行ヲ拒ム者󠄃アルトキハ他ノ著󠄃作者󠄃ハ其ノ者󠄃ニ賠償シテ其ノ持分ヲ取得スルコトヲ得但シ反對ノ契󠄄約アルトキハ此ノ限ニ在ラス
各著󠄃作權者󠄃ノ分擔シタル部分明瞭ナル場合ニ於テ著󠄃作者󠄃中ニ其ノ發行又ハ興行ヲ拒ム者󠄃アルトキハ他ノ著󠄃作者󠄃ハ自己ノ部分ヲ分離シ單獨ノ著󠄃作物トシテ發行又ハ興行スルコトヲ得但シ反對ノ契󠄄約アルトキハ此ノ限ニ在ラス
本條第二項ノ場合ニ於テハ發行又ハ興行ヲ拒ミタル著󠄃作者󠄃ノ意ニ反シテ其ノ氏名ヲ其ノ著󠄃作物ニ揭クルコトヲ得ス
第十四條 
數多ノ著󠄃作物ヲ適󠄃法ニ編輯シタル者󠄃ハ著󠄃作者󠄃ト看倣シ其ノ編輯物全󠄃部ニ付テノミ著󠄃作權ヲ有ス但シ各部ノ著󠄃作權ハ其ノ著󠄃作者󠄃ニ屬ス
第十五條
著󠄃作權者󠄃ハ著󠄃作權ノ登錄ヲ受クルコトヲ得
發行又ハ興行シタル著󠄃作物ノ著󠄃作權者󠄃ハ登錄ヲ受クルニ非サレハ僞作ニ對スル民事ノ訴訟ヲ提起󠄃スルコトヲ得ス
無名又ハ變名著󠄃作物ノ著󠄃作者󠄃ハ其ノ實名ノ登錄ヲ受クルコトヲ得
第十六條
登錄ハ行政廳之ヲ行フ
登錄ニ關スル規定ハ命令ヲ以テ之ヲ定ム
第十七條 
未タ發行又ハ興行セサル著󠄃作物ノ原本及其ノ著󠄃作權ハ債權者󠄃ノ爲ニ差押ヲ受クルコトナシ但シ著󠄃作權者󠄃ニ於テ承諾ヲ爲シタルトキハ此ノ限ニ在ラス
第十八條
著󠄃作權ヲ承繼󠄁シタル者󠄃ハ著󠄃作者󠄃ノ同意ナクシテ其ノ著󠄃作者󠄃ノ氏名稱號ヲ變更シ若ハ其ノ題號ヲ改メ又ハ其ノ著󠄃作物ヲ改竄スルコトヲ得ス
第十九條 
原著󠄃作物ニ訓點、傍訓、句讀、批評󠄃、註解、附錄、圖畫ヲ加ヘ又ハ其ノ他ノ修正增減ヲ爲シ若ハ翻󠄃案シタルカ爲新ニ著󠄃作權生スルコトナシ但シ新著󠄃作物ト看倣サルヘキモノハ此ノ限ニ在ラス
第二十條 
新聞紙及定期刊行物ニ揭載シタル記󠄂事ニ關シテハ小説ヲ除ク外󠄂著󠄃作權者󠄃カ特ニ轉載ヲ禁ズル旨ヲ明記󠄂セサルトキハ其ノ出所󠄃ヲ明示シテ轉載スルコトヲ得
第二十一條 
適󠄃法ニ翻󠄃譯ヲ爲シタル者󠄃ハ著󠄃作者󠄃ト看倣シ本法ノ保護ヲ享有ス
翻󠄃譯權ノ消󠄃滅シタル著󠄃作物關シテハ前󠄃項ノ翻󠄃譯者󠄃ハ他人カ原著󠄃作物ヲ翻󠄃譯スルコトヲ妨クルコトヲ得ス
第二十二條 
原著󠄃作物ト異リタル技術󠄃ニ依リ適󠄃法ニ美術󠄃上ノ著󠄃作物ヲ複製シタル物ハ著󠄃作者󠄃ト看倣シ本法ノ保適󠄃護ヲ享有ス
第二十三條 
寫眞著󠄃作權ハ十年間繼續ス
前󠄃項ノ期間ハ其ノ著󠄃作物ヲ始メテ發行シタル年ノ翌年ヨリ起󠄃算ス若シ發行セサルトキハ種版ヲ製作シタル年ノ翌年ヨリ起󠄃算ス
寫眞術󠄃ニ依リ適󠄃法ニ美術󠄃上ノ著󠄃作物ヲ複製シタル者󠄃ハ原著󠄃作物ノ著󠄃作權ト同一ノ期間內本法ノ保護ヲ享有ス但シ當事者󠄃間ニ契󠄄約アルトキハ其ノ契󠄄約ノ制限ニ從フ
第二十四條 
文藝學術󠄃ノ著󠄃作物中ニ插入シタル寫眞ニシテ特ニ其ノ著󠄃作物ノ爲ニ著󠄃作シ又ハ著󠄃作セシメタルモノナルトキハ其ノ著󠄃作權ハ文藝學術󠄃ノ著󠄃作物ノ著󠄃作者󠄃ニ屬シ其ノ著󠄃作權ト同一ノ期間內繼續ス
第二十五條 
他人ノ囑托ニ依リ著󠄃作シタル寫眞肖󠄃像ノ著󠄃作權ハ其ノ囑托者󠄃ニ屬ス
第二十六條 
寫眞ニ關スル規定ハ寫眞術󠄃ト類似ノ方法ニ依リ製作シタル著󠄃作物ニ準用ス
第二十七條 
著󠄃作權者󠄃ノ不明ナル著󠄃作物ニシテ未タ發行又ハ興行セサルモノハ命令ニ定ムル所󠄃ニ依リ之ヲ發行又ハ興行スルコトヲ得
第二十八條 
外󠄂國人ノ著󠄃作權ニ付テハ條約ニ別段ノ規定アルモノヲ除ク外󠄂本法ノ規定ヲ適󠄃用ス但シ著󠄃作權保護ニ關シ條約ニ規定ナキ場合ニハ帝國ニ於テ始メテ其ノ著󠄃作物ヲ發行シタル者󠄃ニ限リ本法ノ保護ヲ享有ス

第二章 僞作[編集]

第二十九條 
著󠄃作權ヲ侵󠄃害󠄆シタル者󠄃ハ僞作者󠄃トシ本法ニ規定シタルモノノ外󠄂民法第三編第五章ノ規定ニ從ヒ之ニ因リテ生シタル損害󠄆ヲ賠償スルノ責ニ任ス
第三十條
旣󠄂ニ發行シタル著󠄃作物ヲ左ノ方法ニ依リ複製スルハ僞作ト看倣サス
第一 
發行スルノ意思ナク且器󠄃械的又ハ化󠄃學的方法ニ依ラスシテ複製スルコト
第二 
自己ノ著󠄃作物中ニ正當ノ範圍內ニ於テ節󠄄錄引用スルコト
第三 
普通󠄃敎育上ノ修身書及讀本ノ目的ニ供スル爲ニ正當ノ範圍內ニ於テ拔萃蒐輯スルコト
第四 
文藝學術󠄃ノ著󠄃作物ノ文句ヲ自己ノ著󠄃作シタル脚本ニ插入シ又ハ樂譜ニ充用スルコト
第五 
文藝學術󠄃ノ著󠄃作物ヲ說明スルノ材料トシテ美術󠄃上ノ著󠄃作物ヲ插入シ又ハ美術󠄃上ノ著󠄃作物ヲ說明スルノ材料トシテ文藝學術󠄃ノ著󠄃作物ヲ插入スルコト
第六 
圖畫ヲ彫刻󠄂物模型ニ作リ又ハ彫刻󠄂物模型ヲ圖畫ニ作ルコト
本條ノ場合ニ於テハ其ノ出所󠄃ヲ明示スルコトヲ要ス
第三十一條 
帝國ニ於テ發賣頒布スルノ目的ヲ以テ僞作物ヲ輸󠄃入スル者󠄃ハ僞作者󠄃ト看倣ス
第三十二條 
練習󠄃用ノ爲ニ著󠄃作シタル問題ノ解答書ヲ發行スル者󠄃ハ僞作者󠄃ト看倣ス
第三十三條 
善意ニシテ且過󠄃失ナク僞作ヲ爲シテ利益󠄃ヲ受ケ之カ爲ニ他人ニ損失ヲ及ホシタル者󠄃ハ其ノ利益󠄃ノ存スル限度ニ於テ之ヲ返󠄄還󠄃スル義務ヲ負フ
第三十四條 
數人ノ合著󠄃作ニ係ル著󠄃作物ノ著󠄃作權者󠄃ハ僞作ニ對シ他ノ著󠄃作權者󠄃ノ同意ナクシテ吿訴ヲ爲シ及自己ノ持分ニ對スル損害󠄆ノ賠償ヲ請󠄃求シ又ハ自己ノ持分ニ應シテ前󠄃條ノ利益󠄃ノ返󠄄還󠄃ヲ請󠄃求スルコトヲ得
第三十五條
僞作ニ對シ民事ノ訴訟ヲ提起󠄃スル場合ニ於テハ旣󠄂ニ發行シタル著󠄃作物ニ於テ其ノ著󠄃作者󠄃トシテ氏名ヲ揭ケタル者󠄃ヲ以テ其ノ著󠄃作者󠄃ト推定ス
無名又ハ變名著󠄃作物ニ於テハ其ノ著󠄃作物ニ發行者󠄃トシテ氏名ヲ揭ケタル者󠄃ヲ以テ其ノ發行者󠄃ト推定ス
未タ發行セサル脚本及樂譜ノ興行ニ關シテハ其ノ興行ニ著󠄃作者󠄃トシテ氏名ヲ顯ハシタル者󠄃ヲ以テ其ノ著󠄃作者󠄃ト推定ス
著󠄃作者󠄃ノ氏名ヲ顯ハササルトキハ其ノ興行者󠄃ヲ以テ其ノ著󠄃作者󠄃ト推定ス
第三十六條
僞作ニ關シ民事ノ出訴又ハ刑事ノ起󠄃訴アリタルトキハ裁判󠄄所󠄃ハ原吿又ハ吿訴人ノ申請󠄃ニ依リ保證ヲ立テシメ又ハ立シメスシテ假ニ僞作ノ疑アル著󠄃作物ノ發賣頒布ヲ差止メ若ハ之ヲ差押ヘ又ハ其ノ興行ヲ差止ムルコトヲ得
前󠄃項ノ場合ニ於テ僞作ニ非サル旨ノ判󠄄決確定シタルトキハ申請󠄃者󠄃ハ差止又ハ差押ヨリ生シタル損害󠄆ヲ賠償スルノ責ニ任ス

第三章 罰則[編集]

第三十七條 
僞作ヲ爲シタル者󠄃及情󠄃ヲ知テ僞作物ヲ發行シ又ハ頒布シタル者󠄃ハ五十圓以上五百圓以下ノ罰金ニ處ス
第三十八條 
第十八條ノ規定ニ違反シタル者󠄃ハ三十圓以上三百圓以下ノ罰金ニ處ス
第三十九條 
第二十條及第三十條第二項ノ規定ニ違反シ出所󠄃ヲ明示セスシテ複製シタル者󠄃竝第十三條第四項ノ規定ニ違反シタル者󠄃ハ十圓以上百圓以下以下ノ罰金ニ處ス
第四十條 
著󠄃作者󠄃ニ非サル者󠄃ノ氏名稱號ヲ附シテ著󠄃作物ヲ發行シタル者󠄃ハ三十圓以上五百圓以下ノ罰金ニ處ス
第四十一條 
著󠄃作權ノ消󠄃滅シタル著󠄃作物ト雖之を改竄シテ著󠄃作者󠄃ノ意ヲ害󠄆シ又ハ其ノ題號ヲ改メ若ハ著󠄃作者󠄃ノ氏名稱號ヲ隠󠄂󠄂匿シ又ハ他人ノ著󠄃作物と詐稱シテ發行シタル者󠄃ハ二十圓以上二百圓以下ノ罰金ニ處ス
第四十二條 
虛僞ノ登錄ヲ受ケタル者󠄃ハ十圓以上百圓以下ノ罰金ニ處ス
第四十三條 
僞作物及專ラ僞作ノ用ニ供シタル器󠄃械器󠄃具ハ僞作者󠄃、印刷者󠄃、發賣者󠄃及頒布者󠄃ノ所󠄃有ニ在ル場合ニ限リ之ヲ沒收ス
第四十四條 
本章ニ規定シタル罪ハ被害󠄆者󠄃ノ吿訴ヲ待テ其ノ罪ヲ論ス但シ第三十八條ノ場合ニ於テ著󠄃作者󠄃ノ死亡󠄃シタルトキ竝第四十條乃至第四十二條ノ場合ハ此ノ限ニ在ラス
第四十五條 
本章ノ罪ニ對スル公訴ノ時效ハ二年ヲ經過󠄃スルニ因リテ完成ス

第四章 附則[編集]

第四十六條
本法施行ノ期日ハ勅令ヲ以テ之ヲ定ム
明治二十六年法律第十六號版權法明治二十年勅令第七十八號脚本樂譜條例明治二十年勅令第七十九號寫眞版權條例ハ本法施行ノ日ヨリ廢止ス
第四十七條 
本法施行前󠄃ニ著󠄃作權ノ消󠄃滅セサル著󠄃作物ハ本法施行ノ日ヨリ本法ノ保護ヲ享有ス
第四十八條
本法施行前󠄃僞作ト認メラレサリシ複製物ニシテ旣󠄂ニ複製シタルモノ又ハ複製ニ著󠄃手シタルモノハ之ヲ完成シテ發賣頒布スルコトヲ得
前󠄃項ノ複製ノ用ニ供シタル器󠄃械器󠄃具ノ現存スルトキハ本法施行後五年間仍其ノ複製ノ爲之ヲ使用スルコトヲ得
第四十九條
本法施行前󠄃翻󠄃譯シ又ハ翻󠄃譯ニ著󠄃手シ其ノ當時ニ於テ僞作ト認メラレサリシモノハ之ヲ完成シテ發賣頒布スルコトヲ得但シ翻󠄃譯物ハ本法施行後七年內ニ發行スルコトヲ要ス
前󠄃項ノ翻󠄃譯物ハ發行後五年間仍之ヲ複製スルコトヲ得
第五十條 
本法施行前󠄃旣󠄂ニ興行シ若ハ興行ニ著󠄃手シ其ノ當時ニ於テ僞作ト認メラレサリシモノハ本法施行後五年間仍之ヲ興行スルコトヲ得
第五十一條 
第四十八條乃至第五十條ノ場合ニ於テハ命令ノ定ムル手續ヲ履行スルニ非サレハ其ノ複製物ヲ發賣頒布シ又ハ興行スルコトヲ得ス
第五十二條 
本法ハ建築物ニ適󠄃用セス