大學章句 (國譯漢文大成)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、大學章句をご覧ください。


子程子曰:「《大學》,孔氏之遺書,而初學入德之門也。」於今可見古人爲學次第者,獨賴此篇之存,而《論》、《孟》次之。學者必由是而學焉,則庶乎其不差矣。
子程子していしいはく、大學だいがく孔氏こうし遺書ゐしよにして、初學しよがくとくるのもんなり。いまおい古人こじんがくすの次第しだいものは、ひと此篇このへんそんするにる、しかうして論孟ろんまうこれげり。學者がくしやかならこれりてまなばば、すなはたがはざるにちかからん。〉

大學之道,在明明德,在親民,在止於至善。

大學だいがくみちは、明德めいとくあきらかにするにり、たみあらたにするにり、至善しぜんとどまるにり。〉

知止而后有定;定而后能靜;靜而后能安;安而后能慮;慮而后能得。

とどまりをつて、しかうしてのちさだまることあり、さだまつてしかうしてのちしづかなり、しづかにしてしかうしてのちやすし、やすうしてしかうしてのちおもんばかる、おもんばかつてしかうしてのち。〉

物有本末;事有終始。知所先後,則近道矣。

もの本末ほんまつあり、こと終始しうしあり、先後せんこうするところれば、すなはみちちかし。〉

古之欲明明德於天下者,先治其國。欲治其國者,先齊其家。欲齊其家者,先脩其身。欲脩其身者,先正其心。欲正其心者,先誠其意。欲誠其意者,先致其知。致知在格物。

いにしへ明德めいとく天下てんかあきらかにせんとほつするものは、其國そのくにをさむ。其國そのくにをさめんとほつするものは、其家そのいへととのふ。其家そのいへととのへんとほつするものは、其身そのみをさむ。其身そのみをさめんとほつするものは、其心そのこころただしうす。其心そのこころただしうせんとほつするものは、其意そのいまことにす。其意そのいまことにせんとほつするものは、其知そのちいたす。いたすはものいたるにり。〉

物格而后知至。知至而后意誠。意誠而后心正。心正而后身脩。身脩而后家齊。家齊而后國治。國治而后天下平。

ものいたりてしかうしてのちいたる。いたりてしかうしてのちまことなり。まことにしてしかうしてのちこころただし。こころただしうしてしかうしてのちをさまる。をさまりてしかうしてのちいへととのふ。いへととのうてしかうしてのちくにをさまる。くにをさまりてしかうしてのち天下てんかたひらかなり。〉

自天子以至於庶人,壹是皆以脩身爲本。

天子てんしよりもつ庶人しよじんいたるまで、壹是いつしみなをさむるをもつもとす。〉

其本亂而末治者,否矣。其所厚者薄,而其所薄者厚,未之有也。

もとみだれてすゑをさまるものあらず。あつうするところものうすくして、うすうするところものあつきは、いまこれあらざるなり。〉

右經一章,蓋孔子之言,而曾子述之。其傳十章,則曾子之意而門人記之也。舊本頗有錯簡,今因程子所定,而更考經文,別爲序次如左。
みぎけいしやうけだ孔子こうしことにして、曾子そうしこれぶ。其傳そのでんしやうは、すなは曾子そうしにして、しかうして門人もんじんこれしるすなり。舊本きうほんすこぶ錯簡さくかんあり、いま程子ていしさだむるところりて、さら經文けいぶんかんがへ、わかちて序次じよじすことごとし。〉

《康誥》曰:「克明德。」

康誥かうかういはく、とくあきらかにす。〉

《大甲》曰:「顧諟天之明命。」

大甲たいかふいはく、てん明命めいめいかへりみる。〉

《帝典》曰:「克明峻德。」

帝典ていてんいはく、峻德しゆんとくあきらかにす。〉

皆自明也。

みなみづかあきらかにするなり。〉

右傳之首章。釋明明德。
右傳みぎでん首章しゆしやう明德めいとくあきらかにすることをせきす。〉

湯之盤銘曰:「苟日新,日日新,又日新。」

たうはんめいいはく、まことあらたにせば、日日ひびあらたにして、またあらたならん。〉

《康誥》曰,「作新民。」

康誥かうかういはく、あらたにするたみおこす。〉

《詩》曰:「周雖舊邦,其命惟新。」

いはく、しう舊邦きうはうなりといへども、そのめいこれあらたなり。〉

是故君子無所不用其極。

ゆゑに、君子くんしそのきよくもちゐざるところなし。〉

右傳之二章。釋新民。
右傳みぎでんの二しやうたみあらたにすることをせきす。〉

《詩》云:「邦畿千里,惟民所止。」

いはく、邦畿はうきこれたみとどまるところ。〉

《詩》云:「緡蠻黃鳥,止於丘隅。」子曰:「於止,知其所止,可以人而不如鳥乎?」

いはく、緡蠻めんばんたる黃鳥くわうてう丘隅きうぐうとどまると。いはく、とどまるにおいとどまるところる。ひともつとりにだもかざるけんや。〉

《詩》云:「穆穆文王,於緝熙敬止。」爲人君,止於仁;爲人臣,止於敬;爲人子,止於孝;爲人父,止於慈;與國人交,止於信。

いはく、穆穆ぼくぼくたる文王ぶんわうああ緝熙しふきにしてけいしてとどまると。ひときみつてはじんとどまり、ひとしんつてはけいとどまり、ひとつてはかうとどまり、ひとちちつてはとどまり、國人こくじんまじはつてはしんとどまる。〉

《詩》云:「瞻彼淇澳,菉竹猗猗。有斐君子。如切如磋,如琢如磨。瑟兮僩兮,赫兮喧兮。有斐君子,終不可諠兮。」「如切如磋」者,道學也;「如琢如磨」者,自脩也;「瑟兮僩兮」者,恂慄也;「赫兮喧兮」者,威儀也;「有斐君子,終不可諠兮」者,道盛德至善,民之不能忘也。

いはく、淇澳きいくれば、菉竹りよくちく猗猗いいたり。たる君子くんしあり、るがごとるがごとく、つがごとみがくがごとし。しつたりかんたり、かくたりけんたり。たる君子くんしあり、つひわすからずと。るがごとるがごとしとは、がくふなり。つがごとみがくがごとしとは、みずかをさむるなり。しつたりかんたりとは、恂慄じゆんりつなり。かくたりけんたりとは、威儀ゐぎなり。たる君子くんしあり、つひわすからずとは、盛德せいとく至善しぜんたみわするるあたはざるをふなり。〉

《詩》云:「於戲前王不忘!」君子賢其賢,而親其親。小人樂其樂,而利其利。此以沒世不忘也。

いはく、於戲ああ前王ぜんわうわすれずと。君子くんし其賢そのけんけんとして其親そのしんしんとし、小人せうじんそのたのしみたのしんで其利そのりとす、ここもつをはれどもわすれざるなり。〉

右傳之三章。釋止於至善。
右傳みぎでんの三しやう至善しぜんとどまることをせきす。〉

子曰:「聽訟,吾猶人也,必也使無訟乎!」無情者不得盡其辭,大畏民志。此謂知本。

いはく、うつたへくことは、われひとのごとし、かならずやうつたへからしめんかと。まことなきものそのことばつくすことをず、おほいたみこころざしおそれしむ、これもとるとふ。〉

右傳之四章。釋本末。
〈右でんの四しやう本末ほんまつせきす。〉

此謂知本。

これもとるとふ。〉

此謂知之至也。

これいたるとふなり。〉

右傳之五章,蓋釋格物、致知之義,而今亡矣。閒嘗竊取程子之意以補之曰:「所謂致知在格物者:言欲至吾之知,在卽物而窮其理也,蓋人心之靈莫不有知,而天下之物莫不有理。惟於理有未窮,故其知有不盡也。是以大學始敎,必使學者卽凡天下之物。莫不因其已知之理而益窮之,以求至乎其極。至於用力之久,而一旦豁然貫通焉。則衆物之表裏精粗,無不到,而吾心之全體大用,無不明矣。此謂物格。此謂知之至也。」
右傳みぎでんの五しやうけだ格物かくぶつ致知ちちせきす、しかうしていまほろびたり。このごろこころみひそか程子ていしりてもつこれおぎなうていはく、
はゆるいたすはものいたるにりとは、ふこころは、いたさんとほつせば、ものいて其理そのりきはむるにるなり。けだ人心じんしんれいあらざることなし、しかうして天下てんかものあらざることなし。おいいまきはめざることあり、ゆゑそのつくさざることあるなり。ここもつて、大學だいがくはじめをしへかなら學者がくしやをして、およ天下てんかものいて、すでるのりて益〻ますますこれきはめて、もつ其極そのきよくいたることをもとめしむ。ちからもちゐるのひさしうして、一たん豁然くわつぜんとして貫通くわんつうするにいたりては、すなは衆物しうぶつ表裏へうり精粗せいそいたらずといふことなし、しかうしてこころ全體ぜんたい大用たいようあきらかならずといふことなし。これものいたるとふ、これいたるとふなり。〉

所謂誠其意者:毋自欺也,如惡惡臭,如好好色。此之謂自謙。故君子必愼其獨也。

はゆる其意そのいまことにすとは、みづかあざむくこときなり。惡臭あくしうにくむがごとく、好色かうしよくこのむがごとくなる、これこれみづかこころようすとふ。ゆゑ君子くんしかならひとりつつしむなり。〉

小人閒居爲不善,無所不至,見君子,而後厭然。揜其不善,而著其善。人之視己,如見其肺肝然,則何益矣。此謂誠於中,形於外。故君子必愼其獨也。

小人せうじん間居かんきよして不善ふぜんすこと、いたらざるところなし、君子くんしを見て、しかうしてのち厭然えんぜんとしてその不善ふぜんおほうて、しかうして其善そのぜんあらはす、ひとおのれること、その肺肝はいかんるがごとしかり、すなはなんえきあらん。これうちまことあればほかあらはるとふ。ゆゑ君子くんしかならそのひとりつつしむなり。〉

曾子曰:「十目所視,十手所指,其嚴乎。」

曾子そうしいはく、十もくところ、十しゆゆびさところげんなるかな。〉

富潤屋,德潤身。心廣,體胖。

とみをくうるほし、とくうるほす、こころひろたいゆたかなり。〉

故君子必誠其意。

ゆゑ君子くんしかならまことにす。〉

右傳之六章。釋誠意。
右傳みぎでんの六しやうまことにすることをせきす。〉

所謂脩身在正其心者:身有所忿懥,則不得其正。有所恐懼,則不得其正。有所好樂,則不得其正。有所憂患,則不得其正。

はゆるをさむるは其心そのこころただしうするにりとは、こころ忿懥ふんちするところれば、すなは其正そのせいず、恐懼きようくするところれば、すなは其正そのせいず、好樂かうがうするところれば、すなは其正そのせいず、憂患いうくわんするところれば、すなは其正そのせいず。〉

心不在焉,視而不見,聽而不聞,食而不知其味。

こころらざれば、れどもえず、けどもきこえず、くらへども其味そのあぢはひらず。〉

此謂脩身在正其心。

これをさむるは其心そのこころただしうするにりとふ。〉

右傳之七章。釋正心脩身。
右傳みぎでんの七しやうこころただしくしをさむることをせきす。〉

所謂齊其家在脩其身者:人之其所親愛,而辟焉。之其所賤惡,而辟焉。之其所畏敬,而辟焉。之其所哀矜,而辟焉。之其所敖惰,而辟焉。

はゆるそのいへととのふるは其身そのみをさむるにりとは、ひと親愛しんあいするところおいへきす、賤惡せんをするところおいへきす、畏敬ゐけいするところおいへきす、哀矜あいきようするところおいへきす、敖惰がうだするところおいへきす。〉

故好而知其惡,惡而知其美者,天下鮮矣。

ゆゑよみしてそのしきをり、にくみてそのきをものは、天下てんかすくなし。〉

故諺有之曰,「人莫知其子之惡,莫知其苗之碩。」

ゆゑことわざこれり、いはく、ひと其子そのこしきをることし、そのなへおほいなるをることしと。〉

此謂身不脩,不可以齊其家。

これをさまらざればもついへととのからずとふ。〉

右傳之八章。釋脩身齊家。
右傳みぎでんの八しやうをさいへととのふることをせきす。〉

所謂治國必先齊其家者:其家不可敎,而能敎人者,無之。

はゆるくにをさむるには、かならそのいへととのふとは、そのいへをしからずして、しかうしてひとをしふるものこれなし。〉

故君子不出家,而成敎於國。孝者,所以事君也;弟者,所以事長也;慈者,所以使衆也。

ゆゑ君子くんしは、いへでずしてをしへくにす。かうきみつかふる所以ゆゑんなり、ていちやうつかふる所以ゆゑんなり、しう使つか所以ゆゑんなり。〉

《康誥》曰:「如保赤子,心誠求之。」雖不中、不遠矣,未有學養子,而後嫁者也。

康誥かうかういはく、赤子せきしやすんずるがごとしと。こころまことこれもとむれば、あたらずといへどとほからず。いまやしなふことをまなんでしかうしてのちするものらざるなり。〉

一家仁,一國興仁;一家讓,一國興讓;一人貪戾,一國作亂。其機如此,此謂一言僨事,一人定國。

〈一じんなれば、一こくじんおこる、一じやうなれば、一こくじやうおこる、一にん貪戾たんれいなれば、一こくらんおこす。そのかくごとし。これを一げんことやぶり、一にんくにさだむとふ。〉

堯舜帥天下以仁,而民從之。桀紂帥天下以暴,而民從之。其所令反其所好,而民不從。

堯舜げうしゆん天下てんかひきゐるにじんもつてして、たみこれしたがふ。桀紂けつちう天下てんかひきゐるにばうもつてして、たみこれしたがふ。れいするところこのところはんして、しかうしてたみしたがはず。〉

是故君子,有諸己,而後求諸人。無諸己,而後非諸人。所藏乎身不恕,而能喩諸人者,未之有也。

ゆゑ君子くんしこれおのれいうして、しかうしてのちこれひともとめ、これおのれくしてしかうしてのちこれひととす。をさむるところじよならずして、しかうしてこれひとさとものは、いまこれあらざるなり。〉

故治國在齊其家。

ゆゑくにをさむるは、其家そのいへととのふるにり。〉

《詩》云:「桃之夭夭,其葉蓁蓁,之子于歸,宜其家人。」宜其家人,而後可以敎國人。

いはく、もも夭夭えうえうたる、その蓁蓁しんしんたり。こことつぐ、その家人かじんよろしからんと。その家人かじんよろしうして、しかうしてのちもつ國人こくじんをしし。〉

《詩》云:「宜兄宜弟。」宜兄宜弟,而後可以敎國人。

いはく、あによろしくおとうとよろしと。あによろしくおとうとよろしくして、しかうしてのちもつ國人こくじんをしし。〉

《詩》云:「其儀不忒,正是四國。」其爲父子兄弟足法,而後民法之也。

いはく、其義そのぎたがはず、の四こくただすと。父子ふし兄弟けいていたることのつとるにりて、しかうしてのちたみこれのつとるなり。〉

此謂治國,在齊其家。

これくにをさむるは其家そのいへととのふるにりとふ。〉

右傳之九章。釋齊家治國。
右傳みぎでんの九しやういへととのくにをさむることをせきす。〉

所謂平天下在治其國者:上老老而民興孝,上長長而民興弟,上恤孤而民不倍。是以君子有絜矩之道也。

はゆる天下てんかたひらかにするは其國そのくにをさむるにりとは、かみらうらうとしてたみかうおこる、かみちやうちやうとしてたみていおこる、かみめぐんでたみそむかず。ここもつ君子くんし絜矩けつくみちるなり。〉

所惡於上,毋以使下。所惡於下,毋以事上。所惡於前,毋以先後。所惡於後,毋以從前。所惡於右,毋以交於左。所惡於左,毋以交於右。此之謂絜矩之道。

かみにくところもつしも使つかふことなかれ、しもにくところもつかみつかふることなかれ、まへにくところもつしりへさきんずることなかれ、しりへにくところもつまへしたがふことなかれ、みぎにくところもつひだりまじはることなかれ、ひだりにくところもつみぎまじはることなかれ、これこれ絜矩けつくみちふ。〉

《詩》云:「樂只君子,民之父母。」民之所好好之,民之所惡惡之,此之謂民之父母。

いはく、たのしき君子くんしは、たみ父母ふぼなりと。たみこのところこれこのみ、たみにくところこれにくむ、これこれたみ父母ふぼふ。〉

《詩》云:「節彼南山,維石巖巖。赫赫師尹,民具爾瞻。」有國者不可以不愼,辟則爲天下僇矣。

いはく、せつたる南山なんざんこれいし巖巖がんがんたり。赫赫かくかくたる師尹しゐんたみともなんぢると。くにたもものもつつつしまざるからず、へきすればすなは天下てんかりくとなる。〉

《詩》云:「殷之未喪師,克配上帝。儀監於殷,峻命不易。」道得衆,則得國;失衆,則失國。

いはく、いんいまもろもろうしなはざるや、上帝じやうていはいせり。よろしくいんかんがみるべし、峻命しゆんめいやすからずと。しうればすなはくにしううしなへばすなはくにうしなふをふなり。〉

是故君子先愼乎德。有德,此有人;有人,此有土;有土,此有財;有財,此有用。德者本也,財者末也。外本內末,爭民施奪。

ゆゑ君子くんしは、とくつつしむ、とくあればここひとあり、ひとあればここあり、あればここざいあり、ざいあればここようあり。とくもとなり、ざいすゑなり。もとほかにしすゑうちにすれば、たみあらそはしめてうばふことをほどこす。〉

是故財聚則民散,財散則民聚。是故言悖而出者,亦悖而入。貨悖而入者,亦悖而出。

ゆゑに、ざいあつまればすなはたみさんじ、ざいさんずればすなはたみあつまる。ゆゑに、げんさかうてづるものは、またさかうてる、くわさかうてものは、またさかうてづ。〉

《康誥》曰:「惟命不於常。」道善則得之,不善則失之矣。

康誥かうかういはく、これめいつねおいてせずと。ぜんなればすなはこれ不善ふぜんなればすなはこれうしなふをふ。〉

楚書曰:「楚國無以爲寶,惟善以爲寶。」舅犯曰:「亡人無以爲寶,仁親以爲寶。」

楚書そしよいはく、楚國そこくもつたからし、ぜんもつたからすと。舅犯きうはんいはく、亡人ばうじんもつたからし、しんじんするをもつたからすと。〉

《秦誓》曰:「若有一個臣,斷斷兮,無他技,其心休休焉,其如有容焉。人之有技,若己有之。人之彥聖,其心好之。不啻若自其出口。寔能容之,以能保我子孫黎民,尙亦有利哉。人之有技,媢嫉以惡之。人之彥聖而違之,俾不通。寔不能容,以不能保我子孫黎民,亦曰殆哉。」

秦誓しんせいいはく、し一かいしんあらんに、斷斷だんだんとしてなく、そのこころ休休焉きうきうえんとして、るるるがごとく、ひとあるを、おのれこれあるがごとくし、ひと彥聖げんせいなるを、其心そのこころこれよみして、ただ其口そのくちよりづるがごとくなるのみならず、まことこれれ、もつ子孫しそん黎民れいみんやすんぜば、こひねがはくはまたあらんかな。ひとあるを、媢嫉ばうしつしてもつこれにくみ、ひと彥聖げんせいなるを、しかこれたがうてつうぜざらしめ、まことるるあたはず、もつ子孫しそん黎民れいみんやすんずることあたはずば、またここあやふいかな。〉

唯仁人放流之,逬諸四夷,不與同中國。此謂唯仁人爲能愛人,能惡人。

仁人じんじんこれ放流はうりうして、これを四しりぞけ、とも中國ちうごくおなじうせず。これ仁人じんじんひとあいし、ひとにくむをすとふ。〉

見賢而不能舉,舉而不能先,命也。見不善而不能退,退而不能遠,過也。好人之所惡,惡人之所好,是謂拂人之性,菑必逮夫身。

けんれどもぐることあたはず、ぐれどもさきんずることあたはざるはをこたりなり、不善ふぜんれども退しりぞくることあたはず、退しりぞくれどもとほざくることあたはざるはあやまちなり。ひとにくところこのみ、ひとこのところにくむ、これひとせいもとるとふ。わざはひかならおよぶ。〉

是故君子有大道,必忠信以得之,驕泰以失之。

ゆゑ君子くんし大道たいだうあり、かなら忠信ちうしんもつこれ驕泰けうたいもつこれうしなふ。〉

生財有大道,生之者衆,食之者寡。爲之者疾,用之者舒,則財恆足矣。

ざいしやうずるに大道たいだうあり、これしやうずるものおほく、これむ者すくなく、これつくものく、これもちゐるものゆるければ、すなはざいつねる。〉

仁者以財發身,不仁者以身發財。未有上好仁而下不好義者也,未有好義其事不終者也,未有府庫財非其財者也。

仁者じんしやざいもつはつし、不仁者ふじんしやもつざいはつす。いまかみじんこのみて、しもこのまざるものあらざるなり、いまこのみて、其事そのことをはらざるものあらざるなり、いま府庫ふこざいそのざいにあらざるものあらざるなり。〉

孟獻子曰:畜馬乘,不察於雞豚。伐冰之家,不畜牛羊。百乘之家,不畜聚斂之臣。與其有聚斂之臣,寧有盜臣。此謂國不以利爲利,以義爲利也。

孟獻子まうけんしいはく、馬乘ばじようへば雞豚けいとんさつせず、伐冰ばつひよういへには牛羊ぎうやうはず、百じよういへには、聚斂しうれんしんやしなはず、聚斂しうれんしんあらんよりは、むし盜臣とうしんあれと。これくにもつさず、もつすとふなり。〉

長國家而務財用者,必自小人矣。彼爲善之,小人之使爲國家,菑害竝至。雖有善者,亦無如之何矣。此謂國不以利爲利,以義爲利也。

國家こくかちやうとして財用ざいようつとむるものは、かなら小人せうじんる。かれこれしとす。小人せうじん國家こくかをさめしむれば、菑害さいがいならびいたる、善者ぜんしやありといへども、またこれ如何いかんともすることし。これくにもつさずして、もつすとふなり。〉

右傳之十章。釋治國平天下。
右傳みぎでんの十しやうくにをさ天下てんかたひらかにすることをせきす。〉
凡傳十章:前四章統論綱領指趣,後六章細論條目功夫。其第五章乃明善之要,第六章乃誠身之本,在初學尤爲當務之急,讀者不可以其近而忽之也。
すべでんしやうまへの四しやうは、べて綱領かうりやう指趣ししゆろんじ、のちの六しやうは、こまか條目でうもく工夫くふうろんず。そのだいしやうすなはぜんあきらかにするのえうだいしやうすなはまことにするのもとにして、初學しよがくつてもつとまさつとむべきのきふたり。ものちかきをもつれをゆるがせにすべからざるなり。〉
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は、1922年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。