大塚徹・あき詩集/秋

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


[編集]

ぽかんとした
空だ
のっぺらぼうの
つつぬけだ

如是我聞
のう
風よ
 無眼耳鼻舌心意
 無色声香味触法

しんじつ
無如却以来
のっぺらぼうで……
三全世界がつつぬけで……

雪片よ〈掌上に命絶えなん佳人よ〉
花粉よ〈陽に虚ろ宿酔の旅愁よ〉
夕焼よ〈あわれ髪の中の虱の卵よ〉
落葉よ〈ああ獏に喰われてしまった青春よ〉

さて のう
儂も
ぼち ぼち
のうかや 

〈昭和二一年、新涛〉