大塚徹・あき詩集/交替

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


交替[編集]

朝まだき茶の花畑を駈けぬけてきたのであろ
 う
あのひとは束髪に白い葩をかざして
ほっと上気した頬に霜があやうくこぼれそうだ

いちはやく夫を御国にささげて
もとからに黒い着物のよく似合う
虔しくさびしさをたたえた未亡人だったが―

紺縞のモンペをはきそめてよりのけなげさは
茶の花畑急ぐ手にふとも触れて
冷たくみいるような葩のま白さを
一枝折って髪挿すという――
心ゆとりのこうもいみじくあわれに
爽々しい慣しとはなったものか

うすみどり梢々に明るく
紅さす暁の光ながら
むくむくと由々しい山雲のたたずまいよ。

朝まだき 眠りさめやらぬ児を婆さんにあず
 けて
あのひとは大空の見張りの交替に
いそいそと茶の花畑を駈けぬけてきたのであ
 ろう。

〈昭和十八年、日本詩壇、朝日新聞〉