大塚徹・あき詩集/祭礼の印象

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


祭礼の印象[編集]

野のはてに、
白紙のような月が昇った。
そのしたで
昔、農民たちの貧しい祭礼があった。

オトコオンナが、
魚のように悲しげな瞳で、
ぱらりぱらり踊りくるっていた。

耳をすますと
こほろぎのように
とぎれては、また
ほぞぼそと音頭の唄がきこえた。

雲のむこうから
ひえびえと風が吹いてきた。
水のように焚火をめぐって、
農民たちの寂しい秋の祭礼があった。

〈昭和八年、神戸詩人〉