大塚徹・あき詩集/冬眠の夢

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


冬眠の夢[編集]

野晒の
氷雨に打たれ、打ち拉がれ
白雪の下積に冬眠する
雑草よ!

来る日も 来る日も
黒衣の太陽――
耳をすませば
えいえいと忍従する野晒の合掌。
ぼうぼうと呻吟する雑草の祈念。

――春は南の海よりつばめの翼にのって訪ず
 れる。
 暖き微風に胎んで蝶の子は生まれる。
 雑草は貧しきながら花をむすぶ。

今は冬。ああ、野晒の
よりかたまって裂風を弾き、積雪を突き、
昂然と伸びあがらんとする気概をみせて、
されど、気息焉々 雑草の
あえかにも春を待つ冬眠の夢よ。

〈昭和八年、神戸詩人〉