大塚徹・あき詩集/海浜の虚

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


海浜の虚[編集]

ぽっちりと、情艶の灯を点して
夕昏の雨のように、
私の胸にしのびこんできたオンナよ!

おまえは、眼のない魚の住むという

 杳い 深い 海底から来たのだろうか。
海藻の匂いを、敬虔しくその黒髪に束ねて、

その頃、私は永い牢獄の苦闘より解放されて、
めくらめく、故郷の白日の下に、
蹌踉と、科学に遅れ、思想に疲れ、今日明日
 の糧にも飢えて、
背骨を刺す人々の白い眼に、
ここしばらくを、阿呆のような、死のような、
 深い眠りがほしいとき、
ぶるる・るる・ぶるる・るる・・ ・・・
おまえの鳴らす海ほほづきの快よい階調を、
子守唄のように聞いて、私はいつか眠った。
 ――

絶えまもなく、胸の灯盞に蝋涙は滴りおちて、
それは幾春秋の永い永い海浜の虚無だったろ
 うか。

オンナは、いま自らの掌に、ふたたび情艶の
 灯を消して、
流木のように海の懐ろに帰ろうとするでは
 ないか。

〈昭和八年、神戸詩人〉