大塚徹・あき詩集/夜

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


[編集]

こんな夜は、白くふくよかなる砂丘をくだり
 つめて
うみぐさしげる かぐろき磯蔭に
オトコは丹念に 眞赤なひとでさがしている

こんな夜は、海藻焚く遠い島あかりを瞳に点
 して
しんみりと靜かに更けてゆく海浜の恋の
白いシーツの浪にうら若き男女の情死があっ
 た。

こんな夜は、オンナは純白の蛇身と化して
瞼や耳や唇や、薄情なオトコの肩に絡みつい
 た
昔昔の妖婉な伝説がうまれるのかもしれない

こんな夜は、松も月もちち色の霧を滴らせて
砂丘を歩むオトコの跫音が浪のように高まる
 ので
眞赤な海磐車はしっとりと濡れてゆく。

こんな夜は、濡れた海磐車を夢のように廻し
 て
オンナはろんろんとうみなりたかき異国の窓辺に
故郷の栗の花の匂いに染むオトコの爪を抱い
 て眠る。

〈昭和八年、愛誦〉