大塚徹・あき詩集/ふるさとの燭

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ふるさとの燭[編集]

心のなかにふるさとあり、
あらくさの家は痩せたり。

庇傾きゆけば肋骨の軋り
柱石などいびつするセキズイの疼き。
かさこそとかさこそと壁土はくずれゆく。

破障子影めくは、
濡いろほのかなる燭。
父の燭、母の燭、そをめぐるはらからみたりの燭。
夜半の嵐遠ざかりゆけば、
すでに二人の姉の燭消えたり。

 消えむとするなり。
消えんとするなり。
ああ今宵またしても消えむとす、
老いたる燭。いのちの燭。たつきの燭。

風かよ。泪かよ。
いたつきの窓にしみいるいみじきもの。
心のふるさと秋ふかくるるるると虫啼けり。

〈昭和八年、神戸詩人〉