埃及マカリイ全書/第四十六講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第四十六講話[編集]

<< かみことばことばと、かみこのとのあひだべつ。 >>

一、 かみことばすなはちかみにして、ことばすなはちなり。さりながらかみことばことばと、かみとのあひだおほいなるべつきょのあるあり。けだしすべてのしゅそのしょせいん。ゆえにもししんしゅことばじょうぶったいこのさかえとにおのれふよせんをねがふならば、かれいのちしんじつなるあんるをずして、かつほろびん、なんとなればかれあんそのうまれたるところにあればなり。しゅのいひたまごとく〔マトフェイ十三の二十二うきしょりょためたれ、かいけいにつながるるものは、あつせられて、かみさかえためけっかなるものとならん。しかれどもこれとひとしくにくぞくするゆうなるいしためたるるものすなはちぞくするひとも、もしかみことばをきくをねがふといへども、あつせられて、げんなるものごとくならん、あくしゅうあざむきにれたるものかみのことをくときは、かいなるだんみだされしものごとこころはんもんせん。

二、 かつまたパウェルもいへり、『れいぞくするひとかみしんことをうけず、そのかれためたるがゆえなり』〔コリンフ前二の十四〕。またげんしゃもいへり、かみことばかれためおうしたるしょくもつごとしと〔イサイヤ二十八の十三フェオドテオンやくる〕おのおのおのれうまれたるところほうりてせいかつするのほかべつせいかつするあたはざるをん。しかれどもまたいっぽうよりもこれにちゅうせんことかんようなり。もしにくぞくするひとけっしんしてみづからおのれへんするにちゃくしゅするならば、さいしょにまづかれして、ぜんあくなるせいかつためけっかなるものとならん。しかのみならずやまひおかさるるもの、たとへばねつびょうにかかるものごときも、そのゆかのうへよこたはりてなにごとをもおさむるあたはずといへども、こうさくためはいりょかれてこころみづからやすんぜず、そのともをつかはしてたづねん、かくのごとかいめいやぶりておのれをじょうよくやまひにおとしいれ、りょくなるものとなれるたましひしゅつきかれしんずるときは、かれよりだいほうをうけん、さればじゅうぜんさいあくなるせいかつて、ふるやまひためすいじゃくするたましひは、なほおうして、いのちのいかなるおこなひをもしんじつぐるちからあらずといへども、しかれどもいのちためもっぱつとめておもんばかり、しゅこんがんし、しんじつたづねざるをざるべくかつこれをるなり。

三、 きょうためけいひきいれられたるあるものしゅちょうして、ひとかならすればなんぜんまったすあたはじといふはあやまれり。えいなにすのちからあらず、あるひそのあしにてははいたるあたはずといへども、ははたづねてみづからうごかしこことしてかん。さればはははこれをあはれみ、こえはげまし、たかさけんでははたづぬるをよろこび、きたりてははくあたはざるがために、あいするのじょうあたはざるははそのひさしくたづぬるがために、みづからかれちかづきて、おほいなるしんもつかれり、あいしてこれににゅうせんとす。ひとあいするかみきたりてかみたづぬるたましひところもこれにおなじ。しかのみならずそのゆうあいほんらいしんうごかさるるかれさらにいよいよみづからたましひめいきて、しとのいへるごとたましひいつしんとならん〔コリンフ前六の十七〕。けだしたましひしゅき、しゅたましひあはれかつあいしつつきたりてかれきて、たましひめいしゅおんちょうはやだんとどまりるときは、たましひしゅとはどういつしんとなり、どういつゆうどういつとならん。たましひからだてらるるものとなりてそんすれども、だいさんじゅうてんのぼり、しゅきて、かしこにしゅにつかふまつりつつ、てんイエルサリムまったせいそんせん。

四、 てんみやこたかそんげんくらいたまものは、みづからたましひともにそのからだまったらん、なんとなればかれたましひしょうたかしょせいしゃてんみやこなるイエルサリムけども、そのしんせいもいはれざるひかりじこしょうをそのからだきたればなり。かれからだみやこおいたましひにつとめて、たましひてんみやこおいかれにつかへん。たましひてんおいかれぎょうしゃとなりたれど、かれおいたましひぎょうにうけたまへり。けだししゅたましひぎょうとなりて、たましひしゅぎょうとなるなり。くらまされたるざいにんといへども、そのおもひとはからだよりきはめてとほはなるるをべく、おほいなるきょしゅんかんはしりて、けんかくせるほうめんにうつるちからゆうするなり、さればからだはしばしばてらるれどもおもひあいするものともほうめんるべくあるひあいするものともにして、じこることかしこものごとくならん。しかれどもざいにんたましひさへかくのごとえいびんかけりて、そのけんかくせるほうめんるをさまたぐるあらずんば、いはんやせいしんちからもつあんこくおほひだつしたるたましひおいては、そのちえてんひかりてらされて、たましひじょくよくよりまったすくはれ、おんちょうによりきよきものとなるときは、てんおいまったしんもつしゅにつかふべく、またからだもつてもまったかれにつかへて、そのおもひいづこにもらざるなきほどひろくなり、ほつするところしたがひ、ほつするときにハリストスにつかうまつらん。

五、 しとこのことをいへり、いはく『しゅうせいともひろさとながさとふかさとたかさとのなになるをさとり、およハリストスはかがたあいるをんため、なんぢかみおよそじゅうまんてられんためなり』〔エフェス三の十八十九〕。もいはれざるたましひおうさつせよ、しゅはこれにかかれるあんこくをこれよりとりけ、これをひらきて、みづからこれにあらはれたまふ。そのおもひこうかつにして、およゆるとえざるばんもつひろさとながさとふかさとたかさとにいたらしむることいかばかりなるや。さればたましひじつたいぎょうかみわざにして、きいなるわざなり。これをつくるにあたりてかみそのほんせいあくへきれずしてつくりたまへり、かへつしんどうとくぞうによりてこれをつくり、これにどうとくほうせいにんしきぜんしんあいそのとくこうとをしんぞうによりてふよたまへり。

六、 いましゅにんしきぜんあいしんとにおいかれさがもとめて、かれにあらはれん。しゅめいねんゆうしゅさいするとをかれし、またおほいなるゆうかれおうたらしめ、かれをうごかしやすきものけいよくなるものおよまざるものとなし、しゅんかんきょらいして、しんほつするときはおもひもつしゅにつとむべきさいのうかれにあたへたまへり。いちげんもつてこれをいへばかれをしてしゅしんとなりずいはんしゃとならしめんがため、またしゅかれがっぺいしてかれしゅいつしんとならんがためにかれをつくりたまへり、いふあり、『しゅものしゅいつしんとなる』〔コリンフ前六の十七〕。かれこうえいよよす。アミン。