埃及マカリイ全書/第三十一講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第三十一講話[編集]

<< しんじゃおのれへんし、ことごとくのおもひかみしゅうちゅうせんをようす、かみたいするすべてのつとめじつにこれにあり。 >>

一、 しんじゃにがきよりあまきにへんずるこころへんによりて、そのゆうなるいしへんぜられんことをかみねがはざるべからず。しんじゃめしひのいやされしこと、けつろうおんないやしをうけしこと、ししせいしづめられしこと、せいようをとどめられしことをおくすべし、なんとなればかみさいこうしょうなるれいなればなり、なんぢおもひかみにあげて、かみんことをのぞむのほかなにものをもそんせざらんことをようするなり。

二、 ゆえにたましひいたづらずきなるどうごとく、つみによりてさんらんしたるおもひしゅうちゅうして、これをしづむべし、これをそのからだいへにみちびきれ、だんきんしょくし、あいもつしゅち、しゅきたりてじつたましひいつしゅうちゅうするのときつべし。けだしらいるべからざるにより、しゅしょうにもおのれのぼうだしたくして、いよいよかれらいすべく、またラーフ[1]しゅぞくじんともせいかつせしも、イズライリじんしんきて、かれともせいかつするをたまはりしことと、イズライリじんおのれぼうもつエジプトかへりりしことをおくすべし。ぞくじんともりしはラーフすこしもがいあらず、かへつしんこうかれイズライリじんいちいんくはへたりしごとく、つみのぞみしんとをもつしょくざいしゅものがいあらず、しょくざいしゅきたりてこころおもひへんして、これをしんせいなる、てんぞくする、ぜんりょうなるものとなし、たましひしんじつなる、うかれざる、さんらんせざるとうれんしゅうせしむるなり。ふあり、おそるるなかれ『われなんぢまへにゆきてきくたひらかにし、あかがねもんをこぼち、くろがねのかんのきをたちきるべし』〔イサイヤ四十五の二〕。またふあり、『おのれかへりみよ、おそらくはなんぢしんちゅうにひそかにあくねんおこしていはん』〔申命記十五の九〕、またおのれこころにいふなかれ『たみしげくしてつよし』と〔同上の二十一〕。

三、 もしわれらはみづからおこたらず、みだりがはしきよこしまなるねんためみづからぼくをあたへず、おもひしゅしひむかはしめて、おのゆうもつをみちびくならば、しゅおのれゆうもつわれきたりて、われらをじつにおのれにしゅうちゅうたまはんことうたがひなし、なんとなればすべてしゅよろこばすことと、しゅつとむることとはおもひにかかればなり。ゆえにつねにないおいしゅち、おもひおいかれたづね、おのれいしおこしはげまして、そのゆうなるにんだんかれむかはしめ、そのよろこばせんことをつとむべし。しゅはいかやうになんぢきたりて、なんぢうちきょしょをまうけんとするか。けだしなんぢそのかれたづぬるにいよいよしゅうちゅうすれば、いよいよかれもそれにおうじて、そのぜんしんそのじんとをもつなんぢきたりてなんぢきゅうせしめん。かれちてなんぢおもひはつどうとをけんし、なんぢいかやうにかれたづぬるか、なんぢぜんれいよりするか、たいまんもつてせざるか、とうかんもつてせざるかをかんせん。

四、 しかしてなんぢかれたづぬるにべんれいするをみとむるときはなんぢこうぜんとあらはれて、そのたすけをあたへ、なんぢそのてきよりすくひて、なんぢのためにしょうをそなへん。けだしかれなんぢかれたいするこうなんぢがすべてのたいぼうかれむかはしむるのいかんとをけんし、なんぢおしへて、なんぢしんじつなるとうしんじつなるあいとをあたへたまはん、これすなはちなんぢおいてすべてとなるかれみづからにして、かれなんぢためらくえんなり、いのちなり、しんじゅなり、かんむりなり、さいなり、のうなり、くるしみをうくるものなり、よくなるひとなり、かみなり、ぶどうしゅなり、かつすいなり、ひつじなり、しんろうなり、せんなり、ぶきなり、すなはちハリストスはすべてにおいてすべてなるなり。たとへばおさなみづからおのれたすけ、あるひおのれことおもんばかるをくせず、ははあはれみてかれをるにいたまでは、ただははくのみならん。とくしんなるたましひもかくのごとことごとくのしゅして、つねにどくいつしゅらいするなり。ぶどうみきよりはなされたるえだれん、ハリストスなしにしょうせられんをねがものもかくのごとし。ただしきぐちより入らずして、他の處より踰ゆる者は窃盗なり強盗なりイオアン十の一しょうするものなしにみづからおのれしょうするものもかくのごとし。

五、 ゆえにわれからだげ、さいだんをきづき、われことごとくのおもひそのうえにそなへて、しゅいのらん、てんよりえざるおほいなるくださんためなり、かれさいだんをも、すべてそのうへにあるものをもやきつくすべし。しからばワアル[2]ことごとくのさいすなはちはんたいなるちからたふれん、そのときてんあめじんしゅごとく〔列王記上十八の四十四たましひくだるをん、これげんしゃもつていひしごとく、かみやくそくわれおうけんするなり、いはく『われダワィドたふれたるまくおこし、そのかいつくろひ、そのくづれたるをおこさん』〔アモス九の十一〕。しゅそのじんによりて、かんあんちゅうむちかんすいむさぼたましひてらたまはんことをいのらん、しからばたましひかくせいしてはくちゅうおこなひいのちおこなひを成し、はやつまづかずしてらいおうせん。けだしたましひあるひこのにより、あるひかみしんによりてむるところのものを以ってやしなはれん。しかしてかみもかしこにそんざいし、あんそくして、とどまりたまはんとするなり。

六、 さりながらおのおのもしほつするならば、おのおのなにもつてやしなはるるか、いづこせいかつするか、なにじゅうするか、みづからおのれこころむべし、かくのごとくにして、せいかくべんべつするののうりょくさとり、かつこれをぜんむかふにおのれまったふよせんためなり。しかのみならずとうおこなひて、ねんこういづれよりするか、かみよりするか、あるひはんたいしゃよりするかをさつし、こころしょくあたふるはしゅなるか、あるひはんたいしゃなるこのきみなるかをさつして、おのれをかへりみるべし。しからばおのれをこころみてにんしきしたるたましひよ、なんぢろうによりあいもつてんしょくハリストスいくせいおよこうしゅねがふべし、いふあり、『われきょしょてんにあり』〔フィリッピ三の二十〕と、しかれどもこれあるものおもごとがいけいじょうたいとにあるにあらざるなり。けだしよ、ただけいけんじょうたいのみをゆうするものかいとはん、かれらにはゆうなるにんどうようじょうらんつねならざるそういくせんりつとあるなり、いふあり、『さまよりゅうりしとなるべし』〔創世記四の十二〕。つねならざるねんしんさくらんとによりいくときどうようせらるることことごとくのひとびとどうようなるかれことなるはいつがいけいがいひとがいけんじょうはったつとをもつてして、そうもつてするにあらず、さればこころとはぞくするあいじょうためにいざなひられ、えきはんりょしばられて、しとのいふごとくなるてんへいあんこころざるなり、いへらく『かみへいあんなんぢこころうちつかさたるべし』〔コロサイ三の十五〕。これすなはちかみママとすべてのけいていあいするあいとにより、しんじゃこころしゅさいして、これをあらたにするへいあんなり。こうえいこうはいとはちちせいしんよよす。アミン。

脚注[編集]

  1. 投稿者註:「ラーフ」は口語訳聖書、新共同訳聖書では「ラハブ」。ヨシュア記2章6章ヤコブの手紙2章25節参照。
  2. 投稿者註:「ワアル」は口語訳聖書、新共同訳聖書では「バアル」。